またもやディープクリーニング、しかも突然

土曜日ロングデイ勤務、スタッフはそろっており、
いい感じで行けると思ってたが、、、、
お昼頃に、1室をディープクリーニングすると言われる。
患者6名を他病棟に送れと言う。
予定では患者を送って、半日で除菌し、またその日のうちに
患者を戻すというのだ。

結局私の受け持ち8名のうちに、6名を他病棟の1室に移動する。
落ち着いたのは夕方4時。

その病棟で分院で働いていた男性ナースのくっちゃんと再開。
えらいおっさんになったなーと。
彼は12年前、同性婚ができるようになってから、イギリス
初めての同性婚1号。
そして結婚した翌日に、末期がんの夫はなくなったという
悲しい過去をもつ。

久しぶりに話していると、同い年というのが判明。
おっさんやな~と思ってしまった相手が同い年とは、きっと
相手もおばはんになったなーと思われているだろう。

患者を他の病棟に送るだけと思ったら、そこに残って自分の
患者の面倒を見ろという。
私がいた間に除菌は終わらなかったので、多分翌日にはまた移動劇が行われることだろう。

なんとか終えたが、なんか疲れた1日だった。
イギリスの病院、急に周りから指図されること多し。

[PR]
by noranorabrighton | 2017-03-19 21:08 | 職場 | Comments(0)
<< 仕事での休憩時間 フィリピン人同僚のごはん >>