ワイト島No4オスボーンハウス

軽いランチをとってから、ビーチへ。
f0019444_03094872.jpg
昔はここで、ビクトリア女王のファミリーが海水浴をしてたんですね。
子供は9人。夫がなくなってからは、ずっと黒の服を着ていたらしい。
9月にはビクトリア女王とお気に入りのインド人の使用人との
お話の映画が公開されます。
楽しみ。
ここで人形劇があって、アイスクリームを食べながら見ていました。

2時半にはトニオが、お迎えに来てくれました。

そして気になっていた、モンキーヘブンという
チャリティーでなりたっている、お猿さん、フクロウさんたちのレスキュー、自然に返せる様にしたりすることも行っているという、
お猿さんメインの小さな動物園。
かなり小さな施設。
1時間ぐらいでサクッと見て回りました。
f0019444_03202125.jpg
f0019444_03210223.jpg
f0019444_03212923.jpg
夜ご飯はトニオの知人のご夫婦と子供たち3人と合流。
パブでご飯。
f0019444_03233136.jpg

[PR]
# by noranorabrighton | 2017-08-21 03:08 | ホリデー | Comments(0)

ワイト島No3

3日目、朝の用意に時間がかかるトニオをおいて、
一人でモリソンのカフェへ。
一人で新聞を見ながら紅茶。

この日はビクトリア女王のセカンドハウスの
オスボーン宮殿へ。
トニオは知人とお茶ということで、えっちゃんと私のみ。

宮殿内を見学してから、カフェで軽くランチ。
f0019444_01020049.jpg
f0019444_01023664.jpg
f0019444_01031526.jpg
f0019444_01042722.jpg
f0019444_01050301.jpg
f0019444_01052720.jpg

[PR]
# by noranorabrighton | 2017-08-20 00:57 | ホリデー | Comments(0)

夏休み企画ワイト島No2

2日目、持ち込んでいたシリアルやら、ポーリッジやらを
朝ごはんに。牛乳もロングライフという保存用牛乳を持参。

この日はニードルというワイト島西部の海岸沿いへ。
8年前に行こうと思ってたが、道に迷ったりでたどり着けず。
今回は、ナビのお世話でスムーズに到着。

簡単にコーニッシュパーステイを食べてから歩き出す。

歩いて20分ぐらいで先端へ。
f0019444_00470964.jpg
昔、サテライトロケットの実験もしていた場所ということで
エキシビションの場所があったり。
f0019444_00462117.jpg
先端のニードルズにつく。ナショナルトラスト管轄。
会員なので無料で入場。
昔の基地の名残り。
自然に岩が波で削られていった岩が残っている名所。
f0019444_00502149.jpg
f0019444_00510382.jpg
風もきつくて外にいれない。カフェもあってクリームティー
を頂く。
f0019444_00532521.jpg
歩いてパーキングに戻り、ワイト島一番栄えているニューポートという街へ。
ここに唯一スターバックスがあるのだ。
coffee飲んでのんびり。
夜はトニオのみ地元の空手クラブに参加。
私とえっちゃんは近所のモリソンのカフェで軽く夕食。
マカロニチーズ。
そしてテレビ三昧。

[PR]
# by noranorabrighton | 2017-08-20 00:38 | Comments(0)

夏休み企画ワイト島

7,8年前に行ったことがあるワイト島。
のんびりしようということで再度ワイト島へ。
今回は、4泊予定。

車で2時間弱後ほどポーツマスというところから、車と共に
フェリーへ乗り込む。
f0019444_00485496.jpg
フェリーで30分ぐらいでワイト島。
車で30分ぐらいのサンダウンというところの、チェーンホテル
プレミアインへ。
f0019444_00550119.jpg
ワイト島はのんびりーとした雰囲気で
本島とはちょっと空気の流れが違う感があります。
静かでも寂れた感がなく、落ち着きます。

サンダウンのビーチへ。
えっちゃん、砂遊び。
私とトニオはコーヒーを飲みながらボーっと。
f0019444_00535005.jpg
f0019444_00541586.jpg
夜ご飯はフィッシュアンドチップス。

