<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

こちらのテレビで

私、ほとんど最近テレビを見てません。

が、久しぶりに見たテレビ、かなり面白かったです。(数ヶ月みてなかった・・・)
3時間見続けました。

こちらのドキュメンタリー番組は、結構おもしろいのですが
その日は
初めの1時間、ダイアナ妃のドキュメンタリー
次の1時間、子供の心を読む男
最後は心臓移植のもの。

子供の心を読む男。月曜日チャンネル5の9時から。
なんとなく見ようと思ったものが、ぐいぐい見入ってしまいました。

ある家族、夫婦、子供3人のうちの次女2歳の夜鳴きがすごく
ほとんど泣いてばかりで、寝ません。何を試みてもだめ。
そして子供の心を読む男デリックが登場。

まずは外で会って、家族に会います。
デリックもちろん家族のこと何も知りません。

「あなたの家、玄関ちゃんとしまらないでしょう、一つの部屋の水漏れで親と女の子二人が一緒の部屋、その女の子二人がおんなじベッドで寝てる、と子供が言ってます。」

結局、その子供は家が汚く、ちゃんと生活環境を整えられない両親のだらしなさに腹を
立てて、泣いてたらしいのです。(ほんとに家は汚く、母親の子供の対応には余裕がありません。)
「ビスケットを与えすぎないでほしい、お母さんみたいに太りたくない、と言ってます。」とか。
その横で言葉が話せない2歳の女の子がうなずいてる~~。

ひょえ~~。
経過状況を見せながら、最後は家がきれいになり、女の子は夜寝るようになるという話です。

いろいろ考えさせられました。
そんな小さい子でもちゃんと親のことみてる~!

そして3つめのテレビ。
心臓移植をした10人に一人は、ドナーの性格に似てくる、手術後の性格の変化が見られ、
心臓自体に独自のメモリー器官がそなわってるのではないか、という話なんです。

ほえ~。

時々はテレビ見よっと。

そんな日の晩御飯。
ローストしたポテトとコジェットとたまねぎ
ローストポーク(市販の焼くだけ)
にんじんのボイル
f0019444_4521729.jpg

[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-29 04:54 | 育児関連 | Comments(2)

楽しい週末

リンクさせてもらっている、在英友達の麗秋さん一家プラスNちゃんが遊びに来てくれました。

金曜日の夜は皆で我が家でごはん。

やきそば
肉団子と野菜の甘酢いため
豚のしょうがやき
サラダ
パプリカ、コジェットのガーリック入りロースト野菜
バーベキュー用味のついたチキングリル(市販)
f0019444_4512875.jpg


ゆっくり用意できない夕食、すべて手早く済ませられるごはんにさせていただきました~。
皆で食べるごはんはとっても楽しかった!!

ロースト野菜は作っておきながら、実はだすのを忘れてしまいました。

そしてお昼前につくっておいた肉団子、私が居ない隙にまたもやトニオが盗み食い。
3分の1も食べたんですよ。
かなり切れ、トニオー!!!と階段下から2回に向かって
雄たけびをあげさせて頂きました。
「晩御飯用やったん??」と相変わらず何も考えず、手を出したらしい。

翌日朝は仕事だったんですが、仕事後に合流、海辺をお散歩。

その日のばんごはんは
ざるそば
ロースト野菜(昨日の残り)
ツナとトマトサラダ
さんまの蒲焼を入れた玉子焼き
家にあるもんで~
こんな感じのものをだしました。(写真撮り忘れ)

麗秋さんのお嬢をみるのは3ヶ月ぶり。
それでもすんごい成長していて、びっくりたまげた~!
またまた次回会えるのが楽しみです。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-29 04:31 | ごはん | Comments(1)

病院財政困難、無理な改正

うちの職場、最近行くたびに状況が変わってます。

こないだまでは個室が多い隣の病棟と、うちの病棟の場所交換を言ってて、
ベッド数減少に伴い、3人他病棟に移ってくれとボスが聞きまわってたのですが・・・。

その話はどこにいったやら、
隣の病棟、閉鎖になるらしいです。

チェチェスター方面の病院も一つ閉鎖になるらしく、
その分、患者をカバーしなくてはいけなくなるだろうし
ベッド数も足りないようになっていくだろうし、今後どうなっていくのでしょうか・・・?

