長生きの秘訣

最近、仕事が続いてたのだけど、今日から娘のハーフターム(来週1週間学校が休み)
にあわせて有給をとり、12日間の休み。

仕事は相変わらず、忙しい、、、、。

昨日は珍しく、受け持ち6人のうち、一人が手術室送り、一人が退院予定だった。

退院予定の患者さんは、104歳。
耳は遠いが、わりとしっかりしている。
介助がないと動けないが、1日3回のヘルパーさんが来る予定で
一人暮らしの自分の家に退院することになっていた。

まっ搬送の車の手配(これも国営で患者の費用負担なしよ)やらヘルパーのからみが
うまくいかず、急遽夕方5時半の時点でキャンセルになり、
退院が翌日に変更になってしまった。
楽しみにしていた退院、、、、患者によってはキレたりされるが
しゃあないなあ、、みたいなおおらかな反応。

1日担当した間、彼女の方から私に質問することが多く、「あんたのこといろいろ聞かせて。」
「いろいろ興味深いから、聞きたいのよ。」
記憶力もよくて、彼女のお見舞いに来た友人に「今日のナースは日本人で、イギリス人の
旦那がいて、娘が8才で、、、」と教えているくらい。

夕食はチーズのサンドイッチだったが、入れ歯なしでなしで食べている。
そういえばうちの祖母93歳も、入れ歯なしで、イカの刺身でもなんでも食べる。

自分の104歳の受け持ち患者をもって、感じた長生きの秘訣。

1、くよくよしない、おおらかな気持ちですごす。
2、いろんな事に興味をもつ。
3、胃腸が丈夫。

どうでっしゃろ?
あと追加で他人を思いやる、謙虚な気持ち。
[PR]
by noranorabrighton | 2013-05-23 15:14 | 職場 | Comments(0)
<< 5月25日とある公園のフェスティバル 言いまくりのイギリス人 >>