カテゴリ:ホリデー( 74 )

ダブリンあれこれ

イギリスのおとなりの国、ダブリン。
国内旅行感覚で行けるのだけど、今回は飛行機に乗るまでハラハラドキドキでした。

ガトウィク空港から1時間ちょっとのフライト。

今回はライアンエアー。
最近の飛行機は電車賃より安いんどすえ。

でもサービスがすごかった。(悪い意味で)

ダブリンに行くときは、オンラインチェックインを事前にしていても、
並んで確認のスタンプをもらわないといけない。
そして並ぶ。
私の列から、デスクに呼ばれて、人は去っていくのに、途中から
私の列は違うから、違う列にならびなおせ!て言う。

しぶしぶじゅじゅつなぎの列の後ろに並んで、えらい時間かかって自分の番へ。

私の家からコピーしてきたチケットがちょっと縮小サイズぽかった。
「もしこれで入られへんかったら、また戻ってきて。」って。

案の定、入れず。
またデスクに戻り「チケット使えなかった。」という。
新しいチケットをもらい、出国審査へ。

なぜかこのチケットも入れなかったが、アシスタントの人がチケットを確認して入れてくれた。

免税のところで、偶然チケットを見てみる。

他人の名前のチケットだった、、、、、。あかんやろ。

インフォメーションセンターに行き、いきさつを伝える。
二人係りがいて、そのうちの一人で「電話してもデスクにすながらない、
私がいってこよう。」と私のチケットとパスポートをもっていく。
パスポートを他人に渡してもどってくるまでどんだけ不安だったか。

30-40分して私の名前のチケットをもってきてくれた。
3時間前にきたのに、ほんと時間ぎりぎり。

お茶や買い物もできず、すぐゲートに向かう。

ゲートに入るときも、とめられる。

出国時に他人のチケットで入った際に、そのチケットと融合して顔写真が取られていた。
新しいチケットには出国時の記録はない。
チェックのお兄さんはボスに電話したり、デスクの人に確認したり。
デスクの係りの人がそこにいたから承認してくれたけど、そのデスクの係りの人の過ちだけど
すみませんもありゃしません。

まあやきもきしながら飛行機に乗れたのでした。

なんやかんやありながらも、ダブリンへ。

ダブリンはイギリスぽくて、いっけん外国に来た感はないけれど、
お店の人とか、とにかくフレンドリー。人が違うね。
空港からバスで30分ほどのアクセスのよさもあるし、町もコンパクトだし
週末にちょろっと遊びにきても楽しそう。
f0019444_00515310.jpg
ホテルは結婚式の披露宴があって、親族がとまっていたホテルに便乗させてもらう。
居心地よくて、素敵なホテル。
f0019444_00523313.jpg
アイルランドのコーヒーチェーン店も気に入り、2回いったな。
f0019444_00534565.jpg
ミュージアムもちょろっと行ってみた。
f0019444_00542906.jpg
とにかく天気がよくて、散歩も気分が上がりました。
[PR]
by noranorabrighton | 2016-05-30 16:19 | ホリデー | Comments(0)

春休み覚え書No2

春休み2週目は、スインドンからのお友達親子が、2泊で遊びにきてくれた。

娘っこはえっちゃんより2歳しただけれど、しっかりしていて、
えっちゃんと楽しく遊んでくれる。

おやつ時ぐらいに近所の駅に到着。
隣町までいって、いつものおいしいスコーンのカフェで休憩。
ショーウインドウは毎月、変わるので記念に写真。
今月はイースターだから、イースターっぽいかざり。
f0019444_16364329.jpg
2日目はアランドルというお城のある近くに、ウエットランドという鳥の自然保護団体が
運営している、鳥の保護観察公園のところへ。

イースターのイベントで、所々に名前がついた大きな黄色いダックの人形がおいてあって、
これを全部探せたら、チョコレートがもらえるというもの。
湿地帯やら、広めの公園をまずは鳥より、人形のダックを探しまくる。
f0019444_16374460.jpg
休憩してから、公園内の川、湿地帯のボートクルーズなどにも参加。

1日堪能したけれど、カフェ好きなので、近所の駅の近くのカフェでほっこりしてから家へ。

3日目は近所の大きめな公園へ。
お昼は近所の和風カフェでランチ。

友人はNHS勤務のナース。
お互いNHSでおこる、人に言えない怖ーい話を盛りだくさん話し合う。
そして、また会うまでがんばって働こうと励ましあう。
[PR]
by noranorabrighton | 2016-04-13 21:26 | ホリデー | Comments(0)

