<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ステニングでだじゃれ

車で15分のステニングという村に、友人と落ち合って、カフェめぐりへ。

古いイギリスらしいカフェでランチ。エッグマヨネーズのサンドイッチを頂く。
そこでえっちゃん
「うんこケーキ、まだかな~?」とケラケラ笑いながら言うので
「ご飯食べるところで汚い事いったらあかん!!」と怒ると
「言ってないよ、あんこケーキって言ったよ。」と切り返す。

またもや「チツプスおしり~」とゲラゲラ笑うので、怒ると
「チップスおいし~って言った。」と言う。

怒りながらも、トニオと二人で感心する。知恵がついてきたもんだ。
えっちゃんが初めてダジャレらしき事を言い出した日であった。

友人の4歳の娘っ子と、えっちゃんは仲良く1日過ごし、公園で遊んでから
またお茶して帰る。

同伴していた、日本からやって来てた友人の母から、えっちゃんの大好物のお父さんの手作り梅干を頂き、さらに、私にまで日よけカーディガンまで頂いた。ありがたや、ありがたや。

今日から1週間ほど留守にします。メロンちゃんは動物専門のホテルで2週間過ごす予定です。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-26 14:47 | おでかけ | Comments(2)

えっちゃん、1学年終了。夏休み始まる。

あっという間の1年。わからん事ばかりだったけれど、なんとか終了。
こちらの最後の日は、日本みたいに終業式なぞなかっって、普通に終了。
未だにしきたりとかわからないから、一応、先生たちにありがとうカードは渡してみた。

クラスのお母さんの一人が、どうやらいろいろと仕切ってくれてるみたいで、
クラスの両親からお金を集めて、先生たちにプレゼントを買って渡してくれた。
1学年1クラスしかない学校なので、あと6年のお付き合いだけど、
率先して行動してくれるお母さんがいるので、これからも心強い。

えっちゃんも、毎日の集団生活で成長した。
一人で着替えができるようになったし、英語の発音(ホニックス)も勉強したし、
規則正しい日常生活が身についたし、少しは理解力が向上したし、
夜のオムツがとれたし、楽しく学校に通えて、少しはもののいいこと、悪い事の区別も理解しつつある。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-25 15:41 | 育児関連 | Comments(0)

2日間の研修

何とか終った!仕事場からの研修コース、アドバンス蘇生のコース。
これを受ければ、Drが来るまでの蘇生に関して、自分で判断、対応して注射、気道確保、ショックまで与えれるというもの。

新しい気道チューブができて、私たちでも気道への挿菅ができるのです。

何度も、ロールプレイというか、人形(脈、血圧、心電図がとれる)を目の前に、自分が指示、先生ががんがん質問してくるというのを何度も繰り返す。
緊張するし、症状に対していろんなパターンがあるので、もう大変だった。あせってるから、先生の言う事も何度も聞き返さなければならないし。恥ずかしい瞬間も何度もあった。

が、実習もパスして、ペーパーテストもなんとかパスした・・・。
うれしいけれど、これから仕事場では、ブリープホルダーといって、
患者さん急変時のクラッシュコールをうけるど、病院内どこでも飛んでいかなければならなくなる。自分の仕事だけでも余裕がないのに、そんなことができるのだろうか・・・・。
(泣)

とにかく、えっちゃんの学校も終ったし、彼女に便乗して私も2週間ちょっとのホリデーに入るので、仕事のことは当分忘れます。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-23 15:39 | 職場 | Comments(0)

同い年の看護学生さん

今日は3時半までの仕事で、一人の看護学生と一緒だった。
同い年とわかったが、子供はもう22歳で、お孫さんが二人もいるとのこと・・・・。

仕事場自体はこれから3週間のお休みです。水、木曜日に2日間、研修でアドバンス蘇生コースに参加予定。かなりびびってますが、仕事からなので、やらねばなりません。これが無事終れば、ホリデームードになれそうです。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-20 02:45 | 職場 | Comments(0)

今週の仕事

仕事場では、今、看護学生さんは二人。
二人とも30代ぐらいの女性で、子育てしながら。えらいわ~。

相変わらずいい天気が続いてるので、同僚の皆さんは暑い暑いと動作も緩慢。
それでも汗もかかないほど、私には涼しくて快適なぐらいなのに。
暑いといって、病棟内の電気も消し、暗くして、少しでも涼しくしようとしている。(いや暑くないのに)
この天気だから、頭痛がする・・・、だるい・・・と同僚の不定愁訴も多い。
その割には、天気だと焼けたくなるのか、天気のいい今年の日焼け度はすごく、みないい色に焼けている。40-50代の主婦が多いのに、顔もかなり焼いてるし、シミソバカス、老化と私が心配するぐらいだ。

久しぶりに派遣で時間外で自分の病棟にバイトにもいったが、隣の病棟が2人も病欠で、隣の病棟に回された。
オペ前後の整形外科の患者さんたちの看護である。なれないが、お昼の2時までだったので、前日のオペ後患者さん7人と、マイナーな日帰り手術の患者さん一人だったので、なんとか終える。
その日帰り手術の患者さんはポルトガル人で、手術後「お水飲みますか?」と聞いたら「紅茶ください~。」と言うので、イギリスに長く住んで、紅茶なしには過ごせないね~って盛り上がる?というか、お互い和む。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-18 16:33 | 職場 | Comments(0)

