同僚の病欠

最近、同僚の病欠が多い。
日曜日の勤務中、ナース一人、ケアアシスタント一人が途中で帰る。

スタッフが抜けても、週末の病棟中を管理するメイトロンに連絡すれば、
派遣などから応援を送ってくれる。

日曜日のお昼からはなんとか補充がもらえた。

月曜日はケアアシスタント2名、ナース1名の病欠。
補充がまにあわん、ヘルプしてくれと同僚から電話があったので午前中のみ働いてきた。

4ヶ月毎で常勤Drがかわるのだが、現在、小うるさい男のDrが勤務していて
いろいろチェックされて小言をいわれるので、気をつかう。

今日は、来年にナースの学校入学を目指すケアアシスタントと仕事をした。
きれいな小麦色をしてたので聞くと、「フェイクよ。クリームぬって小麦色にしてるの。」って。
フェイクでも自然な小麦色になるんですな。

去年からだったっけな?ナースの教育が全部大学レベルになって、勉強も難しくなったらしいけど、
職業難の現状だからナースの人気が上がっているらしい。
だから入学も難しくなっているとのこと。
2000人応募して、入学できるのは200人ぐらいらしい。

若者の就職先がなかなかないイギリス、、、、えっちゃんが大きくなる頃には少しは
ましになってくれればいいんだけど。
[PR]
by noranorabrighton | 2013-05-14 05:51 | 職場 | Comments(0)
<< スペインからのお客さん ダンスで舞台に立つ。 >>