<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ホメオパシーその後

年末と今年に入ってから、風邪をひき、ホメオパシーのお世話になりまくりました。

というか、その時々の症状に対して、効きそうなレメデイー(小さな砂糖玉に、症状にあわせた物質の希釈液がしみこませてあります)を口に入れるだけ。

まだ、何が何に効くか、よくわからないので
ためし使いで、ちょっと頭痛がすれば、このレメデイー。
ちょっと喉が痛い、また違うレメデイーと、本を見ながら。

即効性はわからなかったのですが、
気がつけば症状が治まってる、または軽減している(1~2時間以内で)、というのが全体的な感想。
特に、咽頭痛時に、喉の左側が特に痛いときに使うレメデイーを使ったら、喉痛左側は2時間内には消失とかして、効果がわかりやすかったです。

レメデイーが症状を治すのではなくて、
レメデイーが自分の体に、治すようにがんばれ~と背中押しをしてくれるらしく、
言えば、自然治癒力のバックアップをして、
結果的に、自分自身の力でその症状を治すことになるんです。

葛根湯は2日は併用して飲みましたが、あとは他の風邪薬も使用せずでした。
[PR]
by noranorabrighton | 2007-01-30 18:46 | ロハス | Comments(3)

洗濯洗剤

f0019444_18551919.jpg

こちらで、エコ的な洗剤といえば、エコバーが有名。
環境にはやさしいが、経済的にはかなりコスト高。
1,5Lで20回ぐらい使える液体洗剤が1000円ぐらい。
だからなかなか買えずにいました。

ところが、大型スーパーテスコで、自社ブランドの
ナチュラル洗剤というものを発見!

量は同じで半額ぐらい。
使い出しましたが、特に問題なし。

洗剤を使わないエコボールも、今後考慮しながら
当分これで行くと思います。
[PR]
by noranorabrighton | 2007-01-28 19:08 | ロハス | Comments(6)

各勤務の人員数の削減!


私の勤める、国営病院の財政困難は深刻・・・。
いろんな策をねっては、先のことは考えてるのか?という疑問もありながら
体勢をころころ変えていってます。

そして、またもや難儀なおたっし。

現在17床で、朝7時半から昼2時前後まで、平均ナース3人、助手3人(トータル6人)
昼から夜8時までナース2人、助手2人(トータル4人)
夜勤ナース2人、助手一人(トータル3人)で働いています。

それがですね・・・
2月5日から
朝トータル5人
昼からトータル3人
夜勤トータル2人
になるそうです。

17床といっても、全員の清拭、着替えさせ、イスに座らせ、
昼過ぎには、またベットに戻し、
夕方にはまたパジャマに着替えさせ・・・。
その上、何事にもスムーズにすすまない、各部署とのやりとり、入院退院の処理・・・。

今でも大忙しなんですよ。

そして人数が減っても、時々スタッフの病欠があるし
そうなれば、一人ナースでチャージしていくことも多々ありえるだろうし。

さらに、患者の対応の質もがた落ちになるのは目に見えてます。

それに学生さんも実習にくるから、彼らにかまってもあげれるだろうか・・・。

昨日、婦長さんからこのお話をしてもらったんだけど
「当分、夜は、夜勤固定の人でいけそうだから、夜勤はあげられないから、ごめんね~」と。
別に希望はしてなかったので、私はいいのだけれど。

夜勤固定外の人で、子供の加減で、夜勤の日を希望する人が数人いるから
その人たちは大変だろうと思ったんだけど。

心身ともに大変な職場になりそうです・・・。といってもまだパートだからましだけど。
[PR]
by noranorabrighton | 2007-01-27 17:47 | 職場 | Comments(2)

