<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

よぼよぼピアニスト

学校に迎えにいってから、近所のカフェによる。
元修道院で、仕事のない家のない人たちを住まわせている、福祉事業を
行っている一環の中の、カフェ。

久しぶりに行くと、誰かがピアノを弾いている。
1曲が終わっても、続けて違う曲を延々に弾いている。
ピアノもアンティークで、電気なんてなかった時代のものなのか
ろうそく立てもついてるぞ。

古いピアノの音、素敵な弾きにうっとり。
カフェもちがう次元の空間になってるぞ。

後姿しかみえないが、手のしわしわ度を見ても、80歳は余裕でいってそう。

やっとおじいさんが手をとめて、お茶を一口のみだした。
声をかけてみる。

耳も遠い。何度も同じことをいうが、「わしの曲を聴いてくれてありあとう。」と
笑顔がなんともいえなくかわいい。
「昔はロンドンのクラブで弾いてたんや、大昔は偉大なピアニストになれるって
いわれてたんやけどやなあ。」って。

かえってトニオに言うと、「そこでピアノを上手に弾いてるっていう人がいるってなんか
聞いたことがあるで。」と言う。
ちょっと近所で知れてるんかい?

うっとりしながら帰途についたのである。
癒されたひと時でした。

あっ、えっちゃんには特別に大人用のチップスを食べてもいいよと言い、
おとなしくも、リズムをとりながら、時間をかけて完食したので、
ひと時のあいだ、のんびりピアノを聴けたのでした。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-10-25 15:31 | 生活一般 | Comments(3)

チャージナース

日曜日は朝7時半から夜8時まで仕事だった。
私と派遣ナース(以前の職場で同じでリタイア後にバイトしている)と
もう一人のナースとの3人ナース。ナースの経験年数なのか、私がチャージナースになっていた。

チャージナースは、その日のリーダーですな。
日本だったら、今日はあなたがリーダーですよっ決められていたと思うが、
こちらでは、え?私がやらなあかん?みたいなのりでしている。

1日いると、やはりいろんな事がおこる。
ベッドマネージャーから、個室がいるので、他の病棟の患者と
我が患者をスワップしろと言われ、いろいろ他部署との連絡もしなあかん。

元同僚の派遣ナースは、ずーとしゃべり続ける性格、ストレスに弱く、すぐパニくり、
キレながら仕事をするので、フォローもしながらで大変だった。

抗生剤点滴、注射は、各薬剤、量によって
何分ぐらいかけて投与などの細かい決まりごとがある。
一つの薬剤の説明が明確でなかったので、緊急時チームに連絡する。
救命、集中治療室などの専門ナースはいろんな事をしっているので、
電話でいろいろアドバイスを受けれるシステムになっている。
確認したいことがあったので、2回も連絡させていただいた。

患者の留置針も使えなくなったりで、いちいちDrに「針入れてください。」と
連絡しなくてはならんので、面倒。
Drも忙しいので、すぐにはこれないので、夜、週末にはメートロンという、
総病棟の問題を解決、相談できる、師長さんがいる。
Drの代わりに死亡確認もできる権限もあるし、頼りになる。
留置針の挿入もメートロンに頼んだ。

チャージナースもこなすことで精一杯で、うまくできてるかわからんけど、
責任も以前より感じるので、やはりそのへんがさらにストレスを感じるのかなとか、
とか思ったり。
最近、仕事の翌日が休みだと、その休みがつらい。
前日の仕事を考え、なんかぬけてないか、とか考え凹みます。

あっコンロの部品、もう作ってないっていうので、オーブン付きのクッカーを
買い換えないと。
備え付けキッチンやから、どうしたらいいのやら、、、、、。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-10-23 05:30 | 職場 | Comments(2)

冷え込んできた。

朝晩冷えるので、湯たんぽを使い出した。
電気ヒーターも時々使うけれど、そろそろセントラルヒーティングの出番かな。

9月がなんかバタバタしていたので、ちょっと落ち着いてきたところ。
同僚の一人が、仕事の時間を減らしたいというので、ボスから
「仕事の時間を増やさないか?」と言われたので、
週15時間から週19時間労働にすることに決め、他病院のバイトを辞めることにした。
勝手が違う部署で働くのは、ストレス度が増すこともわかったし、
いざとなったらどこでも働けるかもしれないという、希望もちょっとは感じたので
いい経験となった。

急性期老人病棟は、入退院が激しく、患者さんの状態も悪かったり、
亡くなったり、常にスタッフ不足なもんで、ストレス度が高い。
すでに一人の同僚は去っていき、数名、各労働時間を減らしたりしている。

今月から、二人の新しいスタッフナースも入ってきた。
一人は新卒の男性ナース。
一人は去年ナースになった、二人とも経験の浅いナースたち。
フレッシュだし、一生懸命だし、職場の雰囲気も少しかわるかもな。

クリスマスの勤務表もそろそろ組まれるし、あっという間の年でしたな。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-10-18 19:47 | 職場 | Comments(0)

えっちゃんの自転車

日本だったら放課後、子供たちは近所で遊んで、自転車も遊びながら覚えたんではないかい?

