カテゴリ:おでかけ( 148 )

秋とイギリスを感じたロンドン

f0019444_16222762.jpgf0019444_1623167.jpg日本に一時帰国するかなさんに会いに、ロンドンへ。

彼女の仕事が終るまで、ロンドン近郊にすむ友人親子にもあって
グリーンパーク、セントジェームパークとはしご。

こちらに帰ってきてから、肌寒いと思ってたけれど、
なんか日中も風が冷たい。日が照ると少し暖かいけれど、
日陰に入ると、ひんやり。

落ち葉も落ち始めてる。
秋を少し感じるが、いつものように、このまま急降下で冬に突入するのでしょう。

帰りの電車は、線路上の事故?とかで通常1時間かかるところが、
電車の中でめちゃ混みの中、3時間半もいた。(ラッキーな事に座れた)
電車は一つ前の駅で止まり、動く気配もない。
駅員さんもいないし、情報も何もない状態で、たくさんの人が駅に
あふれかえっている。もっと遠いところに帰る人は、さらに大変だったはず。

私たちはその後、バスを利用した。

ほんまイギリスに帰ってきたなと、しみじみ思わされました。
[PR]
by noranorabrighton | 2011-09-02 17:04 | おでかけ | Comments(2)

アイリッシュブレックファースト

f0019444_16533544.jpgホテルで頂いた、アイリッシュブレックファースト。
私はベジタリアン用にしたが、イングリッシュブレックファーストと内容は同じ。
[PR]
by noranorabrighton | 2011-05-25 16:55 | おでかけ | Comments(0)

アイルランドの親戚

義理両親はアイルランド出身で、彼らの世代はとにかく兄弟が多い。

義理母は12人の弟妹がいる。
アイルランドには4ファミリーがいて、2ファミリーはダブリン近郊に住んでいる。

今回はタラ(風と共に去りぬにでてくる)のおばさんファミリーに会いに行った。
最近大腸がんで手術して、まだ抗がん剤治療をしている、義理母の妹ファミリー。

いつも明るいメリーおばさん、ガン治療中とはわからないぐらい元気。
近所に住んでる娘二人、孫もぞろぞろ顔見せにきてくれる。
義理母の弟夫婦も来てくれて、皆でランチ。
アイリッシュシチュー。
クランブルアップル、アイスクリーム。

空港まで送ってくれて、またおいでや~!!と暖かく見送ってくれました。

f0019444_1821156.jpg
子供たちとじゃれるトニオ。アイルランドの子供たちは元気いっぱい。
よくしゃべるわ、動くわで子供らしい。えっちゃん連れてきたら喜びそう。
[PR]
by noranorabrighton | 2011-05-24 18:05 | おでかけ | Comments(0)

アイルランド

こちらに帰ってから早、6日目。旅行前後はバタバタしますなあ。

ヨーロッパデビューはイギリスに来る前に、アイルランドが始めてだった。
しかも友人に誘われた時に、アイランドという国の存在も知らなかった。

それ以来、トニオの両親がアイルランド人だったり、親戚も多いので交流があったりで
私的には5回目のアイルランドの旅になったのだけれど、
アイルランドにはご縁を感じていて、スケート関係、アイルランドという背景から、
アイルランド在住の日本人のお友達ができた。

今回はそのお友達の結婚式だったのだけれど、長いお付き合いの末にご結婚というので
感慨深く、素敵なお式でした。
末永くお幸せに!

