我が師長、最後の日

2000年から分院で一緒に働いてきた、師長さん。
3月3日で病院を去ることになった。

こちらは年金の種類によっては、早めに定年退職できるのだ。
彼女は55歳。ずーとフルタイムでがんばってきたし、
いつもサポートしてもらってばかりの、すばらしい上司。

お昼の1時から、他の病棟の休憩室を借りて、病院でのお別れ会。
ケーキも頼んだり、食事はもちより。
他の部署の人も出たり入ったりのご挨拶。
f0019444_23474960.jpg
私は巻き寿司を持っていった。

私は最後まで残って、後片付け、時期師長(現在の主任さん)と共に、パーキングまで行って
お見送り、なんか感極まるものがあり、うるうる。

これからはされる側じゃなくて、私はもっと人をサポートしていかなあかんなっと。
だってシニアで同じ立場は私いれて、5人ぐらい。
シニアは一緒に働くことないので、各仕事での責任の重さを感じるな。

同僚のすーさんが、他6人の主任申し込みを押しのけ、面接で主任の座を勝ち取った。
筋書き通りか、と思いつつ、病棟のカラーは変わらず、お互い助け合いのある
いいチームで当分いけそう。
[PR]
by noranorabrighton | 2017-03-06 18:16 | 職場 | Comments(0)
<< エジンバラ週末旅行No1 誕生日はアフタターヌーンティー >>