今のところ、思いつきでばんばん行政を変えていっているようにしかみえません・・・。

今後どうなることやら~(かなり人事・・・だってこっちのやり方、想像もできない成り行きになるから、ちょっとどう展開するか楽しみだったりもする。)

首になってもなるようになるさ~とちょっとわくわくしたりもする。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-22 04:46 | 職場 | Comments(1)

NHS財政困難

土曜日は早出で、患者17人をナース4人で看ました。

有資格者ばかりだと何事もスムーズにいって、和気あいあいとお仕事。
私以外は、3人フィリピン人。
タガログ語もばんばんでまくり。

彼らの現在の話題は、コントラクトが切れたら首切られるかも~という話。
私の勤めるNHSはかなりの赤字。
それに伴って、ベッド数を減らしてきてます。
うちもベッド数が減って、スタッフが多め。
うちの病棟から本院に3人移動してほしいとボスは聞いて回ってます。

数人のフィリピン人は数年契約の人も多くて。
皆ビビッてます~。

母も無事に日本に帰りました。
季節もよかったし、楽しんだ様子です。

また普段の生活に戻ろうとしています。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-20 04:53 | 職場 | Comments(2)

ロンドン1泊今回は幼児連れ6月8,9日

パリから帰った翌日はのんびりし、8日からロンドンへ。

お昼はぶどうパン、チーズを持参。

母、バッキンガム宮殿の兵隊交代に儀式を見に人ごみの中へ。
私と17ヶ月の娘は公園で母を待つ。

母帰ってくるなり「気がついたら一番前の一番いい場所に行ってたわ~」
(自分でぐいぐいいったに違いない)
しっかり見れてご機嫌。

昼からラッセルスクエアのホテルへ移動。荷物を置く。
(娘用にコッドベッドを用意していてもらったが、きつきつベッドで
赤ちゃん用なので、ツインのベッドで私と添い寝することになる。偶然、子供用ベッド代を
請求されなくて済み、ラッキーだった。)

夕方から大英博物館へ。
えっちゃんの両手をもってひたすら歩かせる。
博物館の従業員も博物館にわざわざ歩かせにきてるのか?と疑問に思われてたことでしょう。
夕食はその中のカフェで軽くすませる。

母は残り、私はホテルへ。
夜の8時過ぎに、母帰ってくるなり「ミイラとか気色悪かったわ~」と。
一人で夜の博物館は勇気ありますわ。

夜はかなり暑く寝苦しい夜ではあった。
寒がりの母でもベッドカバー1枚をかけて寝れるぐらいだった。
(シーツと毛布の上に寝てたのは朝気がついたらしい。自分はてっきり
毛布の中で寝ていたと勘違いしていたらしい。)

翌日はケンジントン宮殿へ。
ダイアナ妃が昔住んでいたという宮殿。
そこもひたすら娘の両手をもって歩かされる。しかも彼女がいきたいところをひたすら歩く。
右、左といきたいところに手に重心をうつして、かじをとるのです・・・。

昼は日本食。
母はチキンカツ定食。私はなすびの揚げびたし定食。
そしてアイスクリームを道の途中で買い食い。

この日は猛暑。
暑さだけでも疲れ、そのまま家に帰ることになる。

地下鉄にのり、ビクトリアステーションへ。
・・・・・。
気がつけば母のリュックの中の化粧ポーチ、めがね、パジャマの下がない!

母、地下鉄でスリにあった様子・・・・・。

母、スリにあったことも気がつかなかったのが、どうもショックであった。
でも私がえっちゃんを抱えて、彼女がバギーをもって、みんなでもたもたしてたもんだから
狙われもするな~と納得してしまいました。
でも子供との地下鉄怖すぎ。高所恐怖症の私には。
えっちゃんを抱えて高ーいエレベーターをのって降りてるときには
足ががくがくでした・・・・。
親子ずれで行くならビクトリアステーションから歩いてピカデリーサーカスら辺までか
ロンドンブリッジ周辺までしかもういけませ~んと決意しました。

暑さでどうもやる気なく、写真はとらずじまい。
この日の晩御飯も何食べたのか、思い出せない~。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-16 07:19 | おでかけ | Comments(0)

パリ4日目覚え書き

朝早起きし、ホテルはチェックアウトして、ベルサイユ宮殿に向かう。
(入場券はパリについてから、本屋さんにあるチケット売り場で入場券を購入。)

