カテゴリ:英語( 20 )

地域の英語学校4年目、、、

レベル2のライティングが落ちたので、またやり直し。
9月末からまた地域の英語学校に通いだす。
水曜日の12時半からお昼の2時半まで。
同じ先生で4年目。

今回はエジプト人のリタイア男性69歳、香港人女性、中国人女性、モロッコ人女性
私、イギリス人女性二人、スペイン人男性、タイ人女性と10人もいる。

今回は12月にテストを受けて、落ちてもまた6月に受けれるらしい。
ライティング苦手、、、、、。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-10-09 15:23 | 英語 | Comments(0)

不完全燃焼のレベル2のテスト

レベル2のライティングのテストが終わった、、、、。

近所の消防署と救急のサービスがクローズするので、それに対する
フォーマルな手紙を市の偉い人に書くのと、
新聞にのせる、消防署と救急のサービスを続けれるように
キャンペーンを行う内容の記事を書けというもの。

失敗だったのが、時計を忘れていってしまった事。
係りの人が「時計をきにせず、私があと何分とか言うから。」っとはじめに言った。
だから壁にあった時計もあまり気にせずやり始めたら、
一問目に時間をかけすぎ、2問目の時間が全然たりなかった。
最後の5分で無理やり書いたけど、
これで受かってたらミラクルだろう。

時間配分の段取りはきちんと自分でしないといけないと、反省。
テストが終わっても、なんだかすっきりしない結末でした、、、、。

結果は6週間後、、、、。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-06-29 05:48 | 英語 | Comments(0)

プレゼンテーション、レベル2

週に1回、地域の英語学校に通っているが、テストが始まった。
去年はレベル1というのをクリアして、今年はレベル2に挑戦。

先日はプレゼンテーションのテストがあった。
皆の前で10分強のプレゼン。

私のお題は「日本の旅に必要な情報」

どの季節に行くのがおすすめか、宿はどんなものがあるか、
交通機関、など。

皆、日本のトイレにくいついたぞ。
オシュレットだの、和式トイレだの。

無事に終了。受かったはわからないけど。

来週はディスカッションのテスト。

6月ぐらいにライティング、リーディングのテスト。
イギリス人でも落ちるライティング、外国人は1回ではなかなか受からないそうだ。

昨日1日仕事。
人の名前のエリザベスがわかってもらえなかったぞ。
発音難しい!
[PR]
by noranorabrighton | 2014-02-03 15:34 | 英語 | Comments(0)

ウォンキー

仕事場で同僚と注射薬の準備をしていた時(イギリスは注射薬は二人で確認がお決まり)
同僚が、シリンジの中に薬剤を入れて言った。
「Wonkyでなかなかまっすぐにならんわ。」と。

ウォンキーって単語、いままで聞いたことなかったというか、知らんかった。

まっすぐじゃない、ちょっと曲がってる、とかいういう意味らしい。

同僚に言ってみると、「マジっすか?」みたいな感じやった。

その週に、また違う同僚が、患者がベッドに斜めに寝ているを見て、
「なにウォンキーになって寝てんのかいな。」というし。

娘も、この言葉を使っているのを聞いた。

こんな日常会話にでてくる単語やったなんて。
なんで今頃知ったんやろう、、、、。不思議。
知ったら知ったでよう耳に入ってくるし、、、。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-01-04 17:57 | 英語 | Comments(0)

また始まる英語の学校

もう何年、英語の学校に行ってるのだ、、、。
地元のイギリス人の為の、英語学校。地域の学校だから無料。
週に1回2時間。

9月から、また新しいコースが始まりました。
去年は英語のレベル1という試験を受けて合格したので、
今期はレベル2をめざします。

今回の生徒はイギリス人二人、スペイン人一人、エジプト人一人、スーダン人一人。

勉強しても勉強しても英語って、プチ更年期世代の私には頭に入りません。
しないよりましと思って、続けようと思います。
[PR]
by noranorabrighton | 2013-10-05 15:13 | 英語 | Comments(0)

