<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

在英17年と家族でパーティに参加

17年前の5月のバンクホリデー前の土曜日にイギリスにやってきました。
昨日はイギリスにやってきた記念。
17年~~~、と感慨にいそしむ。
半ボケの私でも、初めてこっちにやってきた時のことは鮮明に覚えている。
病院で働きだして14年、それも5月始まりだった。
病院でも未だに慣れない感があるし、仕事をこなすだけでせいいっぱいの日々。
17年、自分自身はあんまり変わっていないと思うし、トニオからも17年前と
中身はそのままといわれる。(外見はそれなりに変化あり)
でも、日本で、オーストラリアで生活していて、日本に帰ってきた友人に
「のらとは外人と話しているよう。」と言われる。なんでやろう、、、、。


そんな感慨深い日に、7時半から午後2時半まで仕事をこなしてから、
夜は同僚の50歳パーティーに参加。
フィフティーズのパーティで、プレゼントはいらないから、お金を募って
恵まれない子供たちに募金するという、チャリティーパーティーだった。

そういえばこっちのプリンスの結婚式も、プレゼントはいらんから
お金をここに募金してリストがあったよね。

こちらの人はチャリティーが好きというか、日常の中に入ってるね。

服はチャリテーショップ(古着屋さん)でフィフティーズっぽいドレスを800円ぐらいで
用意した。

ごはんも、サラダ、サンドイッチ、肉類、デザートと盛りだくさん。

フィフテーズの歌のショーもあり、ダンスありで、すんごく素敵なパーティーだった。

子供もいっぱい来ていて、子供同士で遊び満喫。


トニオもダンスしまくりで、えっちゃんもまけじと踊る。
のらの夫と子供はおもろいキャラと、知れ渡りました。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-05-25 15:34 | おでかけ | Comments(0)

モンクス ハウス

ナショナルトラストが管理している、あるお家に行く。家から車で30分。
モンクスハウスというもんだから、教会関係なのかと思っていたら
名前だけで、1900代初期の有名な女性小説家が住んでる家だった。
f0019444_17410230.jpg
コテージ風なお家。
小さいながらも個性があって素敵。
f0019444_17424136.jpg
お庭も素敵!
池も何個かあって、トニオとえっちゃんは池の中のかえるの観察を楽しむ。
f0019444_17415701.jpg
私的には、土日の休みが久しぶりだったので、のんびり気分。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-05-20 15:27 | ナショナルトラスト | Comments(0)

眼精疲労

目が疲れるんです、、、、。

去年から特に左側が。

日本に行って検査すると、左だけ視力がおちてて、右1.2、左0,5になってました。

調整のため、めがねも作って、眼精疲労用のキューピーコーワゴールドも
買ってきました。

だからブログの更新がおっくうです、、、。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-05-17 15:28 | 近況 | Comments(0)

2014日本里帰り覚書No6鹿児島

「秀水園」で朝ごはんの前にお風呂に入る。
えっちゃんも行きたいといってたけど、起こしてもおきないので、
私だけ行ったら、帰ってきてからギャン泣き。
朝風呂に入りたかったんだと。
イギリス人のくせに、そんなにお風呂好きになってくれて、母はうれしいぞ。
f0019444_17370032.jpg
朝ごはんも、おいしい。
お世話をしてくれる係りの人は20代かな?晩御飯と朝ごはんも給仕してくれた。
ごはんの説明も丁寧だ。

バスの時間を確認して、早めに出ようということになり、あたふた用意をして
朝ごはん後に旅館をたった。
急の決断だったのだけれど、バス停に向かう途中で、給仕さんが走ってお見送りにきてくれた。 
なんだか胸キュンだったよ。
f0019444_17350514.jpg
バスで知覧へ移動。
知覧の武家屋敷群のお庭を探索。
お昼はおそば屋さんで軽くとってから、薩摩英国館ティーワールドという
f0019444_17355879.jpg
英国風ティールームでお茶をする。
やっと紅茶にミルクを入れてのめた。
日本での紅茶は、なかなか牛乳をいれて飲むことができないので、ちょっとうれしかった。

バスで鹿児島中央へ移動。
アミュプラザで、かき氷で有名なしろくまがある「天文館むじゃき」へ。
f0019444_17404082.jpg
おいしくいただくも、えっちゃんはなれないもんで「冷たすぎる」と大分残す。
かき氷にくだものや、豆やらいろいろ入っている。

維新ふるさと館にもよってみる。
時間がなくてさらっとしかみれなかったのが残念。

バスで鹿児島空港へ移動。
空港のレストランにて、黒豚トンカツを食し、これを今回の旅のシメとした。

[PR]
by noranorabrighton | 2014-05-12 06:51 | 里帰り | Comments(0)

2014日本里帰り覚書No5鹿児島

f0019444_17331564.jpg
2泊目は、指宿の老舗温泉「秀水園」プロの選ぶ日本の旅館の料理部門で1位によくなるそうな。

つくなり、お抹茶と和菓子のサービス。子供用にもおいしいおやつのサービス。

お部屋についてから、今回の旅のメインとなる、砂むしに向かう。
お宿から出て、歩いてすぐの「砂むし会館」へ

着替えてから、浜辺の砂むし場へ。
砂かけさんが、少し穴をほっててくれて、寝そべったら砂をかけてくれる。
暖かくて、思った以上に気持ちいい!
えっちゃんもご満喫。

砂むし会館でお風呂に入ってから、また旅館に戻り、のんびりする。

晩御飯は、いろんなものが出てきて、堪能しました。

お風呂に入って、就寝。
母は「お父さんのいびきがうるさいから、お父さんとすこし離れて寝よう。」という。
でも父より母がいびきをかいていたぞ。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-05-12 06:25 | 里帰り | Comments(0)

