休み明けの仕事

土曜日に2週間ぶりの7時半からお昼の3時半まで仕事。

同僚が、18年飼ってたネコが死んでしまって、1週間近くお休みをとってたと話す。

8年前も、同僚がペットの犬の死で、1週間休んでた事があった。
そのときは、ペットの死で仕事休むんや~とちょっとカルチャーショックだった。
そういうことはあんまりなかったと思うし。

今回の同僚のペットの死、家族同様にしていたので、同僚の憔悴も感じられて
可哀想で、心から同情しました。
今はペットの死で仕事を休むのは、「休むのが普通」の常識となっている私でした。
[PR]
by noranorabrighton | 2009-08-30 14:39 | 職場 | Comments(2)
Commented by From USA at 2009-08-30 21:17 x
 私の元職場でも、メチャクチャ忙しい時に、ウチの犬、年取ってるから今日安楽死させるねん。って言い出したとたん、うわぁ〜と泣き出して、仕事にならんから早退してもらったことがあったわ。(前から日にち決まってたから、初めから休めば良かったと思うねんけど。)日本では考えられへんよな〜。子供が病気でも子供置いて仕事に行くもんな。日本は基本的に仕事1番、家族2番。アメリカは家族1番、仕事は2番。だけど、金の切れ目が縁の切れ目は同じ。矛盾してないかい?
Commented by のら at 2009-08-31 06:00 x
こっちの人はペット飼ってる人がほとんどやから、日本に比べて、ペットを飼ってる人口は圧倒的におおいんやろうね。私の日本の友達は家族一番の人が多いねんけれど、仕事場ではうまいことやらなあかんから、兼ね合いが大変みたい。どこも不景気やから、お金の問題もでてくるやろうけれど、それでも助け合ってがんばる人もおんねんから、きっと他に問題があるんやろうね。
<< テスコの金券 落ち着きすぎなメロンさん。 >>