リバプール3泊

2日目、マッキーは一人マンチェスターへ。

トニオは仕事だし、昨日は大変だったし、私とえっちゃんはのんびりときめこむ。
どうせ義理母の妹と過ごす事だし、彼女にも予定を合わせようと思い。

昼から、近所に住む、彼女の弟夫婦の家へ連れて行かれる。
でもそこはペニーレインといって、
ビートルズが育った有名な場所。
ここら辺で、育ったのね~と思いながら、イギリスの普通の町でした。

ランチは昨日の残りという、スカウスシチューをいただいたものの、
えっちゃんのご飯時は早いので、作りましょうか~?と提案してみると、
好きにして~ということで、彼女の家にあるものでオムレツを作る。
夕食は、皆で、オムレツとブロッコリーのボイルとパン。(私作)

こちらの他人の家で滞在するときは、ごはんも作ってくれる人もいるし、
勝手にして~という人もいるし、加減がまだわからないが、
今回はかなり、勝手にさせてもらいました。

3日目はトニオも休みだし、皆で観光。
f0019444_6574327.jpg

でも寒かった・・・・。
f0019444_657923.jpg


海辺に向かったものの、途中で挫折。
ビートルズミュウジアムもいけず、代わりにアートギャラリーへ。

絵を見ながら、トニオとえっちゃん、追いかけっこなどして
堪能している。
f0019444_6563121.jpg


その日のランチは、幼児フレンドリーなレストランがわからず、
チェーンのウイザースプーンへ。
トニオはシザーサラダ、私はラザニア。えっちゃんはやはりチップスをわしわしと。

夜は、トニオのいとこのカップルの家で
中華の出前をごちそうになりました。
えっちゃんは、プラウンクラッカーをぼりぼりと。
f0019444_714173.jpg


外出時の幼児のごはんは難しかったです・・・。特に食べむら、食わず嫌いの激しい時期には・・・。とにかく果物、パン、チーズが非常食でした。

翌日、トニオはエジンバラへ。
私たちは義理母の妹の娘宅によってから、ブライトンへ。
今回はスムーズに帰れたのでした・・・・。

お昼はコーニッシュパーステイ。えっちゃんには拒否され、パンやら果物。
夜はビクトリアの日本食の売店で、すし、おにぎり、焼きそばを。
[PR]
by noranorabrighton | 2007-01-23 07:05 | おでかけ | Comments(3)

嵐の中、リバプールへ1日目

最近、日本から年に2回は訪れる、元同僚のマッキー。

今回は、トニオの出張に便乗して、リバプールに行こうと
日程を合わせて来英。

彼は、17日木曜日着。
18日、朝リバプールへ出発でした。チケットは前もって購入すると
往復6千円ぐらい。時間帯、直前買いだと、3万円するときもあるので、
早めに購入することをお勧めします。

ロンドンまで家から近い駅から1時間。
地下鉄4駅乗ってから、別の駅から2時間半でリバプールという日程でした。

ところが・・・・。
17年来のひどいストームが、お昼頃にイギリス北部を直撃。
ロンドンからの電車はほとんどキャンセル・・・。
とにかく線路の上に、木が倒れてる路線が多かったのです。

でもトニオは翌日仕事で、とにかく行かなくてはなりません。

リバプールは北西。動いてる電車を見つけて地下鉄で違う駅に行き、とにかく乗り込みました。
まずは北に向かい、マンチェスターとロンドンの間のダービーへ。

幸い、えっちゃんには、くだものやら、パンやらお昼になるようなものは持参してたので助かりました。

風がきついので、速度も制限されてて、普段すぐいけそうなところを3時間かかりましたが、
ダービーからもリバプールへの線はキャンセルです。

ダービーからシェフィールドへ。
シェフィールドの駅の、スーパーM&Sで、いざという時用食料少し買出し、バーガーキングで夕食。
えっちゃん、M&Sで買った、ヘルシーそうなごはんには目もくれず、フライドポテトを、わしわしと食べる。