アイルランドの首都、ダブリンに着いたのが木曜日の夜。
バスで市内へ。ホテルもセントラルだし、ホテルの人に聞いて、おいしいレストランを聞く。
お店の名前は「SABA」
近所のタイレストランへ。木曜日だけど、すごい混んでる。
f0019444_22223752.jpgf0019444_22285666.jpg
前菜はチキンのソテーピーナッツソース、メインはチキンと野菜のタイカレーとパッタイ。
これだけで二人とも満腹。コーヒーでしめ。
壁を見たら、2007年からアイルランドレストランアワードで2年連続1位のようでした。
カクテルも有名でカクテルのコンクールでも最近1位らしいです。
サービスもよくて、ヨーロッパでありえないお水のサービス、ちょっと飲んでは注いでくれるというのも、してくれた。

おいしいご飯、よいサービス、気分も良く、さらにトニオのテンション上がり、しゃべりまくる。

ダブリンのカフェ、どのお店もめちゃフレンドリーで、前来た時より、洗練されてるイメージ。
ダブリンがんばってました。
[PR]
by noranorabrighton | 2011-05-19 22:37 | おでかけ | Comments(4)

天気が落ち着いても12月21日

うっすらと雪が残ってたり、ところどころ地面が凍ってる感じでも、天候が落ち着いたので、
なかなか会えない知人に会いに行く。

電車で南に50分ぐらい、普通だと1回乗り換え。
行きは乗り継ぎは偶然良かったけれど、帰りは2回乗り換えで、乗り換えにかなり待つ事になる。

電気系統の故障やら、悪天候から引き続いた影響で、かなりの電車がキャンセル、遅れがまだまだある。

こんな状況で、帰省時期なもんで、かなりの人がスーツケースやら、プレゼントを持って、電車は混雑している。

えっちゃんは、ちょっと風邪気味。でも元気。
毎日、「あと何日寝たらクリスマス?」と興奮気味。
どこに行っても、道行く人に「私の誕生日はクリスマスなの!私ってラッキーガールなの!」って言いまくり続ける。今のところ天然ポジティブキャラです。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-12-22 17:57 | おでかけ | Comments(0)

2010年パリ覚書

パリへスケート観戦に行く。
土曜日にえっちゃんのダンス教室からのショーがあったから、金曜日のみの観戦。

木曜日にパリへ行き、土曜日に帰ってくる。

パリにいったら、おいしいものを食べようと思っていると、出発前日に突然お腹を壊し、
当日も胃痛があって、凹み気分で移動。

パリに着き、ホテルに入ってから、パリのユニクロでヒートテックを購入。
クリームビュルレだけでも食ようと食すが、さらに胃がへんな感じ。
パリ在住の友人宅にお呼ばれしていて、胃薬を頂こうと早めにメイルしておくと、胃にやさしいポトフを用意していてくれる。いい人~~!。
ポトフってフランス料理だったのね。知らなかった。
f0019444_1844483.jpg
f0019444_1844297.jpg
胃薬を飲むと、効いたのか、おいしく頂く。手作りのアップルタタンも絶品だった。
フランスの初お宅拝見、かわいいマンションで感心!家具とかすべてが凝ってる感じ。

f0019444_18444915.jpg
f0019444_1845691.jpg
金曜日はアイルランドからの友人と合流し、ホテルでランチ。お肉も食べたかったけれど、胃腸が不調なので、お魚にする。それでもおフランスは何を食べてもおいしい。(2番目の写真は友人の前菜、おフランスは見た目も美しい)

スケート観戦は、日本選手の応援もするが、目の前で見たかったキラコ-ピさんと長洲未来ちゃんが見れて、満足。特にキラコーピ様の美しい笑顔に釘付け!お美しい。
f0019444_18455984.jpg
f0019444_18461563.jpg
日本から応援に来ている日本の方が年々増えている様子。日本から観戦ツアーなる団体ツアーもあるらしい。(2番目の写真は日本の解説者席を撮ってみる。遠くからでも松岡修造さんは熱血オーラを感じる)

今回の旅もトニオのサポートがあってこそ。感謝感謝。
出発前日に日本のカレーライスを山ほど作っておいた。3日間カレーライスだったが、2日目はチップスにカレーをかけて食べたらしい。土曜日のカレーはパスタにかけて食べる。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-11-29 08:47 | おでかけ | Comments(2)

