<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夏休み覚書No4

有給休みが今日で終わり、、、明日から仕事。
えっちゃんの学校は9月6日始まりだけど、仕事が続くので、
夏休み気分は今日で終わり。

友人の娘っ子10歳を週末にあずかったり、来客も続いたかな。
10歳となると、自分のことは自分でできるから、手がかからないので
びっくりした。
えっちゃんも2年後に、そうなって欲しい。
えっちゃんとトニオより、一番手がかからなかったのにはびっくりした。

娘っ子は時間の感覚もあるので、あと数分したら家出るよというと、
ちゃんと用意できている。
トニオにいっても、自分ペース。何度「早く!」とせかしても
時間通り動いてくれない。

家のペンキ塗りの方は、1ヶ月かけてやっと自分の部屋が終わった。
まだまだペンキ塗りなおしが必要なところが多し。
ちょこちょこ時間の合間をぬって、塗っていくしかないね。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-08-31 03:12 | ホリデー | Comments(0)

夏休み覚書No3

近所の公園に、地域の人主催の子供向けのフェステバルがあったので、
えっちゃんのクラスメイトの一人、フィーを誘って連れて行った。

フラフープやら、小さな道具を使って遊ぶエリアとか、踊ったりとか、
フェイスペインティングとか、子供には十分な遊びができる感じだった。

フィーは4ポンドぐらいお小遣いを持参していた。

公園につくなり、まずアイスクリームを食べる。

全体をみまわして、すぐさま「退屈、、、」と言い出す。
フェステバルじゃない、公園の遊具のあるプレイグランドに移動。
またもや15分ぐらいで
「退屈、、」と言い出す。
近所の元、修道院に移動し、そこで少し遊ばし、セカンドハンドショップで
少しお買い物。どうやらお金を使いたい様子だった。
お母さんにおみやげと、花の置物1ポンドとマグネティックを50ペンス。
えっちゃんもそれを見て、何か買いたかったが、
「必要のないものは買わない」といいはった。

家に送り、彼女の母が「フィー、あなたにプレゼントよ。」って
私が公園に言ってる間にセールで安かったからとサマードレス、下着やら
買っていて、フィーがあけるなり、「うれし~!」って今日1日一番の笑顔だった。

彼女の家は普通の一般家庭。
なのに、見ていたら、欲しいものは何でも買い与えられ、
夏休みは、毎日のように、動物園やら、なになにランドやら、
ショーやら、特別な催しなものが、毎日のように与えられる。
日々、親が彼女のエンターテーメントをしているように見える。
それで、今日のちゃちいフェステバルでは、参加型の遊びに
自分で楽しもうとできなかったのか???

何もないところから、いろいろ遊ぶのが子供やし、想像力とか、
その過程でいろいろ学ぶところもあるんちゃうか~?と考えさせられた。
この子、大きくなったらどうなるんやろ?
自分の子からも学ぶこと多いけど、他の子供からも学ばされるね。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-08-27 15:36 | ホリデー | Comments(2)

イギリス人のママ友と外食

ストリートダンスに行っている間、いつもイギリス人のママ友二人、私でお茶しながら待っている。
そのメンバーで晩御飯を食べにいった。
チェーンのパブレストランの「スラッグアンドレタス」月曜日は食事がなんでも半額。
太っ腹!紅茶、コーヒーとか2杯のんで、メインのご飯でチップ入れても
トータル7ポンドやった。すごい!

実は毎週水曜日のお茶がめちゃ楽しみになっている。
イギリス人との世間話が、彼らの生活を垣間見れて、かなりおもしろい。
というか??え!?という話も時々飛び出してくるので、やめられない。

なんかの話から、「うちの子は髪の毛を洗うのを嫌がるので、今まで洗ったことないから、
一度、美容院で洗ってもらおうか、考えてる。」とか真剣にいうのである。
びっくりしながらも、普通にしながら「でも水泳通ってるやん。プールのあと
どうしてるの?」と聞くと、「軽くお湯のシャワーをあびるだけ。」って。

彼女はえっちゃんと同じクラス。
時々、頭髪しらみも発生している。
しらみのチェックもしないらしい。
頭髪しらみの発信元は彼女か、、、?とかも思えてきた。

髪の毛洗うのが嫌いでも、生活習慣をつけさせていくのも大事だから、
ここはお母さんががんばって、時々洗ってあげなあかんのちゃう?と
思いながらも、あまりつっこまずで話は終わる。
このお母さんはあーさん、50歳。
もう一人のママ友はじぇーさん29歳。

この二人は、子供の送り迎えとか協力しあっているが、じぇーさんの方が若いのに、
あーさんはいつもじぇーさんに頼っている感じだし、
観察していても、ツボにはまることがよくある。