その後、マンチェスターへ。それも2両の鈍行。
f0019444_6284196.jpg

そして最後にリバプールへ。

義理母の妹宅に着いたのは、夜の10時半。
家を出てから、12時間はたってました~。

普段から風がきついので、わりとお気楽に考えてたのですが、
翌日のニュースでは死者8名。
かなりひどかったようです。

えっちゃんも大泣きせず、なんとかがんばって付いて来てくれました。
[PR]
by noranorabrighton | 2007-01-23 06:32 | おでかけ | Comments(0)

子供は正直

トニオが上半身裸でアイロンをかけていた。

自営業になり、夜の盗み食いも続いている今、以前より5キロほどの体重増加があるらしいと聞いていたが・・・・。

うーん、なんかぽっちゃりしてきたかな~?
胸もなんとなく、ちょっとふくよかチックかな~?
と思っていた。

すると、

2歳になったばかりのえっちゃん、
トニオの胸に指をさし、
「ブービー(おっぱい)、ブービー」といい続けるのであった。

トニオ、ショックは隠せない・・・・。
翌日、エクセサイズ(通信販売でクリスマスに購入したヨガ&フィットネス)
に気合が入ってましたよ。

がんばれトニオ。
でも夜の盗み食いはほどほどにしてね。
(3日前は、ぶどうパン6個のうち、4つとクリスプスとか食べてるし)
[PR]
by noranorabrighton | 2007-01-17 18:42 | 育児関連 | Comments(1)

なんちゃってぜんざい

今までぜんざい、あんこを作る時は、乾燥大豆を一晩水につけてからはじめてた。

セインズべりーという大型スーパーで、あずきの水煮缶発見!

400グラムの缶で正味250グラムぐらいの大豆。
水を200ml入れて、砂糖大さじ2、蜂蜜大さじ2、塩ちょっと。
10~15分煮ました。

おもちの代用は、もち粉を水でねって、団子にして、お湯でゆがきます。

団子を入れて、なんちゃってぜんざい完成!。

ちょっとしか煮てないから、豆自体はそんなあまくならなくて、
あずきのにがさがちょっと気になるけど、代用にはなります。

簡単ぜんざい、いいかも~。
f0019444_6122082.jpg

[PR]
by noranorabrighton | 2007-01-16 23:15 | こんなんみつけました | Comments(0)

スキンケアの違い

スキンケアに関しては
クレンジング
洗顔
化粧水(保湿)
クリーム(栄養)
というのがてっきり基本と思っていた。

そしてずぼらな私は、化粧水とクリームが一緒になった、洗顔後にぱっと一つつけて
お手入れが終わるような商品を探していた。

日本にはそれに美容液、化粧下地をかねた多機能ゲルというのが
人気らしいが、お値段もまあまあはるのである。

昨夜、オーストラリア人との夜勤であった。
52歳でもまあまあお肌はきれい。

聞いてみると、洗顔後、化粧水は使ったことがなく、クリームだけというのです。

その後、ショップなどで商品をみてみると、
どうやらこっちの化粧水は、
洗顔後のまだ残った汚れをふきとるという、(したい人がする)ふき取り化粧水がメインらしい。

クリームも、すべて、洗顔後のきれいな、乾燥した状態でぬってくださいとある。

どれも、化粧水でお肌を整えてから塗ってくださいとは書いてない。

こちらは
ふき取りのクリームクレンジングがおおいので
ふき取り化粧水もあるのでしょうか。
ああ~今までふきとり化粧水を、保湿と思って、バシャバシャ使ってたのか~?