夏休み覚書No7

夏休み最後のイベント。
我が家から西へ電車で1時間半、チェチェスター方面の友人宅で2泊。

友人には9歳の娘っこがいて、いつもえっちゃんと大はしゃぎ。
ついた当日には、スイミングプールへ連れて行き、疲れさせようという作戦。

母同士、カフェでのんびり。

晩御飯は、ビートルートとフェタチーズのサラダ、なすの揚げびたし、炊き込みご飯を頂く。
極楽極楽。
f0019444_16101923.jpg
翌日は、とあるカントリーサイドのお屋敷でのお祭りへ。
毎年開催されている、お屋敷の主が主催する地域のお祭り。
すんごい豪邸のお庭でゲームやら、人形劇やら、カフェやら
ドッグレース、ドックショーやらもりたくさん。
子供たち大喜び。

これまたセロリのサラダやら、カレーやら、炊き込みご飯やらの晩御飯を頂く。
誰かに作ってもらうってなんて幸せ。
f0019444_16110292.jpg
最後の日は、とある町のフェスティバルへ。
こちらもいろんな出店があって、えっちゃんやたらくじ引きをひきたがるし、
ゲームもやりたがるし、フェスティバルはお金もかかるので危険。
早くに退散。
[PR]
by noranorabrighton | 2015-09-02 16:27 | ホリデー | Comments(0)

夏休み覚書No6

えっちゃんはのんびりだらだらとするのが結構好き。
夏休み中の、目覚ましに起こされず、起きたい時に起きる生活が楽しいらしい。

とある日は、友人親子に会いに行って、公園にいって遊んだり。
とある日は友人親子と公園にピクニックしたり、遊んだり。

とある日は、ロンドンに新しいパスポートを受け取りに行ったついでに、友人親子と合流。
f0019444_23042012.jpg
大英博物館でうろうろ、そして公園。
ジャパンセンターで晩御飯を食べて帰る。

雨さえ降らず、公園に行けば大概楽しく遊べるので、公園は利用価値大!

そろそろ秋の気配です。
落ち葉がちらほらしだしました。
[PR]
by noranorabrighton | 2015-08-23 18:37 | ホリデー | Comments(0)

夏休み中覚書No5

夏休みの家族旅行はケンブリッジ(ロンドンから北方面)へ3泊4日の旅。
車のナビでは家から2時間ほどとの事。
朝10時20分に家を出、ガソリンをいれ、スタバでコーヒーを買ってたらもう11時半。
豪雨、雷の中車を走らせ、混雑の高速をチンタラ走り、休憩3回して
ケンブリッジのナショナルトラストに着いたのは4時20分。
5時間の移動。

ウインポールというお屋敷、お庭には時間がなく、コーヒーを飲んだだけで、
いつものホテルチェーン「プレミアイン」へ。
ホテルの近所に「ピザハット」が!トニオとえっちゃんがピザモードになり
その晩はピザナイトとなりました。

えっちゃんとテレビでやってた「ダーティダンシング」を鑑賞。
えっちゃんにはちょっと刺激的だったけれど、キャーキャーいいながら鑑賞。

f0019444_04024839.jpg
f0019444_04032948.jpg

2日目はトニオと別行動
トニオは近くのエアベースの見学へ。
私は、友人の友人のYちゃんファミリーがケンブリッジに1年、派遣できてるということで、
合流。
ほんとはトニオが送ってくれるはずが、車が動かず車サービスを呼ぶ羽目に。
小さな問題で車もすぐ直ったらしい。

Yちゃんと娘っこ3歳、私とえっちゃんの4人でケンブリッジ市内へ。
ランチは教会に併設されているカフェ。
サラダやら、ピザやらオーダーし、おいしいけれど、子供には大人の味で不評。

おやつはメイドさんの格好をしている老舗っぽいティールームへ。
急がしそうで、オーダーが通ってなかって忘れられたり、サービスはいまいち。
スコーンはパンっぽい感じのスコーンでした。

さすが観光地、いっぱい人がいて、ボートにのる客引きも多くて、
ざわざわしている感じでした。

夕食はホテルのレストランで頂く。

3日目はナショナルトラストのウインポールへ。
まずお屋敷へ。
えっちゃんは、お屋敷にまつわる子供クイズの紙をもらい、部屋ごとの係りの人と
話しながらゆっくり見学。
屋敷をでるまで2時間かかる。
ピアノの生演奏もあったりで、優雅な雰囲気。
f0019444_04012823.jpg
f0019444_04020378.jpg
ゆっくりお庭とかまわりたかったけれど、ワスプという蜂みたいなのがいっぱいいて
えっちゃん散歩拒否。

