私も成長した。

仕事場ではひっきりなしに電話がなる。
家族からだったり、ソーシャルサービスだったり。

仕事を始めた14年前は、電話がなってるとあんまりデスクの近くに近寄らなかったり
していたほど。
英語が大体、聞き取れてもシステムがよくわからんので、
専門用語とかでてくると、理解不能になることが多々あった。
ラッキーな事に、周りのサポートがあって、自分の受け持ちじゃない患者さんでも
私に電話を渡さず、対応してくれる事が多々あった。
自分で対応しきれず、途中で同僚に変わってもらったことも何度もある。


が、私がフォローにまわる番がこようとは!!
びっくりした!私もえらい成長を感じ、感慨深くなったわな。

先月から我が病棟に、スペイン人のナースがやってきた。
2週間ぐらい見習いで働いて、もう一人で受け持ちを持たされている。
ナースとしてはよくできると思うが、やはりシステムもややこしいし、
聞き取りも自信がないようで、申し送りのあと、こっそり私にこれはどういうこと?
と私に聞いてくる。
電話も自分の患者の対応でも「わからん、、、、」といって途中で渡してくる。
でもわかるのよ、わかるのよ、あなたの気持ちが。
だから気持ちよくヘルプしております。
自分の受け持ち外の患者だから、あたふたしながらの対応だけど
なんとかポイントを聞き出し理解、対応できるようになったのが、
いまさらながらとってもびっくりしました!!

私もこちらで、アラフィフながらもやっとこそ人間らしく(以前は人間以下感ありあり)
なってきました!
[PR]
by noranorabrighton | 2014-07-18 15:04 | 職場 | Comments(0)
<< 日本からかなさんがやってくる。 イヤー4通信簿 >>