カテゴリ:職場( 201 )

大丈夫なんだか

イギリスの国営病院、将来性、、、、うーん後退状態。

資金困難で、病棟、スタッフを減らし、
今年卒業予定の看護学生の就職先もないらしい。

6ヶ月前に卒業して、ローテーションというシステムで6ヶ月ごと、違う病棟で2年働ける制度で
うちにきていたナース、次の病棟の受け入れ先もなし、うちでも働けないし、
宙ぶらりん・・・。

昨日のおたっしでは、申し送り用の患者の情報が入った表のコピーも廃止になって
自分のノートを使ってねって。

フィリピン人ナースたち、かなり不安な状況。
来年コントラクトが終わる人が多いから。
そのまま首になるのではないかと・・・。

最近、夜勤がおおくて。

9月に里帰りよていなので、今はそれを楽しみに日々がんばってます~。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-08-20 05:58 | 職場 | Comments(0)

1日本院へ

人手が足りないということで、本院の整形病棟に派遣されました。

なぜ人手が足りないかというと、スタッフナースが2人、急遽他病棟に移動になったわけです。

本院のその病棟では看護助手さんたちが幅をきかせてて、ナースたちがやりにくく、移動になった人たちも、それが原因とのことと、
派遣される直前にうわさを聞きました。

OP前後の患者がメインのその病棟、もちろん忙しく、自分の仕事をこなすのに一生懸命で、助手さんの行動一つ一つ愚痴ってる暇もありませんでしたが、
巨体で体も態度もでかい助手さんとはペアにされましたよ。
怖くて、いろいろとお仕事頼めませんでした・・・・。

イギリスのすごいところは、どの病棟いっても、システム、業務内容は同じなので
初めての病棟でも、普通にスタッフの一員として、患者を受け持って1日戦力として
働けること。
今回は9人受け持ち、2人OP、1人転棟、一人退院。
本院に派遣されたのは初めてだったのですが、つくづくそれを実感した1日でした~。

でも助手さん、怖かった~。
すんごい口のたつ、きつそうな人ばかり・・・、ずっといればぜったいいじめられそう・・・。
私の病棟から3人がこの病棟に移動になる予定。
がんばってね~。
f0019444_6261098.jpg

先日のお昼、お弁当をつくって公園で食べる。
おにぎり
ポテトサラダ
トマト
秋刀魚の蒲焼入り玉子焼き
[PR]
by noranorabrighton | 2006-07-05 06:28 | 職場 | Comments(5)

病院財政困難、無理な改正

うちの職場、最近行くたびに状況が変わってます。

こないだまでは個室が多い隣の病棟と、うちの病棟の場所交換を言ってて、
ベッド数減少に伴い、3人他病棟に移ってくれとボスが聞きまわってたのですが・・・。

その話はどこにいったやら、
隣の病棟、閉鎖になるらしいです。

チェチェスター方面の病院も一つ閉鎖になるらしく、
その分、患者をカバーしなくてはいけなくなるだろうし
ベッド数も足りないようになっていくだろうし、今後どうなっていくのでしょうか・・・?

今のところ、思いつきでばんばん行政を変えていっているようにしかみえません・・・。

今後どうなることやら~(かなり人事・・・だってこっちのやり方、想像もできない成り行きになるから、ちょっとどう展開するか楽しみだったりもする。)

首になってもなるようになるさ~とちょっとわくわくしたりもする。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-22 04:46 | 職場 | Comments(1)

NHS財政困難

土曜日は早出で、患者17人をナース4人で看ました。

有資格者ばかりだと何事もスムーズにいって、和気あいあいとお仕事。
私以外は、3人フィリピン人。
タガログ語もばんばんでまくり。

彼らの現在の話題は、コントラクトが切れたら首切られるかも~という話。
私の勤めるNHSはかなりの赤字。
それに伴って、ベッド数を減らしてきてます。
うちもベッド数が減って、スタッフが多め。
うちの病棟から本院に3人移動してほしいとボスは聞いて回ってます。

数人のフィリピン人は数年契約の人も多くて。
皆ビビッてます~。

母も無事に日本に帰りました。
季節もよかったし、楽しんだ様子です。

また普段の生活に戻ろうとしています。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-20 04:53 | 職場 | Comments(2)