朝ごはんは宮殿の近所のカフェで。
カフェラッテとクロワッサン。
これがなかなかおいしかった~。母もご満足。
給仕のおじさんは怖そうなようで、心遣いバッチリ。
f0019444_634254.jpg


9時オープンの宮殿には8時45分ぐらいにつくが一番乗り。
パリに着てからずっとラ・セーヌの星の主題歌が頭を回っており、
ベルサイユでも、ラ,ラ,ラセーヌのほし~と口ずさんでいる。
f0019444_64821.jpg

ベルサイユの帰りにもまた朝寄ったカフェでラッテ、母はアイスクリームを食べる。
給仕のおじさん、ちゃんと覚えてくれて、入るなり遠くから手を振ってくれる。

パリ北駅に向かい、駅にあるレストランでお昼をいただく。
f0019444_644977.jpg

私はポークリブ、母はサーモン。
駅のレストラン、あんまりおいしくなかった・・・・。

15時19分のユーロスターでロンドンへ。
夕方に自宅着。

義理母がね、晩御飯作っておいてってくれたのですよ。
いい人やわ~。(私ら遊んで帰ってきたのにねえ、・・・汗)
(写真撮り忘れ)
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-12 06:08 | おでかけ | Comments(2)

パリ3日目覚え書き

午前中はノートルダム寺院観光予定でホテルを出発。
寺院はホテルから歩いていける距離。

途中見つけたパン屋さんで朝ごはん。
りんご煮が入ったパンとチョコレートクロワッサンを母と半分ずっこ、そしてカフェラッテ。
お値段はトータル1000円弱。(また昨日のリプトン紅茶を思い出す。くやし~。)
f0019444_543855.jpg



ノートルダムを見てから歩いて百貨店のプランタンを目指す。
くたくたになりながら到着。

昼はプランタンの屋上の食堂っぽいレストラン。
野菜とチキンをいためたピカタ(といってた)、サラダ、パン、テイラミスをいただく。
味よりも見晴らしがよいのでマル。
(写真はまた次回)

プランタンをうろうろした後、ホテル近くのカフェでお茶。
カフェラッテとラズベリータルトをいただく。酸味の利いた甘さっぱりテイストに疲れた体が少し癒されました。(写真なし)

ホテルに戻り、少し休憩してから夕食を食べに。
ガイドブックにのってたホテル近くのレストランを目指すが、それでも遠く感じ
通りすがりの店へ。
英語メニューもあり、給仕さんがダステインホフマンに似ていて、親切でマル。
母はステーキとマッシュポテトを揚げたようなものが添えてある。
私は牛肉のグリルのブラックペッパーソースかけ。
私のはフライドポテトがついていて、そのポテトがおいしかったこと!
(お肉もおいしかったですが、普通のおいしさ程度でした)とにかくポテトが絶品で
お肉の印象が薄くなりました。
f0019444_5454753.jpg


帰り道ではクレープのマロンソース入りを買い食い。
写真はセントサンジェルマンデプレ教会(パリで一番古い教会)をバックに。

f0019444_549304.jpg

満腹のまま就寝・・・・。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-12 05:49 | おでかけ | Comments(0)

パリ2日目覚え書き

朝は近所のパン屋でパンを買いこみ、立ち食い・・・・。
f0019444_6195145.jpg


そしてレストラン?みたいなカフェみたいなところで紅茶を飲む、が・・・・
観光客メインの高いお店だったようで
サービスももう一つの上、
リプトンの紅茶だけで1500円ぐらいとられる・・・・。
そのときはピンとこなかったのですが。
オルセー美術館の近くです。

そしてオルセー美術館で半日過ごす。
母のガイドブック通りに、これだけは見逃せないというものだけチャッチャッとみても
半日かかりました。

でももと駅だったという美術館、真ん中が吹き抜けで、その周りにうまく見れるスペースをつくってたり、階段の両脇から下が見れそうな場所もあり、高所恐怖症の私にはかなり恐ろしい場所でした。

お昼はルーブル美術館に向かい、敷地内のいろんなお店が集まってるスペースに行き、
クスクス料理をいただく。
f0019444_6281834.jpg


半日かけてルーブルを見学、といってもガイドブックの中の、
これおすすめっというものをサクッとみただけ。
とっても広くてじっくりみるとなるとどのくらいかかるのだろうか・・・・。