皆でウォーミュウジアムへ移動。
ジェットファイターとかいろいろトニオの好きそうな物があって、トニオ満足。

夕食はYちゃん家族のお宅に呼んでいただき、皆でわいわいしゃべって
食べたり飲んだり、踊ったりと楽しい時間を過ごす。
えっちゃんと娘っこはなにやら興奮して、いろんなことに大うけ。

4日目はトニオがサルサのクラスが夕方4時からあるので参加したいという。
用意してたら出発は11時40分。
そして、事故渋滞、1時間30分は高速の中で、車は動かず。
それでもトイレ休憩1回でギリギリ4時に到着。

3泊はあっという間。せめて、4,5泊したかった!
[PR]
by noranorabrighton | 2015-08-17 04:00 | ホリデー | Comments(0)

夏休み中覚書No4

f0019444_00085492.jpg

ドイツ人と中国人のカップルのお宅にお邪魔する。
お宅にはかわいいわんこが!
中国料理の夕食も頂く。炒め物が多いんだけど、野菜たっぷりで家庭中国料理は
おいしい!
スパイシーな、なすの炒め物とか、いかとセロリの炒め物とかはえっちゃん食べず。
彼女は、牛肉のソテーソースを使った炒め物にはまっていた。
翌日、チャイニーズショップにソテーソースを買いに行った。
中国風焼肉のたれっぽい感じ。
またもや肉系がよくわからんえっちゃん、牛肉でも「私、このチキン好きー」と言う。
なんで区別がつかんのやろ。

f0019444_00094212.jpg

ハンプトンコート近くから、友人親子が2泊で泊まりに来てくれる。
冷やし中華を食べてから、皆でワージング(西に車で30分)方面の海へ。
海沿いにカフェもあるのだ。
海でバシャバシャしてたらビチョ濡れ。
でも楽しい。えっちゃんと友人の娘っ子二人は大はしゃぎ。

夜はお好み焼き。
翌日は彼女たちは近所の親戚の家へ。
お昼過ぎ日本カフェで合流、イチゴ大福、どら焼きを頂く。
えつちゃんは和菓子はあんまり好きじゃないみたい。
近所の室内スイミングプールへ。
8歳以上は子供だけで入って、親は見学できるようになったので
親同士で子供を見ながらまったり。
えっちゃんも泳げるようになったし、娘っこ同士楽しそう。

夜は野菜入りトマトスープ。
ファラフェル

最後の日は、私は仕事へ。
友人はえっちゃんをブライトンの海へ連れて行ってくれていた。
そして、日本カフェでエビフライ焼きそばまで食べさせてくれて、
楽しく過ごせたらしい。
[PR]
by noranorabrighton | 2015-08-10 00:07 | ホリデー | Comments(0)

夏休み中覚書No3

毎年、8月第1土曜日はブライトンのゲイプライド。
またもやトニオサンバチームからのパレード参加です。
予定では映画館の前の道で見てるねーということだったのですが、
その前の道で、不審物が見つかり、パレードの順路が変更、
しかもパレードも2時間ちょっと遅れの出発。
メインストリートに場所を移して見学となりました。
f0019444_17374634.jpg
トニオ、相変わらず
めっちゃ楽しそうでした!
f0019444_17382190.jpg
f0019444_17384960.jpg

2時間半ほど踊りながらパレードしたらしいです。
ずっとつきあってもいられないので、私たちは映画へ。
えっちゃん希望のインサイドアウトです。

まーこんなもんかなーという感じでした。泣くこともなかったです。
[PR]
by noranorabrighton | 2015-08-04 17:36 | ホリデー | Comments(0)

夏休み覚書第一弾

えっちゃんが夏休みにあわせて、私は連続勤務、連続休みの体制をとるようにした。
私の職場は休み希望が100パーセント通るので、ほんとうにありがたい。
まずは5日働いて8日休みにしてみる。

土日はまったりと過ごし、夏休み企画第一弾は、2泊3日でスウインドンの友人に
2泊3日で会いに行く。
電車だとわりと近いが、なぜか電車賃がおどろくほど高いので、
ロンドンまで電車、ロンドンからバスで行く。
バスの座席はなんか高級感のある椅子で、結構楽だった。

ロンドンからスウインドンまで2時間15分くらい。

お友達ファミリーはえっちゃんより2歳下の娘っこがいるので、仲良く遊び、
私はナースつながりの友人だったので、人には言えないそれは怖いイギリスのナース話に
花が咲き、つらいけどまた仕事しよっという気持ちになって帰ってくる。

1日目はスイミングプールへ。
親は見学。時々波の出るプールでご満喫。

2日目はアウトレットのショッピングモールでうろうろ。
中庭が子供の遊べる公園で屋根もあって、雨でも大丈夫。
私たちはスターバックスでコーヒーを飲みながら子供たちも見れるので最高。
f0019444_05414176.jpg
f0019444_05421976.jpg
f0019444_05430343.jpg