[PR]
# by noranorabrighton | 2017-08-18 00:45 | Comments(0)

夏と冬は人不足

天気のいい時期と、クリスマスホリデー前後は、どこの病棟も人手不足。
その上、病欠があったりで、仕事いくごとに人手が足りず、はちゃめちゃ。

先週は主任さんがホリデーの上に、師長さんが2週間ほど病欠で、私を始め中堅グループはもう大変だった。

私もチャージナースしたけれど、普通の日のチャージナースは師長代理なもんで
病室は受け持たないはずだけど、
人がいないもんで、患者も受け持ちながら、いろんなやりとりは超しんどかった先週。

とある人は、一人のケアアシスタントが始まってから1時間後に涙ながらに調子悪いから帰るといって
帰り。
お昼から電話があって、Drの病欠証明もらったから2週間休むとさ。

そんなんで相変わらずバタバタ働いていたら、患者の家族が、あんたはヒューマントルネードや~と新しいあだ名をつけられた。

仕事の翌日の体のしんどさは尋常じゃないこの頃、体の楽な職場に変えたほうがいいとも思うけど
休みの計画立て放題なのがすてがたい。


[PR]
# by noranorabrighton | 2017-08-13 18:05 | 職場 | Comments(0)

夏休み中の普通の休日

なかなか家をでたがらないえっちゃん。

日曜日の午前中、友人夫婦とカフェで待ち合わせしてたら、ついてきた。
フレンチカフェでブランチ。
誰かが来るとなると、うれしがってついて来る。

外出ついでに、そのままどこかに連れて行こうということになって、
近所の海辺のショーラムポートという割と近世の、軍の砦あとへ。
鉄砲を中から撃てるような建物があったり。
f0019444_03265124.jpg
海辺なので、つりをしてる人もおおし。
f0019444_03271743.jpg
BBCのレポーターがテレビの撮影をしていました。
ボートの事故で3名行方不明で、一人ここいらで死体があがったとか。
f0019444_03273809.jpg
海を見ると、遠目の海の中に電気をおこす風力塔が100近くも建設中。
なかなか圧巻です。

その後、ショーラムエアポートへ移動し、お茶を飲みながら小さな飛行機の離発着を見学。
のどかです。
f0019444_03275849.jpg
スーパーでちょろっと買い物をして帰宅。
えっちゃんと今のスーパーマンをタブレットで見る。
イギリス人のかわいい俳優さんが主演。
これから人気がでるんでしょうな。

[PR]
# by noranorabrighton | 2017-08-08 16:25 | おでかけ | Comments(0)

病棟大部屋除菌終了

7月30日の日曜日には、除菌後の空いていた大部屋は満室になっていた。

まだ大部屋4つのうち、1つの大部屋が下痢嘔吐症の患者がいたので、その部屋だけ入院を受け付けてなかった。

7月31日、閉鎖している大部屋担当になった。
6ベットのうち2つは空きベッド。
2名退院させ、のこり2名を個室にうつし、空室にし、夜からその大部屋を除菌することになった。

3日に行くと、また病棟22床は満室。
7ベッドを受け持ち、一人退院、一人転室で入ってくる。
4日には同じベッドを受け持ったが、一人退院用意をして、私は2時半に終了。
この日は病棟22名中でトータル7名退院予定でひっちゃかめっちゃっかだった。

というのは8月1日からDrが総入れ替えしたから。
3-4ヶ月に1回Drがかわるのです。
DrはF1,F2(こっちのほうが経験あり)が常勤していて、コンサルタント(老人内科専門Dr)が週に2回まわってくる。
このF1、F2のDrが慣れてないもんだから、薬を出すのにもスムーズにいかない。
f0019444_19002505.jpg
31日、前のDrの一人、男性のDrが最後だからと、イギリスの焼き菓子ベイクウエルタルトと、チョコブラウニー
チーズストローを大量に手作りしてきてくれた。
こちらの習慣か、配置転換前にやたら手作りのお菓子を振舞ってくれる。
今回は、モデル並みのイケメン、マッチョDrが、手作りお菓子をというギャップにおどろいた。
新しいDrも女性二人。
本当に男性Drが少ない。
トップのコンサルタントのDrの一人も女性だし。
周りには、かっこいい女性多し。