カフェでラッテとビスケットを食べてから
昨日のお歌のM子さんと合流して晩御飯をご一緒となる。

M子さんの知り合いから聞いたお店。
ワインバー件晩御飯を食べれる、小さなお店。
オーナー?給仕さんが人のいいおじちゃんで
私たちがお酒を飲めないというと、ジュースサービスしたるから飲みなさいって
サービスでくれるし、
私だけメインしか頼まないと
皆が前菜食べてる間暇やろうから、周りと一緒の前菜少しだけサービスしとくわって
私まで前菜くれるし~。
f0019444_63358100.jpg

私はラムがメインでした。
母は魚、M子さんはほろほろ鳥。
前菜、メイン、デザートの3コースで16ユーロ(2200円くらい?ここでまた高かった朝の紅茶を思い出し腹ただしく思いました。)
とお値段がかなり安め!
くるみパンみたいなパンもとってもおいしく、
なにいってもおじちゃんのひとのよさ、フランス語ができなくても伝わってきました~。
f0019444_6381050.jpg
f0019444_6383966.jpg


今日も朝から晩までフル活動がんばりました~。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-10 06:40 | おでかけ | Comments(5)

パリWith母1日目覚え書き

ユーロスターでパリへ。
えっちゃんは今回はトニオと義理両親のお世話になる。

朝ごはんはこちらのぶどうパンにチーズを持参。
パリ北駅に着き、地下鉄の確認で私が地図を見ている間、母ぼ~と立っていると、さっそく
親切な日本人の男性とフランス人の妻、子供連れに母に「大丈夫ですか~?」と
救助されそうになる。

サンジェルマンデプレと、今回はとってもセントラルな友達お勧めの
隠れ家的ホテルに直行。

が、浴槽がついてなく、早速クレームをして翌日から部屋を変えてもらうことになった。
よかった・・・。
そして1階で受付の人の声がうるさく寝れなかったので、本当に翌日から部屋を変えてもらってよかった・・・。
2日目からのお部屋はこんな感じ。
f0019444_5532965.jpg


お昼は駅近くの有名カフェで。
サラダとキッシュ。やっぱりフランス語なれなくて、なに頼んでいいかわからず
あたりさわらずという感じのものを頼む。
給仕さん、キビキビ働き、ぜひこちらの人に見せてあげたい。
f0019444_5554683.jpg


とにかくおフランスは皆さんおしゃれ。
うちの母さえも言う「ちょっとお下品な人がおおいねえ」ぐらい、私の住んでる町の人たちは
ジャージ来てたり、露出度が多かったり。

ランチを終え、早速凱旋門、シャンゼリゼ、エッフェル塔の観光。
お茶とトイレ休憩に入ったカフェが偶然にもマカロンで有名なカフェ。
とっても素敵でお値段もそれなりでおいしいカフェでございました。
マカロンだけ頼んだつもりだったのに、アイスクリームの項目からだったようで
アイスクリームとマカロンが来てしまいました。ああフランス語難しい。
f0019444_6102362.jpg


その後、エッフェル塔からグランパリまで歩く、歩く。
母、初めから飛ばしまくり。

晩御飯はあっさりでうどん屋さんへ。
久しぶりの冷やしうどん。コシが強く、久しぶりにあごが痛くなるほど。
f0019444_622713.jpg


その後、パリ在住のM子さんが歌っているレストランへ歌を聴きに。
f0019444_634825.jpg

このピアノの演奏で歌ってられたのですが、ぐったり疲れていた心身に
美しい歌声にはとっても癒され、疲れが幾分か軽くなりました~。
すばらしいひと時をありがとうございました~。

11時近くに帰宅、就寝。
母、「寝れへんかったらどうしよ~」といいつつ、すぐに爆眠。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-07 06:13 | おでかけ | Comments(5)

母到着

昨日、母がコリアンエアラインで無事到着しました。

2回目やったし、余裕のよっちゃんやったわ~(死語)!!
とハイテンションでやってきました。

母、睡眠薬を飲んで、夜11時就寝。

朝4時にドスンーンと大きな音で目が覚める。

母の部屋から「イタタタ・・・」

ベッドから落ちてました。

でも無傷でした・・・・。

初日からこんな調子でしたが、町をぶらぶらしたり、と2日間過ごし
明日からパリに3泊です。

いってきまーす・・・。
[PR]
by noranorabrighton | 2006-06-03 02:48 | お知らせ | Comments(3)