そのようなので、こちらは洗顔、クリームの2ステップでもいけるみたい・・・。

当分、試してみます。簡単で効果があるのが一番!!
[PR]
by noranorabrighton | 2007-01-15 18:04 | イギリスでの美容 | Comments(4)

布オムツ考察その2

使いだして感じたことですが・・・・、
とにかく紙おむつが、いかに水分を吸収するか、を実感。

紙おむつだと1日6枚ぐらいの利用率。
布だと、2時間毎のチェック、おむつ交換は紙の2倍ぐらいの率。

洗濯はあんまり苦になりません。
うちはバケツが2つあるので、
ひとつに使った布おむつを入れて、お水をいれ、ゴム手袋で押し洗い、
もう一つのバケツにうつします。

汚れた水はトイレに流します。

オムツの入ったバケツに水をいれ、
おしっこだけだと、酢をどぼっと適当に入れて、ふたをしめ、放置。
もしウンチをしたなら、そこに重曹とラベンダーオイルかテイートリーオイルを数的いれます。
使ってて、ラベンダーの方が、気分がいいです。
これらのアロマオイルには抗菌などの効果があります。

夜、すべてのオムツを使い終わったら、
軽く、ゆすぎ、洗濯機へ。

うちは乾燥機はあるので、乾燥機で半乾きにしてから、干します。
そうでないと、乾燥機を使わないまま干すと、
半日では乾きません。
ヒーターの上におくのもいいけれども、生地が傷むような気がして。

日本だったら、天気が悪くてもすぐ乾きそうだけれども
こちらでは自然乾燥は難しいかも。

そういう面では、60x60センチのタオル生地布1枚のオムツは乾きやすいし、
とにかく、さわり心地が最高。
折る手間はあるものの、使ってて、これが一番いいような気がします。
吸収もなんだか、オムツ型(インナーとかいっぱい入れているわりに)よりいい感じ。
オムツ型はインナーとかいれるので、布1枚よりもっともこもこしてる感じ。

オムツ型の布オムツは、装着が簡単だけど、布1枚より乾きが遅いのと
肌さわりが布1枚のより劣ります。
外出時にはいいかも。

布オムツの欠点ですが、
装着準備に手間がかかる。
紙おむつより、もこもこしてるので、ぴっちりサイズのズボンがきつくてはけなくなります。
寝かしておむつ交換が必要。(オムツ型布オムツは立ちながらでも、おむつ交換OK)
外出時、荷物が多少増える。
洗濯要。
特に、夏場は蒸れるかも。(少ししてから、蒸れ防止のライナーを購入、これでかぶれもなくなりました)

長点
ごみが減って、環境によい。
お肌(紙おむつのケミカルを考えると)、体にいい。
経済的。

また気がつけば報告します。
[PR]
by noranorabrighton | 2007-01-12 02:04 | 育児関連 | Comments(0)

布オムツ考察その1

今のところ、お昼は布オムツ、夜のみ紙オムツ使用。

日本は昔、さらしみたいな輪オムツを使ってたようなイメージが・・・・。

こちらのインターネットで見ると、いろんなタイプがあって、
2タイプをオーダー。

60X60センチのタオル地5枚
オムツカバー2枚
ライナー6枚
オムツ留め
f0019444_1945844.jpg

f0019444_1955326.jpg


オムツ型の布オムツ3枚(新生児から幼児まで使える用)
オムツ型用ライナー2枚
余分にライナー他4枚
自分でタオルから作ったライナー2枚
薄めのタオル生地60X604枚
f0019444_1982053.jpg


布のお尻拭きもオーダー
f0019444_19104560.jpg

トータルで1万2千円ぐらいでしょうか。
紙おむつを毎日使うと、月3千円ぐらい使っていることになります。

まずはお尻をふいて
タオル地の場合、月齢によってたたみ方が違うのですが、まず月齢にあったたたみ方をして、
ライナーをひいて、準備。
f0019444_19125022.jpg

f0019444_1913519.jpg

f0019444_191333100.jpg

オムツをあてて、オムツ留めで留め、
オムツカバーをあてる。
f0019444_1914209.jpg

f0019444_1914409.jpg


オムツ型は、インナー、ライナーをひいてあて、スナップで固定。
オムツカバーをつけます。
[PR]
by noranorabrighton | 2007-01-10 19:16 | 育児関連 | Comments(3)