日、月でロング2連休で、トニオは空手先生の研修でノッテンガムへ1泊。
えっちゃんは2泊で義理父母宅へ。
油っこかったわ~と帰ってきた日からおなかを壊す。
お世話になっているが、えっちゃんいつも体調を壊す。
f0019444_19005610.jpg
久しぶりに誰もいない家。皆がいても楽しいが、一人でもテンションがあがる。
違ううれしさ倍増。
ひさしぶりにシシケバブを食べようと、お持ち帰り。
ラム肉ケバブにしてみました。お肉は隠れているけれど、山盛り入っていて、久しぶり肉肉しいお肉を食べました。


[PR]
# by noranorabrighton | 2017-08-05 18:57 | 職場 | Comments(0)

病棟閉鎖してたわ~

夏休み入る前に、嘔吐下痢症が流行りだしていて、昨日仕事に戻ると病棟閉鎖になっていた。(入院を入れない)

少し落ち着いてきたらしく、大部屋4つのうち、2つをディ―プクリーニングするということで
また患者移動。
5名を他病棟へ移動。大部屋二つがあいた、そしてその2つの大部屋を
1日かけて密封、ケミカルで除菌。

でも私は、下痢嘔吐症の残る大部屋担当となる。
が、割と人もいて、元ナースのナースに戻る研修中のアリさんも私について
わりと1日のんびり過ぎる。
おかげで退院予定の患者の準備がのんびりできた。
その日は一人退院あり。それも急に介護のパッケージが夜から利用できるというので、そのニュースを聞いてから
2時間後には退院。
バルン(尿の管)が入っていたので、訪問看護ナースに連絡して、
尿管のチェックと3ヵ月後のバルンの交換の伝達。
それがまたオペレーターの人から、患者の情報をねほりほり聞かれるので
30分ぐらいかかるのだ。
練習といってアリさんにしてもらったけれど、アリさんもあたふた。
私は横でサポート。
イギリス人でもあたふたするんだもん、そりゃ私ももっとあたふたするよ。

月曜日の退院予定が2名。
それらの薬の手配、患者情報のサマリーの記入。
創のチェック、訪問看護への手配。
家族への連絡。

受け持ちの一人の患者さんは、状態がわるく、治療にも反応しなく、もう安楽メインのケアに切り替えるということで
エンドオブライフケア(看取りケア)になった。
そうなると、バイタルサインのチェックもしない。
マウスケア、安楽の維持がメイン。
家族に連絡して、もしなにかあったら夜中いつでも連絡していいか聞くと、
夜中は連絡しないでくれということ。
イギリス人わりと多い。夜中は連絡しないで朝8時以降にしてくださいっていうの。

夜6時半に除菌が終わり、また患者5名が戻ってきた。
その時点で大部屋1つが空いていた。
今日は休みだけど、明日の仕事でどうなっていることやら。
予測は満室でしょうな。

[PR]
# by noranorabrighton | 2017-07-29 18:28 | 職場 | Comments(0)

中学1年が終わり、夏休みに入りました。

1年あっという間で、中学1年生終了。9月から2年生です。
成績表ももらいましたが、学年度のターゲットレベルにはほとんど到達できないレベルでした。

これをどこまでもっていけるか、親の進めには従わない年齢なので、どうフォローしていったらいいのか
頭をかかえますが、なんとかやっていってもらいましょう。

えっちゃんの夏休みにあわせ、休みを工夫して7日間のお休みでした。
が、それと平行して私が勤める病棟で、下痢嘔吐症が流行り、私もお休みと同時に発症。
週末にキャンプに行きたかったのが、天気も悪いこともあり、キャンセル。

でもスインドンという町のお友達に会いに2泊で行ってきました。
母同士は同じNHSナースで、またいろんな話が尽きず。
娘っこ同士も仲良く遊び、母子共に楽しいひと時を過ごしてきました。