メロンちゃん叫ぶ

犬猫用の移動用のキャリヤーを購入し、メロンちゃんを獣医のところまで連れて行く。
初めての事だから、メロンちゃんはびくびくして、病院の待合室に入ったところから、警戒の足たたきをはじめる。
後ろ足はでかいから、パン!パン!と大きな音が響きわたる。

「メロン~はいますか~。」と獣医に呼ばれる。

診察台にでたのはいいが、獣医さんが首をつかもうとしたらぎゃ~!!と叫んだのである。うさぎの雄たけびを聞いたのは初めてだったので、かなりどん引きした。

獣医さんもびっくりして、手を放し、メロンちゃんは診察室内をピョンピョンかけまくり、「とりあえずキャリヤーの中へ入れましょう」ということで、彼を追い詰めて、やっとキャリヤーの中へ。

キャリヤーの上をはずし、タオルをまいて動かないようにし、首に予防接種が打たれる。

待合室では警戒足踏みがおさまらず、家に帰ってからはずっとかくれ、私を見ると逃げるという始末。翌日には大丈夫だったけれど。

お値段19,95ポンドなり。2週間後にもう1回予防接種予定・・・・。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-15 04:26 | うさぎ | Comments(0)

メロンちゃんの宿探し。

7月末の一週間、留守にするので、うさぎのメロンちゃんのお世話を、トニオの友人が預かってくれると言ってくれてた、がっ、先週に「ごめん~用事入ったから~」と断わられた・・・・。

家に通ってメロンちゃんの世話をしてあげるよ~という人もいるが、もし万が一、ゲートを閉め忘れてたものなら、家が崩壊する・・・・危険性が大なのである。

動物愛護大国イギリスなら、うさぎさんのたちのお宿もたくさんあるはず!と探してみた。
車で30分以内で5件ぐらい、小動物を預かってくれる、動物専門の宿があった。

そのうちの一つを見学に行く。
f0019444_4262886.jpg猫犬専用の建物の他、お庭には、うさぎ専用のお家とケージが・・・。ここに決めて、予約しました。
1日5ポンド。これで一安心。私たちもホリデーですが、メロンちゃんにとってもホリデーになりそうな環境です。

念のため、ウイルス感染予防の注射を月曜日にする予定。初めての獣医体験です。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-12 04:31 | うさぎ | Comments(0)

冷凍のサーディーン

先日、食料の買出しで大型スーパーテスコでツナ缶を物色していた。
ツナ缶を手にとってみていると、隣のおじいさんが話かけてきた。

「お魚好きなんでしょ?これお勧めよ。」と自分のカートから冷凍の魚のパックを見せる。
「パン粉つけて、バターで焼いたら、サイコーにおいしいよ。」と教えてくれる。

そんなにおいしいのなら、とすぐさま冷凍コーナーに行き、買ってみる。
アジの冷凍。ポルトガル産で、捕ってすぐ冷凍したものらしい。
解凍すると、うろこも、内臓もそのままだった。
新鮮なせいか、ぜんぜん臭くなかった。

が、がんばって、魚をさばいて、塩をふって、牛乳と小麦粉を混ぜ、パン粉をつけて、
オリーブオイルとバターで焼いてみる。
f0019444_4183526.jpg
おじいさんのいった通りだった。
めちゃうまだったのです。
こりゃ、人に言いたくなるわ・・・・。

9,10匹入りで2,99ポンドです。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-09 14:46 | こんなんみつけました | Comments(0)

本院にいくついでに

本院で、ECG心電図の勉強会に参加させてもらった。
コース前に、近くに住んでいる、元同僚のフィリピン人ナースに会いに行く。

彼女はそろそろ出産予定。
彼女の夫と長男ファミリーと、夫の弟(私の元同僚)+妻(彼女のベストフレンド)と長男で
一つの家を買って、一緒に住んでいる。
夫二人とも、現在、看護学校に行っている。

ランチもいただいて、お互いの近況報告なぞ。
いつも思うが、フィリピン人のご飯は、お肉系かライス、ヌードル。
お野菜をあんまり食べているのを見たことがない。

彼女と義理妹は二人とも、妊娠中。
彼女は今月末、義理妹は来月末出産予定。
二人とも、妊娠糖尿病と言われ、内服中。
こちらのほとんどのフィリピン人の妊婦は、妊娠糖尿病の傾向があるらしい。
体質かなあ。

彼らから、やはり私の働いている分院の病棟は、2年後に本院に移動するらしいという話を聞く。
「知らないの~?!」とびっくりされる。
パートタイムな私は、世間の情報にはうといらしい。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-07 00:28 | 職場 | Comments(0)

最近の天気

珍しく晴れて、半袖でも大丈夫なぐらい暖かい日が続いている。

イギリスのサッカーチームが早々とだめだったけれど、
応援はすごかった・・・・。
患者さんの骨折部に巻く、ギプスもイギリス本土の国旗の、白地に赤の十字架になっていた・・・・。

昨日は友人夫の50歳のパーティーに参加。
友人夫の母の誕生日と結婚50周年をかねてのパーティーだった。

子供たちも多く、海辺のボウルクラブということろだったので、広い芝生の上で、かけっこにあけくれていた。
f0019444_4164183.jpg
私たちはブッフェ形式のごはんをいただき、友人がつくったカップケーキを食べ、紫外線を気にしながらも、半日はお外で過ごさせてもらう。
天気のいい、今年のしみ、そばかすの増量、くすみ度はかなりのものと思われます。
[PR]
by noranorabrighton | 2010-07-04 17:34 | 生活一般 | Comments(0)