同僚の話し

我が病院では、かなりの 数のフィリピン人が働いている。

前日のハリケーンの被災のため、フィリピンコミュニティが、
募金を募ったり、支援活動に力を入れている。

被災地が僻地で、関係があるフィリピン人がほとんどいないのに、
同じ病棟に、実家が被災地の同僚がいたのである。

母親と、弟の消息がわからず、先週フィリピンに飛んで帰った。
今日、メッセージが病棟にきた。
母は道端で、何体かの死体の間から見つかったが、無事。
よほどショックだったのか、娘の顔を見てもわからない状態らしい。
弟も無事だった。

皆で、よかったよかったと、もりあがった。
[PR]
by noranorabrighton | 2013-11-28 05:49 | 職場 | Comments(0)
<< パリのごはん2 パリでのごはん。 >>