近所の駅からロンドンまで1時間ちょっと。
そしてバスで2時間ちょっと。ロンドンビクトリアコーチステーションから出発します。
f0019444_04134588.jpg
バスのシートがよくて、爆眠。

スインドンではアウトレットがあって、お目当てのスケッチャ―ズのスニーカーをゲット。
えっちゃんのも買わされたが、満足。
下敷きがえらいふあふあで、同僚やらがすごく楽といってたので、ためしたかったのです。
スタバでコーヒーをのみつつ、NHS話が尽きず。
晩御飯はイタリアン系ごはんを作っていただき、大食い三昧。

2日目はレジャーセンターに行き、アイススケート、トランポリンと遊びまくり。
f0019444_04141038.jpg
f0019444_04142720.jpg
母たちは見学のみ。
えっちゃんは相変わらず、手すりがないところへは一人で行けず。
娘っこに引っ張ってもらって、リンクの内側へ。
ランチはピザハット。食べ放題ランチなので、食べ過ぎる。

いやしいので、夜ごはんもまた食べる。
コストコで見つけたというぎょうざを食べさせてもらった。
おいしいではありませんか。
日本風ぎょうざ、イギリスで買えるようになるなんてすごいですね。

3日目はレストランのイングリッシュブレックファーストを皆で食べに行く。
f0019444_04144895.jpg
時々食べたくなる、イングリッシュブレックファースト。
飲み物、パン、おかわりし放題。
でも年だから、おかわりできないわ。あっでもパン2枚食べたけど。

そして町にでてちょろっとお買い物してから、バスに乗り込む。
爆眠、電車にのって、最寄の駅でトニオが迎えに来てくれ、今回夏休み企画第一弾終了。



[PR]
# by noranorabrighton | 2017-07-29 18:04 | 育児関連 | Comments(0)

普通の日のチャージナース

小金稼ぎに、エキストラで自分の病棟でバイトを時々していると、フルタイム並みに働いていました。

先日は、新しく主任になった同僚がしばらく休んでおりました。
彼女のお姉さんが末期癌で52歳で亡くなって、いろいろ忙しかったようです。

そして師長さんのお休みもかさなり、月曜日火曜日と師長主任不在でした。
月曜日に同僚のティナさんが、「私が火曜日にチャージ(リーダー業務)してといわれていたから、のら、あんた今日
チャージして」というので、がんばってみました。
週末に責任者というのはよくあるのだけど、普通の日は今まで1回やったことあるかなという程度。

しかたないしがんばってみた。
同僚への仕事の振り分け。
Drへの申し送り。
フィジオ、OTへの申し送り。
患者一人の退院の用意。
電話のやりとり。
翌日の患者の退院の手続き。(薬のオーダー、家族、ケアラー、ソーシャルワーカーとのやりとり)
上司とのやりとり。
老人ホームからの患者のアセスメントにやってきた人に患者の説明。
バルン(尿管)挿入。

なんとか1日終わったが、
翌日の火曜日、ティナが「のら、続けてチャージしてよ、昨日やっててよく状況がわかってるやろ~」って
結局2日続けてやらされるはめになった。
そこでノーと強く言えない、弱い私。
なぜ彼女が嫌がったかというと、週1回のMDTミーティングというのがあったから。
Dr、OT、フィジオ、ソーシャルワーカー、退院コーディネーターと患者の退院にむけて話あうのである。
そして私が司会進行なのである。
ナース学生3年生がいたので、書記はまかせた。ラッキー。
その結果を受け持ちナースに伝達。
患者一人の退院の準備。
患者一人を他部署に転棟。
入院2名。
先の退院の準備、老人ホームとのやりとり。
TVN(創のスペシャリスト)とのやりとり。
一人の患者の娘が親の蘇生はしてほしい、蘇生しない証明を破棄しろとえらい剣幕の電話やら
とにかく電話の応対多し。

これで当分まわってこないかな。

[PR]
# by noranorabrighton | 2017-07-21 07:25 | 職場 | Comments(0)