フラメンコ鑑賞

ブライトンにフラメンコのショーが来てたので、えっちゃんと見に行く。

前から、「フラメンコ見に行くで。」と話してたので、「いつフラミンゴ行くの?」とよく聞いてきた。なんどもフラメンコと言っても、フラミンゴと言う。

休憩をはさんでトータル2時間半、がんばって見れた。
静かなパートでは2回ぐらい「もう家かえろう~。」と催促されたけど。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-11-09 05:35 | おでかけ | Comments(0)

相変わらずのオードリー

久しぶりにオードリーに会いに行った。
イギリスに来たばかりの時に、ホームステイしていたところのおばあちゃん。

現在81歳。タバコの長期喫煙の慢性肺疾患で、ぜえぜえいいながら、たばこをふかしている。

老人用専門のマンションに住んでいて、週に1回ヘルパーさんがやってきて、買い物、掃除、お風呂とか手伝ってもらっている。
もちろん、支払いは自己負担。家族がいても、あんまり介入しない。

医療は無料だから、定期的にDrが診察に家までやってきて、投薬は薬局から配達される。
リハビリの物療師も定期的にやってくる。もちろん無料。
肺疾患チームも定期的に、様子を見にやってくる。これも無料。

歩くのがやっとで、外出時は車椅子。
ほとんどお部屋でテレビを見て、時々マンションのラウンジにいって、他の老人とお茶をしたりするくらい。でも自分のペースで暮らしています。

お金がなくても、地域、医療のバックアップがあるから、寝たきり、ボケるギリギリまで、自立して生活できる環境は、いいかなっと思ってしまいます。
日本もシステムが色々変わってきてるから、どうなんでしょうね。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-09-05 06:02 | おでかけ | Comments(2)

ステニングでだじゃれ

車で15分のステニングという村に、友人と落ち合って、カフェめぐりへ。

古いイギリスらしいカフェでランチ。エッグマヨネーズのサンドイッチを頂く。
そこでえっちゃん
「うんこケーキ、まだかな~?」とケラケラ笑いながら言うので
「ご飯食べるところで汚い事いったらあかん!!」と怒ると
「言ってないよ、あんこケーキって言ったよ。」と切り返す。

またもや「チツプスおしり~」とゲラゲラ笑うので、怒ると
「チップスおいし~って言った。」と言う。

怒りながらも、トニオと二人で感心する。知恵がついてきたもんだ。
えっちゃんが初めてダジャレらしき事を言い出した日であった。

友人の4歳の娘っ子と、えっちゃんは仲良く1日過ごし、公園で遊んでから
またお茶して帰る。

同伴していた、日本からやって来てた友人の母から、えっちゃんの大好物のお父さんの手作り梅干を頂き、さらに、私にまで日よけカーディガンまで頂いた。ありがたや、ありがたや。

今日から1週間ほど留守にします。メロンちゃんは動物専門のホテルで2週間過ごす予定です。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-26 14:47 | おでかけ | Comments(2)

ロンドンで歌舞伎

f0019444_18413258.jpgf0019444_18426100.jpg海老蔵さんの歌舞伎がロンドンにやってきた。

こんな機会はめったにないので、えっちゃんを義理両親に預け、トニオと二人で見に行った。

劇場の近くに着いたのは開演1時間前。
オリエンタル系のレストランに入るが、観劇前のお客さんを相手して慣れてるのか、頼んだらすぐ料理が運ばれて、開演前に余裕で入場。

トニオは通訳用のイヤホンを借りたので、私より内容を把握できていた。

舞台に立たれている役者さんたちは、この道を究めておられる方ばかりで、すべての動きが、プロフェッショナル!!
必死で見ていたのか、瞬きする回数も少なくなって、終ってから目が痛かったほど。
海老蔵さん、すんばらしかったです。

トニオは時々、なにかのツボにはまって、涙を流しそうになりながら笑ったりするので、ちょっと恥ずかしかったです。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-06-16 05:22 | おでかけ | Comments(0)