2014年日本覚書No4鹿児島2日目

f0019444_17334880.jpg
ホテルの朝ごはんは、バイキングスタイル。
鹿児島名物のもの、鶏めしやらおいてある(ご飯の上に鶏やらいろんな具をのせて、
ダシを入れて食べる)
f0019444_17343034.jpg
f0019444_17350794.jpg
駅に移動して、指宿行きの玉手箱号に乗る。
浦島太郎の発祥地をうりにしているので、玉手箱をイメージした電車。
外は白と黒。中は絵本やら本を置いてる場所やらがある。
鹿児島中央あから指宿まで1時間。

美しい景色を眺めながら指宿へ。

指宿につくと、なんやらハワイアンミュージックが。
タクシーの運転手さんによると、指宿はアロハ宣言をしていて
市役所なんぞ、夏はアロハを着て仕事をするのだそうだ。

バスで近所を観光しようと思っていたが、バスの便が少ないので
2時間観光タクシーを予約。
f0019444_17355818.jpg
早めにお昼を駅周辺のレストランで。地元メニューの温たまらん丼をいただく。
f0019444_17372179.jpg
観光タクシーで、浦島太郎ゆかりの竜宮神社へ。
f0019444_17364230.jpg
その後、日本最南端の駅などに行く。

お土産やさんにもよらされたが、まあ楽しく主要な場所に連れて行ってもらい、
お宿に向かってもらった。

[PR]
by noranorabrighton | 2014-05-06 15:31 | 里帰り | Comments(0)

2014年日本日本覚書No3鹿児島

今回は、両親と私とえっちゃんだけで鹿児島に行ってきた。
旅行はツアーでしかいかない両親。特にどこに行きたいとか言う希望はなかったが、
ごはんはしっかり1日3食、時間通りプラスおやつが必須だった。
それをこなせれば、なんとか私のプランにはちゃんとのってきた。

関空から鹿児島まではピーチを利用。
関空は第二ターミナルというものが存在したのね、知らなかった。
ピーチも、日本のANA,JALのイメージとはちょっと違う、エアホステスさんたちで
新鮮だった。

鹿児島空港から鹿児島までは空港バス。
鹿児島駅についてから、翌日の電車のチケットを受け取り、1日市電、バス乗り放題の
キュートというチケットを購入。

まずは桜島へ行くフェリー乗り場近くの、ドルフィンポートへ
f0019444_06100520.jpg
目当ては、回る寿司めっけんもん。
回る寿司日本一になったらしいという、新鮮で鹿児島のネタが多いおすし屋。
おいしくいただいたけど、えっちゃんは卵のお寿司とフライドポテト。

フェリーで櫻島へわたる。
桜島についてから、バスの時間も考慮して、マグマ温泉でサクッと入浴。
海と鹿児島の景色を見ながらの入浴。

バスはマグマ温泉の前からでているので、バスに乗り、桜島1周する。
f0019444_06112024.jpg
とあるポイントでは、バスが少しまってくれる。

フェリーにのって、本島へ。
フェリーの中のうどんが有名というので、一応チェックしておく。
えっちゃんがメインで食べたが、普通のうどんだった。
困ったのが、夕方のバスの本数が少ないこと。
タクシーで仙巌園(せんがんえん)へ。
f0019444_06135573.jpg
江戸時代末期の城主、島津家の別荘、庭園。
これにはえらい感動する。美しい庭園から見える、桜島がすんばらしい。
f0019444_06150458.jpg
f0019444_06123776.jpg

もっとゆっくり見たかったが閉園まじか、名残惜しみながら去る。

カゴシマシティビューというバスで、案内のアナウンスを聞きながら鹿児島駅へ。

ホテルは駅近くで、徒歩ですぐ。
f0019444_06154379.jpg
「ホテルユニオン」ビジネスホテルながら、アメニティが充実しているし、対応もよく、
ホテルの努力を感じてよかった。
駅周辺なので、ちょっと騒音があるので、音が苦手な人はお勧めできないけど。

その夜は鹿児島の元同僚友人夫婦と約束があって、私とえっちゃんとお出かけをする。
とある、ホテルのブッフェに連れて行ってくる。

この予定は以前からで、今年に入ってから両親に伝えた後、父からメイルがきた。
「のらがいない夜は、私たち二人は何をしたらいいのでしょうか?教えてください。」

ツアーでしか行動できない両親は、どうしていいかわからない。
自分で行きたいところも探さない。

よかったのは、ホテルの1階が鹿児島黒豚専門レストランだったのだ。
そこで夕食を食べてもらった。

そして鹿児島の1日は終わった。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-05-03 17:30 | 里帰り | Comments(0)

春めいているも

日差しはつよいけど、時々寒い、、、。
昨夜は暖房つけたなあ。

日本に行っている間に、義理両親の引越しがあった。
階段のある一軒屋から階段のない平屋の家に移ったのだ。
こちらは、年をとってくると平屋に移るのがわりと一般的。

仕事もまあなんとかこなしているが、先週、同僚のナースが
やめなくてはならなくなり、仕事場の動揺が広がっている。
とある事件があったのだが、上は彼女をクビにした。
同僚はやめたくなかったのだが、長年働いてきた同僚にはやさしさもない。

同僚に会いに行ったが、ずーと泣いていた。

仕事場では自分で自分を守っていくしかない。
定年まで事故もなく、安全に、クビにならずにやっていけるか不安だけど
クビになるまでやるしかないなあ。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-05-03 16:59 | 近況 | Comments(0)