ストリートダンスは、夏休み中はお休みなので、次回のお茶会は
9月の2週目からかな。
楽しみです。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-08-24 00:12 | ホリデー | Comments(0)

夏休み覚書No2

日曜日は、旦那さんが日本人のイギリス人妻と娘っ子と過ごす。
彼女のお庭でまったりとする。

イギリスの初めてのクリスマス、トニオの両親が「ご飯前に散歩行くで。」と
皆で村を散歩した。
くそ寒いのに、なんで散歩なんてと、散歩する習慣のない日本人の私は
いやいや行動を共にしたのを話した。

イギリス人妻は、散歩が自然に身についている。
日本の彼の実家に行って、義理母に「今から散歩に行く」というと
「買い物?」「どこに用事?」と聞かれ「単なる散歩。」と
いっても不思議がられるらしい。

月曜日は、えっちゃんと映画に行く。
スーパーからもらった金券から、チケットに前もって変えていた。
デズニーの「Brave」
母と娘がメインのこの話、母の立場に感情移入してしまい、号泣。
えっちゃんも号泣。
きっと娘の立場からの視線だろうな。

それにしても、CG?風景やら、画像がきれい! 馬とかもほんまもんみたいで、
リアル感がよーくでていて、迫力もありました。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-08-21 18:13 | ホリデー | Comments(2)

長期の仕事休み覚書No1

連続の仕事がひと段落し、16日から仕事が15日間の有給休みに入りました。

まずは日本人母、娘っ子二人が2泊で遊びに来てくれる。
お昼過ぎに着いて、近所の遊び場へ。

娘っ子の一人はベジタリアンなので、
夕食はちらしずし、おみそしる。

f0019444_5312925.jpgf0019444_5342655.jpg翌日はブライトンへ。
天気も良く、コーニッシュペーストリーを食べてから海辺へ。
人がわんさか。

f0019444_53343100.jpg夕食は、
ツナ缶と豆腐ともやしの餃子。
キャベツとコーンのコールスロー
ソヤミンツの辛くないマーボー豆腐

年も近いので、子供たちは仲良く遊ぶ。
友人はマクロビフードに興味があるので、いろいろ教えてもらう。
イギリスにもマクロビのお店があるようだ。
ウエッブショップを見ると、納豆の作り方やら、
日本の食料品もいっぱい。
豆腐つくりのキットも売っている。
ベジタリアンも多いので、マクロビに興味があるイギリス人も案外多いかも。
イギリス人家庭で、納豆やら手作り豆腐など食している家庭があると思うと
おもしろいなあ。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-08-20 23:55 | 来客 | Comments(0)

自転車と電車通勤

仕事場は車で20分だが、駐車場がない。
というか、あっても6時間以上とめると7ポンドは余裕でとられる。

少しづつこちらの自転車も慣れてきた。
日本みたいに歩道は走れず、自動車と同様なコースを走らなければならない。

まだラウンドアバウトは怖いので、そのつど降りて、自転車をおして道路をわたるけど。

ヘルメットをかぶり、黄色い蛍光のベストをきて自転車に乗る。

最寄の駅まで下り坂が多く、10分ぐらい。帰りは20分ちかくかかるかも。
今までは駅に自転車を置いていたが、
自転車と一緒に電車にのってみることにした。
電車の機種によっては、自転車用の車両があって、自転車を固定できるので楽。

駅から病院まで10分ぐらい。
それでも、チケットを買ったり、電車をまったりで、通勤時間は50分から1時間くらい。
当分こんな感じで通勤します。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-08-17 16:21 | 職場 | Comments(0)

オリンピック閉会式

オリンピックあっという間に終わってしまった。

テレビで閉会式を見る。
トニオは「イギリスらしいわ~」と開会式同様言っていた。

びっくりしたのが、若手アイドルグループがでてきたとたん、えっちゃんが
「ワンダイレクションや!」と言って、歌まで口ずさんでいた。
「学校の友達と一緒にいつも歌ってる。」っていうがな。
今の流行なんか?「真ん中の彼がいい。」とかいうし。
流行、友人にすぐ影響されやすいタイプやな。

この日は仕事だったせいか、最後の1時間はソファーでいつのまにか居眠っていた。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-08-15 15:31 | イベント | Comments(0)