すんごい赤字

どこも資金繰りが大変なイギリスの国営病院。

うちの病院も10ミリオンポンド(1ポンド200円ぐらい?日本円に換算できない・・・)も赤字。
年末には16ミリオンポンドにもなるらしい。
いかに赤字を少なく運営するか、日々試行錯誤しているのはわかります・・・。
でも・・・頻回に変わるペーパーワーク、業務、各部署の運営・・・。

今年に入って我が病棟、19床から25床に増やしたと思ったら、もうすぐ17床ベットに減少。

早速、この週末で患者数17人。
ベット数減らして、その分もっと患者に集中して、退院日数を減らし、患者の入れ替えを多くするとのこと。

明日から日本から母がやってくるので、少しばたばたしています。
週末にはパリにいくし、来週にはロンドンに1泊するし。
でも時間があれば日記UPしていこうと思います。(外食も増えるだろうし)
[PR]
by noranorabrighton | 2006-05-30 20:02 | 職場 | Comments(0)

キイ~

昨夜は遅出。
12人の患者をナース=私とケアアシスタント2人でお世話。

派遣からきた一人のケアアシスタント(Mrプリンスという性なのよこれがっつぜんぜん名前とほほど遠い)が無駄口ばかりたたいて、働かないこと!
しかも看護学生でもうすぐナースになる身。
ぜんぜんプロフェッショナルじゃないし。

「あそこの4人の患者、寝巻きに着替えさせて、ベット行きたいか聞いて~」と言っても
「まだ彼ら雑誌読んでるから(たぶん彼らはベットに行きたくないだろう)」と動きもしないし、
患者にも聞こうとしない。キーキー!!
ずーともう一人のケアアシスタントつかまえて、無駄話ばかり。
いろいろ用事をいいつけても、いい加減。

フラグミン(抗凝固剤)の皮下注射を私がしてるのをみてたのか、し終わった後
「フラグミンは空気抜かなくて、そのまま用意されてる(こっちはもう液が注射に入って用意されてるのを皮下注するだけ)空気入りのまま注射したほうが吸収されやすいんやで~」となんか
えらそうにいうし。(私はもちろん空気抜いて注射してましたが)
なんか言い方がむか~~~っときて、「(もしそれが正しくても)ふうーん、知らんわっそんなこと」って慇懃無礼にいう返すしかなくって。大人気ない私でしたが・・・。

とにかく、小娘(に見えるであろう)のいうことを聞くのが腹ただしそうな様子でした。

帰り際に「また来週ね~」って・・・・。また来週の日曜日勤務一緒みたいです・・・。
シフトみました。ふふふ・・・ナース4人(婦長も含む)ケアアシスタント二人。
ナースいっぱいだしね。働らかないかんでしょ。
どんな態度かわるか楽しみです。(彼の場合、人によって態度変えそうなタイプ)

すみません、愚痴って~~。

今日はお味噌汁にきゅうりをいれてみました!
こっちのきゅうりはうりみたいにでかいんです。
1本配達できても、食べきるの大変で。煮てみようって。
あるお母さんから、子供がきゅうり食べないので、玉子焼きにいれたという話を聞いて、
きゅうり、煮てもいいんや~と思って。
まさにうりのお味でした。

キャベツも配達に入ってたので、お好み焼きです。
ジャガイモを1個すっていれて、ヤマイモの代わりです。
豚なかったので、チーズで。

なかなかいけてましたよ!
お店開けるぐらいの味でした。(今日だけね~。)

f0019444_5562583.jpg


そうそう、昨日は土曜日。
仕事前にちょっとおでかけ。トニオの用意、20分遅れで1000円ということですが、
この公約(15分遅れるごとに1000円)かなり効いてます。
お金はもらわず、ランチ(イングリッシュブレックファースト)ごちそうになりました。
(あっうちはお小遣い、外食は各自のおさいふからだから)
[PR]
by noranorabrighton | 2006-05-22 05:16 | 職場 | Comments(2)

今日のお仕事

朝勤務でした。

今日はサブでしたが、妊婦の助手さん、派遣会社からの助手さん、リーダーのシニアナースと働いたので、まあ一番の働き手だったでしょう。(体力的に)

