<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ザコパネ再びNo1

トニオがスキーにはまってしまったので、スキーに行くことにした。
初心者に最適なポーランドのザコパネ。
12月27日からの4泊5日。

車で30ー40分のガトウック空港からの朝6時し出発。
前回同様、空港横のプレミアインに宿泊。
車も預けれるセットで便利。

f0019444_05005918.jpg
イージィジェットでクラコウまで(日本語ではなんていうんだろう?)2時間。
飲食のサービスが無いもんだから、出国を過ぎてから飲食類を買い込む。
飛行機内で爆眠。

クラコウに着くと雪国だった。
f0019444_05211214.jpg
前回は、雪はなかったけど、今回は真っ白。

年末のホリデー時期と、前回のバス事情(バスに群がる乗客)で、スムーズに
たどり着ける自信がなかったので、個人タクシーを予約しておいた。
空港で名前のプラカードを持って待っていてくれる。
空港からのザコパネまで2時間。80ポンド、12000円ぐらい。
今回は贅沢だ。

ザコパネ周辺の家。雪が積もらない造り。
f0019444_05455422.jpg
村の集落を見ると、日本の白川郷のよう。
お昼の12時には、ホテルに着く。
ホテル横のごはん屋でスープやらチップスやら食べて、
トニオはスキー、私とえっちゃんで行動。

私はまずマッサージを受ける。
オイルマッサージ45分17ポンド。2550円、イギリスでの半額ぐらい。
お得だけど、あんまりうまくない。
そのあと室内プールでえっちゃん遊び、私はプールサイドでうたた寝。極楽。


[PR]
by noranorabrighton | 2014-12-29 05:06 | Comments(1)

あと2回勤務で年休~。

昨日の日曜日は、朝7時半から夜の8時までの勤務をなんとかこなす。
あと2回働いたら6日休み。

昨日はケアアシスタント一人病欠、一対一(病院を抜け出す患者がいて、先週は
自分の家に帰り、警察、救急隊員で出動して、病院に連れて帰る事件があったので)
でついている精神科ナース(いろんな事件がおこったら精神科のナースがつくポリシーが
ある様子)もいなくて、忙しかった。

その上、看取り期の患者が病棟に現在3人。
二人お亡くなりになった。

そのうちの患者の一人は私が受け持つ。
看取り期になってそろそろ1週間近い患者さん。
一人息子が毎日そばにいてたが、昨日は身内の人から今日だけ家で休み、
と息子に言って、身内の人とお孫さんがそばにいた。

そういう時にかぎって亡くなったりする。
身内の人おお泣き「彼の息子は毎日きていたのに、今日にかぎって」
亡くなってからの身内を見たくない人も多いが、
息子の場合は違った。
でも車で来るのが、混み具合によっては2時間から5時間かかるという。

大部屋でなくなった患者をおいておけるのは3時間ぐらいまで。
3時半に亡くなって、一度あきらめたが、4時半の時点で息子が
「やはりぜひとも会っておきたい」という。
メイトロン(休日のナース取締り)に報告して、夜の7時半まで待てるようになった。

身内に「もし7時半になっても息子に電話して、どこにいるか確認して、近くにいるようだったら
まってあげて!!」とかえらい懇願される。
私だけだったらいつでも待ってあげたいけど、大病院。

心配したが、息子6時半に到着。
ホーッとする。

ハラハラドキドキの仕事場です。
やっぱり心臓に悪し。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-12-22 16:55 | 職場 | Comments(0)

元同僚、リタイアチームとクリスマス会

以前の分院で一緒に働いていた元同僚たちとクリスマス会。
カーベリーレストラン(目の前でローストのお肉を切り分けてくれるレストラン)で
クリスマスローストディナーをいただく。

五十代のジュリーは、肩を痛めて早めにリタイア。体を壊すと、早めに企業年金も
もらえるそうな。
最近、60歳になってリタイアしたディーは、旦那がアラビア人。旦那を国において
子供二人つれてイギリスで女手一人で育て、ひと段落。
60前半のマギーは、リタイアしてても私の病棟で時々バイト。
でもずーとしゃべり続けるので、周りから疎ましがられている。
80歳代のマーガレットは、元病棟クラーク。スコテッシュでおちゃめでだれからも愛されるキャラ。
年金生活、ちょっとうらやましいというか、事故もなく無事にナースをリタイアできたというのが
尊敬。私も無事にリタイアしたいどす。