こっちは近所で勝手に遊ぶことがないので、学校以外での集団行動とかが
あんまりない。

えっちゃんは人に対しては超フレンドリーなくせに、運動その他は、超怖がりだ。

実は自転車に悪戦苦闘している。
日常に使わないからよけい進歩がない。

夏に中古でえっちゃんサイズのコマなし自転車を購入。
時々に公園に連れて行っては、怖くてキレるえっちゃん。
この週末から、ちょっとの距離は乗れるようになってきた。
でも右、左のコントロールができないし、歩道も怖いので、公園内のみ。

当分、練習が続きそうです・・・・・。
めちゃ寒いこのごろ、けっこ辛いぞ。

このブログ、ご飯日記から始まったのに、私的えっちゃんの育児覚書化してきています。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-10-15 15:16 | 育児関連 | Comments(0)

日本からの友人とブライトン

2週間前、元在英、ナース仲間のかなさんが1年ぶりにイギリスを訪れていた。
1年なんてあっという間だね。
かなさんは日本でNPOに就職、東北支援や、海外の看護援助に携わっている。
先日は、バヌアツで1ヶ月いて、現地看護向上のためのプログラムに携わっていたそうな。
f0019444_18171119.jpg
一緒にブライトンをうろうろ。
チェーンパブでランチ。
f0019444_18194211.jpg
市内のティールームでお茶。
最近えっちゃんのお供の、オリンピックのマスコット、ウェンロックと共に
写真を撮って見る。

町をうろうろしながら、えっちゃんの宿題の一つである、「ビクトリア時代の建物の
写真を撮る」というのもがんばった。
f0019444_18212184.jpg
ブライトンのクロックタワー
これは、ビクトリア女王の在冠60年のゴールデンジュビリーで立てられたそうな。
知らなかった。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-10-10 18:28 | 来客 | Comments(0)

ロッククライミング

えっちゃんのクラスに3人の転入生が9月から来た。

一人の男の子は、えっちゃんが保育園の時に一緒だったK君。
彼の誕生日会に誘ってもらえた。
f0019444_6394981.jpg
男の子だけあって、ロッククライミングパーティー。

参加者は11人くらいだったか、女の子はえっちゃんだけだったけど。

とあるレジャーセンター内の、ロッククライミング場。
子供も多いのか、ロッククライミングのコーチ、ヘルプが6人ぐらいいた。
どんだけお金がかかってるのか、ちょっと気になった。

ロッククライミングがトータル2時間。
あと1時間はお食事タイム。

大人にもおつまみ、お酒が用意されていて、用意周到。
K君のママはインド系イギリス人だからかな?なんか豪勢。
f0019444_6402634.jpg
お誕生日ケーキは、ケーキ職人の友人がつくったという、
アーティなケーキ。

お持ち帰りに持たせてくれる、パーティバッグも、アクティビティブックやら、
お菓子、小さなおもちゃと、これも豪勢。

子供にこんな豪勢なものは必要なのかと、思いつつ。

今度はえっちゃんのお誕生日会を考えないと。
11月の末にはお誕生日の小さなパーティを考えてます。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-10-08 06:40 | 育児関連 | Comments(0)

学校の催しのお手伝い

学校の行事など、よくわからないことが多いので、なるべくお手伝いするようにしている。

今回は、新入生(レセプションイヤー)の歓迎パーティーのお手伝い。

水曜日の放課後に、ホール(小さな体育館みたいなところ)で行われた。

私はホットドック売り場。
同じクラスのPTAのママさんが、ソーセージとか家で焼いてきてくれたので、
パンの真ん中に切れ目を入れて、売るだけ。

おもちゃのコーナーとか、大人用にお酒もうってるバーもある。

メインの催しは、マジシャンを呼んでの、小さなショー。

ホットドックは盛況。
ちゃんと、肉のソーセージとベジタリアン用のソーセージを用意。
子供からきちんと、ベジのソーセージ下さい、とか言う。

今回、びっくりしたのが、ケチャップをかけない子も多いということ。
子供イコール、ケチャップ大好きの図形があったのだけど
かなりの割合でケチャップをかけない子が多かった。

図書館からビクトリア時代の本を3冊ぐらい借りてきた。
オリバーツイストの映画も一緒に見た。
私的に子供の本ぐらいが、楽しく読める。
ビクトリア時代は、お金持ちと貧乏の格差がひどかった時代。
産業革命で国が大きく変わり、生活様式もかなり変化があったみたい。
ビクトリア時代楽しいです。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-10-05 04:00 | 育児関連 | Comments(0)

水道メーター

水道料金は、毎月35ポンドだった。
今日、水道メーターが設置された。
毎月、いくらになることやら。

電子コンロも壊れ、修理を電子コンロのメーカーに頼んだ。
145ポンドで修理してくれ、必要な物品も込みらしい。
もし直らなかったら、少しお金が返ってくると言われた。

月曜日にチェックにしに来ますといって、もちろん時間の指定はない。
いつくるかわからないので、のんびり待とうと思ってたら、
朝6時55分にやってきた。早すぎやろ。

電子センサーが悪いとさ、物品をオーダーするから1週間後ぐらいに連絡が
あるらしい。

最近、電子レンジ料理がメイン。
パスタも、エッグヌードルもあんがい電子レンジで料理できる。
[PR]
by noranorabrighton | 2012-10-03 06:12 | 生活一般 | Comments(0)