仕事中、我を忘れる。

虫の嫌いな人はスルーしてください・・・・。

仕事柄、流血、傷、手術を見ても、一応、冷静に対応できる。
仕事中なら、下手な英語で自信がなくても、冷静を装い(かなり動揺してるが)、出来る限りの説明をしようとする。

が、、
マゲッツセラピーをしている患者さんを受け持った。
汚い創に、うじ虫をおき、壊死部分の皮膚を食べていただくのです。
昔ながらの療法がまだ時々行われていますが、かなり効きます。

普通はティーバツクのような中に入れて、創に置いたりするのに、彼らはそのまま創に入れられていました。ガーゼに触りたくもないのに、包帯まで浸出液がでるので、包帯だけとって、現在あてられているガーゼの上から、さらにガーゼを当てるだけにしようと思ったのです。

包帯をあけようとすると、ガーゼから脱走しようとする白いうにうにしたものが見えた瞬間、身体ごと引いてしまい、大きくはないですが、叫んでしましました。包帯もあけれず、すぐに同僚のシニアナースを呼んで、「御願いします~。」と甘えてしまいました。

同行していたケアアシスタントいわく、顔色が急にかわり、すごい形相になってたよ~と。
患者さんの不安の軽減に勤めるナースですが、思いっきり不安にさせてしまった出来事でした。
虫だけは勘弁です。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-09-05 17:01 | 職場 | Comments(0)
<< 新しいリンク、2件追加のお知らせ 相変わらずのオードリー >>