クノール

今日は昨日に引き続き、ロングデイの仕事でした。

一人、スイス人の患者さんがいて、
クノールスープのカップを私に見せて、
これはスイス発祥のスイスの会社だと教えてくれた。
ほ~。
私はてっきりアメリカの会社とか思っていたのだった。
知らなかったのは私だけ?

昼からの私のサブについてくれた
バンクナース(病院付属の派遣ナース)が
隣の州の、ボーデイングスクール(寄宿学校)のナースをパートでしているとのこと。
学校の保健の先生みたいなものかしら。
その学校は12-19歳の学生が寝起き、勉強を共にしてるらしいが
70人中の学生のうち、2人だけイギリス人。
あとは中国人、香港から、フィリピン人がほとんどで、国、家族を離れて来てるらしい。
へえ~。

ボーデイングスクールってイギリス人のハイソなお宅からの
子供たちというイメージ(漫画のキャンデイキャンデイのイメージが一番強いけれど)
だったので、ちょっとびっくりでした。
[PR]
by noranorabrighton | 2008-06-08 07:12 | 職場 | Comments(4)
Commented by ぴゅーこ at 2008-06-09 07:46 x
お久しぶりです!
日本、満喫してきましたか~?えっちゃんの「パンダおいしそう」発言に噴き出してしまいました(笑)。
ボーディングスクールって、外国人も多いんですね~。へぇ~。私もキャンディキャンディのイメージですから~(笑)
Commented at 2008-06-11 03:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by noranorabrighton at 2008-06-11 15:09
ぴゅーこさん~
どうもです。
そちらも子供たちのおもしろい発言には日々笑わせれてるのではないかと思いますが~。はは~。
ぴゅーこさんもキャンデイキャンデイ知ってるのね。なんだかうれしいわ。

Aさん~。
やっぱりアジアの子供たちも多いのですね。びっくりだわ。
酔っ払ってるって、お酒ほんとに飲んでるの!?!
そういう子供たちの精神衛生はどうなるのでしょうね、成長の過程で、家族を離れてっていうのが、ちょっと疑問だわ~。
Commented at 2008-06-12 05:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 朝マクド 日本での娘の日本語 >>