お友達が、クラフトが得意なので、手作り髪飾りの作り方を教えてもらい、
一緒に作る。
皆でわいわい、工作も楽しい。

夜はアイススケートへ。
相変わらずえっちゃんは、私の手にしがみついていたけど、抱きつかなくなっただけ
すこし上達してるかも。

友人宅でえっちゃんが子供ドラマ、H2Oにはまっていた。
オーストラリアのドラマで水にぬれたら人魚になるティーンの3人の女の子の話。
私もちょろっと見てたけど、ちょっとハラハラドキドキさせられました。
[PR]
by noranorabrighton | 2015-07-28 05:41 | ホリデー | Comments(0)

ザコパネ再びNo6

前回の続きで、ホテルからクラコウ空港の近くの宿まで2時間かけてタクシーで移動。
ポーランドの人はきちんとしてるので、安心して乗ってられる。それで大爆眠。
2時間で宿に着。

わざわざ空港近くに宿をとったのに、トニオの狂犬病の予防注射をしてもらう為、
市内にでる必要があった。
つれてきてもらったタクシーにのらせてもらって空港へ。
5分くらいで空港へ。チップも受け取ってもらえず、なんて義理堅い。
ポーランドの人、真面目。

空港からローカルバスで市内へ。40分ぐらいかかっただろうか。
ホリデーでやってきたフランス人の軍隊勤務兄弟と話しながら移動。
クラコウ市内に到着。
チケットのチェックにやってきた人に「あんたらチケット買ったら、マシーンに入れて
ハンコをおしてもらわなあかん!してないから、罰金じゃ!」と言われ、
3000円ぐらいとられた。知らなかったんだもの。
いろいろ言ったが、こういうところもお堅いポーランド人は厳しい。
「ほんまやったら、3人分罰金のところを一人分にしたってんから。」と捨て台詞。

タクシーに乗り込み、教えてもらったクラコウ大学病院の中の施設にいってもらう。
少し迷ったし、暗い中の古い建物の中だったが、取り次いでもらえた。
正しい場所だとわかって、うれしくて半べそになる。
セキュウリティーの人が建物内に連れて行ってくれて、
ナースが対応してくれる。すぐにDrも現れた。一本まゆのDr。
イギリスだったらどんだけまたわれるかわからんのに、こちらは対応がスムーズ。
予防注射をしてもらい、しかも無料だった。
ポーランドいいとろこ。

タクシーを呼んでもらい、ローカルバス出発地点のバスターミナルの食堂で夕食。
時間をかけて、空港まで移動。そしてタクシーで宿へ。

翌朝は、宿の主人に朝7時半に来るよう予約していたタクシーがやってくる。
またしても10分ぐらい早めにやってくる。
時間に正確。

そんなこんなでちゃんと飛行機に乗って、帰ってこれました。

狂犬病の予防注射はトータル5回受けなければいけない。
帰ってき次第、こっちのDrに連絡して狂犬病の注射の予定を入れてもらう。
こちらではなんまりないのか、ポーツマスというところまで電車で2時間かけて
注射をとりにいかなければならなかった。
それでも全部無料だから、イギリスはすごいな。
[PR]
by noranorabrighton | 2015-01-16 05:59 | ホリデー | Comments(0)

ザコパネ再びNo4

ザコパネ最後の日、がんばって9時半ぐらいにはゲレンデにでて
12時のチェックアウトまで間に合うように滑る事にする。

何度か初級者コースをすべり、3人で中級コースに行く事にする。
えっちゃんは初めてだし、怖がりだけど、行ってみると言う。

ついてかなりの急さに怖がり、ひとすべり斜めに滑った時点で動けなくなり
えっちゃんの板を私が持って、斜め歩きでリフトまで逆戻り。
トニオは一人で滑って降りていってもらう。
スキーに来ると、私がトニオとえっちゃんのお父さんのような感じになる。

しかたなくリフトで下までおろしてもらう。

そんな感じでお昼近くなり、スキー道具を返して、荷物をまとめてチェックアウト。

お昼はまた隣のご飯屋さんへ。
オーストリア人ファミリーと同席になり、おしゃべりしていたらあっという間。
トニオは電話交換していたぞ。
彼らのどちらかの両親がザコパネに住んでいるそうだ。

2時に空港タクシーを予約していて、早めにロビーにいってお茶していたら、
15分前にはもう来ていたぞ。ポーランド人、時間に正確!
[PR]
by noranorabrighton | 2015-01-06 06:13 | ホリデー | Comments(0)