オリンピックのロンドン

せっかくロンドンでオリンピックが開催されているので、雰囲気を感じに
ロンドンに行くことにした。

情報にうとい私は、オリンピック観戦のチケットが発売になってる時期にも
気がつかなかった。

ロンドンの友人、カコりんとビクトリア駅で落ち合う。
ハイドパークに、オリンピックショップがあると聞いてたので、
何も調べずにハイドパークをめざす。

f0019444_16182264.jpg
f0019444_16195112.jpg


人ごみが、、、、偶然にもトライアスロンのサイクリング最中。
人の隙間から、応援する。

歓声で、選手たちが通るのがわかるが、人の合間だと早すぎて、何かが通り抜けるが、
人なのか、色さえもわからない。
この試合、イギリス人がメダルをとったらしい。
f0019444_16261982.jpg
駅の周辺、会場周辺は、ピンクのチョッキを着た、ボランティアの人たち?
案内の人がどこにでもわんさかいる。
おまわりさんもいっぱい。
試合の観戦状況も、混雑ながら統制がとれているらしい。
イギリスがんばってるやん。
日々の生活の企画、進行がもうひとつな国、オリンピック大丈夫なのか心配していたんだよ。

観戦している人たちも皆、なんだか楽しそう。
こっちも楽しい気分になる。これこそおまつり気分。
f0019444_16301852.jpg

飲食業のカコりん、毎日メダリストやら芸能人やらくのるで仕事も楽しいってさ。

オリンピックマスコットも、町のあちこちにありました。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-08-11 16:37 | 近況 | Comments(0)

8月1週目週末

土曜日はトニオのいとこの子供のゾイ18歳誕生日パーティーにおよばれ。

始めてあったときは、幼児だったのにもう大人。
13年前ぐらいに、トニオのいとこのお宅にうかがった時、
幼児二人の子供がいた。父親と常にくっついている子供たち。
子供と親との親密な距離感にちょっとどぎまぎした記憶が今でもある。
こちらではそれが普通なんだな。
トニオとえっちゃんをみてるとやたらベタベタしてる。

犬のラブラドールが、ごはんの入れ物をもって、お客さんの前でごはんの催促。
f0019444_17343820.jpgウサギさんも飼っているお宅でした。

帰りしなに、ルーマニア人カップルのお宅へ伺う。
家の横に小川が流れて、素敵なお宅に住んでいる。
お花も私の背の高さぐらいの花がドーンと飾っている。
f0019444_17395061.jpgルーマニアの写真とかみたり、温泉もあるんだよっと聞くと、行きたくなってきた。
彼らは2,3年後にルーマニアに帰るといってたので、
会いにいくのもいいな。

日曜日にアイルランドからオリンピックを見に来ていたお友達が、
わざわざブライトンに遊びにきてくれる。
ブライトンのホテルに1泊予定となり、ホテルにちょろっと会いに行くが、
翌日、月曜日に皆で過ごすことができた。

オリンピックの話を聞くと、ちょっと現場にいるような雰囲気を味わえた。
イベント時に再会って、いい思い出になるね。
始めて彼らにあったのは、10年前の女王様のジュビリー(女王戴冠50年記念)
のイベントの一つのスケートショーだったって。
将来、オリンピックの時にブライトンで一緒に過ごしたねって、話もでてくるだろうね。

f0019444_17453785.jpg皆で隣町のロッテンディーンのティールームでクリームティーをいただく。
なんかあっという間で、一緒に写真もとれなかったな。
えっちゃも久しぶりに彼らとあえて、大喜び。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-08-08 17:53 | ホリデー | Comments(0)

忙しいけど、心の中で笑えるひと時

もう8月ですね。
8月1日、2日は仕事でした。

久しぶりに自転車で最寄の駅まで行き、電車、20分徒歩で仕事場に行くと
太ももがブルブルしました。

1日から病棟常勤のDrが二人とも新しくなったので、
なれるのに大変そうでした。特に一人はDrになってから初めての勤務。
夕方5じくらいに、ストレスを感じたのか、泣きながらペーパーワークをしていまいした。

翌日の申し送りでは、新しいDrにやさしく接して、助けてあげてっと
師長が皆に伝達しておりました。
いい人だわ。

相変わらず仕事中はバタバタしています。
我が病棟は、急性期老人内科病棟です。
廊下はいつもわんさかいろんなデパートメントの人がうろうろしています。
あと、家に帰るっとうろうろしている、お年寄りも2,3人はいます。

日本でのベッドパン(日本語忘れた、、、ベッドの上で寝たまま使う
さしこみ用便器)はプラッチックで、その都度、消毒液につけていました。
こちらは、プラスチックの便器の上に、分厚い紙でできた紙便器おいて、
利用後は、廃棄用の器械に入れて流すというシステムです。

そのねずみ色の、紙でできた分厚い便器用トップを頭の上にかぶって、
うろうろしているお年寄り婦人を発見。
「何をかぶっているの?」と聞くと。
「私の日差しよけの帽子よ。」と言う。
心で大笑いしながら、「これは帽子じゃないんですよ。」と
いって申し訳ないけど、いただくことにした。

つらいことも多いけど、ちょっとした楽しいひと間もあります。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-08-04 16:32 | 職場 | Comments(2)