昔話、いろんな病棟のうわさ話に花を咲かせ、楽しいひと時。

大昔は夜勤は連続8勤務をして、6日間休みというパターンで、日勤は10日続いて
4日間休みというパターンだったという。
そうとう過酷だった昔。

今では大分労働条件が良くなったにもかかわらず、病欠がおおすぎ。
そして、この季節、病気になる人が多くて、我が病院では臨時病棟ができる始末。
働く人もあまりいないのに、、、、。
というので、昨日の勤務ではオフィス勤務だった我が師長が救急アセスメント病棟に
働きに飛ばされました。夜勤も二人必要なのに、ここ数日、多病等に飛ばされたりで
夜勤のナースは一人になったりしてるらしい。過酷、、、、。

もうすぐクリスマス、、、イブは遅勤、クリスマスは夜勤予定。
2年ぶりの夜勤どす。どきどきです。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-12-17 03:22 | 職場 | Comments(0)

予定を日々こなす日々。

6日は、私のお休みとヒーリング関係のお勉強会の日にちが合い、ロンドンで1日過ごす。
日本人がメインだったけれど、初めて会った方も多く、いろんな出会いがあり、
自分を見つめなおす機会。
瞑想しながら、来年1年間のイメージを追求。
来年はえっちゃんの中学校を決めるのがメインになりそうだけど、なんか区切りの年に
なりそうな感じがする。

トニオは母の誕生日で、父母と弟と、その息子二人と外食。
弟の嫁は調子が悪いと欠席。
家族の集まりに、あんまり嫁はこない、、、我がファミリー。
私は前からの予定だったからしかたないけれど。

7日はえっちゃんのストリートダンスの発表会。
この発表会は、他のダンスグループも多く参加。
60歳以上のグループなども参加。
夜9時ぐらいに帰ってきたので、えっちゃん的には遅めに就寝。

8日月曜日は、州の各学校がブライトンセンターというコンサート会場に集まり、
クリスマスキャロルのコンサートだった。
子供たちは、踊りながら大声で歌っていて、すごく楽しんでいるのがわかる。
これも帰ってきたのが遅かったので、遅めに就寝。
私も疲れ気味。
そして風邪気味。

11月、12月は寒さと、忙しさでいつも調子を狂わす、、、、。注意。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-12-12 01:59 | 近況 | Comments(0)

ダンスの発表会

えっちゃんは週に1回、タップダンスとモダンダンスのクラスをとっている。
行っているスタジオが、バレエ、ヒップホップ、いろんなダンスを教えている
本格的ダンススタジオ。
そのスタジオからの年1回行われるショーがあった。

いつも楽しんでいたダンスだったが、今年は途中でやめたいといいだした。
同じクラスの他3人中の二人が、とにかくダンスのセンスがあって、体もやわらかく
普通と比べると明らかに上手。
初めて他人と比べるえっちゃん「皆は先生の言ったことが1回でできる。なんで私は
できないのか?」とか言い出した。
今までは楽しいだけで、まわりは見えなかった。
先生と話して、他人と自分、子供によっても違うし、えっちゃんも言われた事は
何回かでできるから、大丈夫と理解でき、続ける事を決めた。
これも成長の過程だな。

そしてできるようになったことがひとつ。
靴の紐が6年目にしてやっとできるようになった。
時間かかったなあ~。

そんなこんなでえっちゃんの成長を思い、感慨深くショーを終えました。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-12-07 18:02 | 育児関連 | Comments(0)

なつかしいドイツ人の友人

ウォキングという車で2時間ぐらいのところに住んでいるドイツ人の友人から
久しぶりに連絡があった。
ブライトンに来るという、久しぶりに再会。

ドイツ人の彼は、以前韓国人の妻がいたが、好きな男ができたので
別れた。
現在、彼女は彼についていき、シンガポールに引越ししている。
彼らの子供二人も、シンガポールに行っている。

不思議な縁で、17年前のオードリーのホームステイ先の、ルームメイトの韓国人の友人の
恋人が彼で、結婚して、子供もできたのに離婚して
彼しか連絡をとりあっていない。

離婚当時はえらいおちこんでいたが、最近、中国人の彼女ができたので
つれてきた。
彼女もバツ1で、14歳の娘さんがいるが、まだ32歳の若い彼女。
娘さんはピアノの才能があるので、9歳からボーディングスクールに入り
(勉強しながら寄宿)勉強して、プロのピアニストをめざしている。
親とはなれているのに、中国語も流暢にはなせて、中国語のテストも
最高点Aレベルをパスしている。
子供は、ほんま子供によって違うなあーとつくづく思う。
あー波乱万丈ー。

中国人の彼女はいい人そうだし、ラブラブそうだし、なんかほっこりしました。
また新たなご縁ができました。
[PR]
by noranorabrighton | 2014-12-03 17:54 | 近況 | Comments(0)