レベル1ライティングのテスト

まだしつこく、現地のイギリス人の為の英語学校に通っている私。

こちらのシステムでは、中学校でGCSEのテストを受け、
高校になるとAレベルというテストを受けて、そのレベルによって、大学のレベル、行く学校が
決まるという。

私は、GCSEに向けての、レベル1,2のコースだけど、
レベル1は受かってたものの、テストの内容自体が大幅に変更になり、
今年からライティング、レーディング、スピーキングのテストも加わって、
加わったテストだけ、受けなおすことになった。

昨日はレベル1のライティングのテスト。

問題1、車買ったが、翌日動かなくなった。お店に連絡がつかないので、
Eメールで手紙、詳細をつたえよ。


問題2、フォーマルレター
車を直してもらったが、まだ調子は悪い。
3ヶ月後は保証しないといわれ、困り相談所に助けを求める手紙。

これを1時間で書く。

問題2は300字。時間、文字数も足りなかったので結果はどうなることやら。
[PR]
by noranorabrighton | 2013-06-20 16:59 | 英語 | Comments(0)

イギリス人でも単語のスペルは難しい

イギリス人の為の、英語教室に通っているが、今年最後の授業が終わった。
週に1回、各2時間の授業、勉強してもしても、なかなか自分の英語力の上達は
どうか疑問だけど、とても楽しい。
楽しいというか、なんか安心するのである。

というのは、現在イギリス人が4人、しかも仕事を持ってたりする人が
案外、文法、特にスペルがあやふやなのである。

先日も、イギリス人の主婦が「Droppingになった時、pふたつつけるの知らんかったわ!
今までPいっこしかつけてへんんかったわ~。」
とか言うとる。

私なんか日々文章書くのに、ドキドキしたり、仕事から帰ってきて
スペル間違えて書いてたんちゃう?とか不安になったりしてるのだけど、
このクラスに来ると、イギリス人でもできへんやん~、と安心するのである。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-12-02 06:34 | 英語 | Comments(0)

いいまわし。

仕事場で時々、イギリスチックないいまわし教えてくれる。

先日はこんないいまわしを教えてもらった。

He is as useful as a chocolate tea pot.

彼はチョコレートでできたティーポットと同様な使い勝手、という直訳。
チョコレートでできたティーポットにお湯を入れるととけますがな。
ということで、
お前は役立たず!!という意味。
皮肉もたっぷり入った、言い回し。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-11-26 16:21 | 英語 | Comments(2)

2年目の英語学校終了

今日で2年目の英語学校が終了。
去年はレベル1という英語テストを受けた。

レベル2のテストは来年受けることにし、もう1年同じコースに行くことにした。
ボキャブラがちょっと微妙な感じなので
来年のテストを受けるまで、新聞、本をよんでボキャブラを増やしていければいいけど。

今のコースの中国人、イギリス人二人、フィリピン人一人も同じコースを続ける予定。

なんせ市からのコースなので1週間に1回2時間、無料どす。
あと2,3年は続けれそう。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-06-28 21:02 | 英語 | Comments(2)

今日の英語クラス

今日は英語のクラスに、イギリス人3人、フィリピン人が1人だった。

イギリス人3人は、普通に働いている、社会人であるので、
各自時々これない日もある様子。

To、Too、Twoは、発音が似てて、間違いやすいからと
文章問題で、カッコにこれらを入れていく問題をした。

間違いやすいといっても、使いようが違うので、間違いにくいと思うけれど
案外イギリス人は間違えたりしていた。

イギリス人も読み書きなんかあやしいぞ!
そんなイギリス人を見ていると、私の怪しい英語でも
なんとかやっていけそうな気もしてきた。
[PR]
by noranorabrighton | 2011-10-14 03:53 | 英語 | Comments(0)