こちらの朝勤務時には、床づれ早期発見の為に、患者全員のおしり、かかとが赤くなってないかチェックしなければなりません。
床づれに関してのケアはかなり徹底してて、治癒率もめちゃいいのです。
どんな状態の悪い患者でも、床づれのある患者は少ないし、できても悪化することはあまりないのです。
傷が悪化したら創ナースが関与します。
とにかくDrの関与はなしで、ナースがすべて管理します。


今日は一人、皮膚移植の為に専門病院に転院しました。
それも手術は今日(土曜)の午後。
普通はその病院に転院するのにレントゲン、カルテは持参しません。
でも朝一で転院して、昼3時過ぎにその病院から電話がかかってきて
「レントゲンがほしい、送ってほしい」と一点張り(前もって言ってくれれば)・・・・。
ちょうど主任さんがいたので、病院のトップに連絡して許可をもらい、
タクシーでレントゲンを送ることに。
でも1時間もかかる遠いところなんですけど~。

とにかくこちらで働くのはいろんなことが日々おこって、
その調整にあたふたすることが多いのです。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-04-30 06:39 | 職場 | Comments(1)

日本ではしないなあ。

仕事もほどほどにがんばってる今日この頃。

働きながら、こんなことしたら日本ではびっくりされるやろうなあ~ということが多々ありますが。

そのひとつに、靴、スリッパの置き場所があります。

日本では上履き、下履きの区別がはっきりとしてますよね。
こちらでは、靴社会、家でも下履き社会。
それなのに、靴の置き場所になると、なんだかあいまい。

いすの上、時には消灯台(こんな字だった?ベットの横のテーブル)に靴やスリッパを置いてることもあるんです。
始めてみた時は、~??という感じだったのに、スリッパが床の上にあると、しゃがんでとるのが大変だから、わざわざイスの上に放置する事が当たり前に・・・・。

こちらではネクストオブキーン(患者の第一連絡先)の住所が、よくスペイン、フランスって言うことも多し。
スペインでリタイア生活を送る人も多いらしい。

今日、患者の息子がスペインからお見舞いに来ていて、少し話す。
こちらの年金では生活できない、思い切って生活費の安いスペインにやってきた。
もちろん天気がいいのもあってっと。

ほんと、イギリス物価高すぎやしね~。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-04-03 06:22 | 職場 | Comments(2)

今日のツボ

今日は母の日でした。でも昼から仕事。
一応、義理母(義理父はトニオの弟カップルがドタキャンしたので、ふてくされて来ず)と行きつけのカフェでランチをしてから仕事へ。

投薬、注射はナースの仕事です。
リハビリ整形のメインの注射は抗凝固剤の皮下注をお腹に施行することがおおいのですが・・・。

ある老人男性のお腹を、注射するためにだしました。
お腹に何か書いてあります。
そうです、入れ墨です。こちらではとくに珍しくもありません。
でもね、ちょっとおへその上に横書きで、でかでかと書いてあるんです。
「EMPUTY」(からっぽ)って・・・・・

すみません、なんだか一人で受けたんですが、私だけですか?

PC本体の接続に成功。
でもまだ写真の取り込みはできませ~ん。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-03-27 08:37 | 職場 | Comments(0)

久しぶりの・・・

夜勤でした。

12人の患者を、ナースの私と、ケアアシスタントの助手さんとペアでみます。

その助手さんは派遣のバイトできてたんですが、
元同僚の友人で、あるパーテイであったことがあるらしいのですが。

50才ぐらいの助手さんは、看護学校の1年生で、翌日も夜勤明けから
1日授業に向かうとの事。

こちらでは、子育てを終えてからの40歳代の学生さんも多いのですが、
50歳ぐらいの学生さんもめずらしくはありません。
若い子と混じって、初めは大変だった~と言ってますが、
大分なれてきたとのこと。

日本だったら難しいかも・・・・。
就職の年齢制限が30歳ぐらいですか?

まああと最低10年は子育て中心だし
その間にいろいろ考えて、
50歳ぐらいから何か新しいことにチャレンジ、できたらいいなあ。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-03-22 18:55 | 職場 | Comments(0)