患者とのちょっとした接点。

老人リハビリ病棟といっても、時には40代のヤング?だって入院していることも、たま~にはある。
その40代の彼女は、2週間前に交通事故にあって、左足を骨折していた。

事故の話になり、いつ、どこでという話で、
そういえば、トニオがそのとき、渋滞に巻き込まれ、
事故で救急車を見たといっていた、そのときの人だった。

「いや~夫が、あなたの救急者をみてたよ~」
「きゃ~恥ずかしい~」

救急隊に「骨折だけですんでよかったよ、ここはほんとに事故が多くて、死ぬ人が多いんだよ。」といわれたそう。
とにかく事故ポイントらしい。
英語ではそういう事故ポイントを「ブラックポイント」と言うらしい。

そして、同じ日に86歳の女性をトイレに誘導してるときに、彼女がボソッと。
「私には日本人のガイドがいるのよ。」という。
友達か、一緒に住んでいる人かと思ったら、
「800年前に日本にいた、水仙に関係ある名前の人が私のガイド(守護霊)なの」と言う。
スピリチュアル系には興味があるので、何この人?とは思わず、
楽しく、それ系の話題となり、話が咲いたのである。
日本人つながりで?、妙に親近感が沸いたのでした。

こっちでは、私が日本人だからという接点で
「日本人の友達がいる、日本に行ったことがる、息子の嫁は日本人、子供が日本に住んでいる。」と言われることがあるのだけど、守護霊が日本人といわれたのは初めてだったので
ちょっとおもしろかったです。
[PR]
by noranorabrighton | 2007-05-29 15:42 | 職場 | Comments(3)
Commented by Hiro at 2007-05-29 22:12 x
守ってくれる霊だから良かったけれど、
そうじゃない霊だったら、のら姉さん、
どう反応してたんだろ・・・と気になります(笑)

おもいっきり脱線しちゃうけど、
「息子の嫁は日本人」を読んで思ったんだけどね。
「娘の婿は日本人」って、(やっぱり)あまり聞かないでしょ。
今年の夏、大阪で世界陸上が開催されるんだけど、
マラソンのイギリス代表の女性の旦那さんが日本人だって
この前のロンドンマラソンの放送のときに知りました。
マーラ・ヤマウチっていう選手。

彼女自身はイギリスの外務省に勤めるエリートらしいんだけど、
北京五輪を目指して今休職中だとか。今は旦那さんのいる
日本でトレーニングしてるんだそうです。
BBCで放送あるはずだから、是非チェックしてみましょう~!

http://www.akemi-masuda.jp/es/es0616.html
Commented by ぴゅーこ at 2007-05-30 07:27 x
まあ!守護霊が日本人!新鮮ですね~。
うちの義両親も、どこか旅行などに出かけるたびに、あちこちで出会う日本人相手に、「息子の嫁が日本人でね~」と話してくるみたいです。親近感わくみたいね~(^^)
Commented by のら at 2007-06-01 02:08 x
Hiroさん~
そうそう、この前、トニオがこの選手のこといってたよ。
でも地元、私の周りでえつちゃんと同じような年の子の日本人のお父さんで、奥さんがこっちの人かヨーロピアンの人4人いるよ。

ぴゅーこさん~
初めは何言ってるのかと思ったけどね。
でもおもしろいね。うちの義理両親もきっと、あちこちで家のヨメは日本人~と宣伝しまくってると思うわ。
<< 同僚の誕生日パーテイー エコボールじゃ~。 >>