<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トニオの膝その後

2月末に膝を痛めたトニオ。
整形への緊急紹介にもかかわらず、
4週間後に整形Drにあう。
その2週間後にMRI検査を受ける。
その2週間後にまた整形のDに会ったのが4月の20日。
思ったより、悪いわーはっはーと言われ、
膝の周りの4つのうちの靭帯3つが断裂。
えらいしっかりした膝のサポートをするブレイスをいただく。
緊急で手術やねって言われて、来週膝のスペシャリストに
会うアポイントメントのお知らせが来た。
いつ緊急で手術をしてもらえるんだろう。
イギリスにいる限りは、すぐなおせんリスクがあることに気がついたトニオ。
もうスキーはしないってさ。

[PR]
by noranorabrighton | 2016-04-28 00:42 | 健康 | Comments(0)

ドア

今の家に越してから、早17年。
常に何かしているが、あちこちボロが出てくる。
2階のドア3つと、1階のドア2つを新しいのにかえたかった。
昨年の9月に、義理両親の使っていた大工屋さんにきいてみた。
家を見に来てから、連絡なし。
こちらは興味がない客は無視される。
連絡しても連絡はかえってこない。
3月の末に、友人の子供のクラスのお父さんがポーランド人で
大工仕事をしているという。
早速連絡。
受け答えもスムーズでdoaを取り付けてくれることに。
ドアは私が注文しなくては行けなかったが、ホームセンターに行って、なんとか注文。
f0019444_16491484.jpg
イースター前の木曜日に配達予定で、ポーランド人の大工さんは金曜日に来てくれるという。
そして5つのドアを1日半かけて新調してくれた。
ポーランド人、頼りになるわー。

[PR]
by noranorabrighton | 2016-04-14 16:40 | | Comments(0)

春休み覚え書No2

春休み2週目は、スインドンからのお友達親子が、2泊で遊びにきてくれた。

娘っこはえっちゃんより2歳しただけれど、しっかりしていて、
えっちゃんと楽しく遊んでくれる。

おやつ時ぐらいに近所の駅に到着。
隣町までいって、いつものおいしいスコーンのカフェで休憩。
ショーウインドウは毎月、変わるので記念に写真。
今月はイースターだから、イースターっぽいかざり。
f0019444_16364329.jpg
2日目はアランドルというお城のある近くに、ウエットランドという鳥の自然保護団体が
運営している、鳥の保護観察公園のところへ。

イースターのイベントで、所々に名前がついた大きな黄色いダックの人形がおいてあって、
これを全部探せたら、チョコレートがもらえるというもの。
湿地帯やら、広めの公園をまずは鳥より、人形のダックを探しまくる。
f0019444_16374460.jpg
休憩してから、公園内の川、湿地帯のボートクルーズなどにも参加。

1日堪能したけれど、カフェ好きなので、近所の駅の近くのカフェでほっこりしてから家へ。

3日目は近所の大きめな公園へ。
お昼は近所の和風カフェでランチ。

友人はNHS勤務のナース。
お互いNHSでおこる、人に言えない怖ーい話を盛りだくさん話し合う。
そして、また会うまでがんばって働こうと励ましあう。
[PR]
by noranorabrighton | 2016-04-13 21:26 | ホリデー | Comments(0)

春休み覚書

やっと春休みが終わる。
2週間ばかりの春休み、なるべく外に出かけるようにした。
家にいると、えっちゃんが携帯でゲームばかりしたがるので。
1週目の火曜日まで仕事。
水曜日からえっちゃんとホリデー気分。
水曜日はペットワースというナショナルトラストへ、
近所のお友達親子とでかけ、屋敷を見学したり、お庭をお散歩したり。
f0019444_16353098.jpg
木曜日はブライトンのセントラルの新しめの公園で
日本人ママ、子供達と集合して子供達を遊ばせる。
金曜日は友人宅へ。
そこも子供がいるので子供同士遊んでもらい、
母同士は話をしながらのんびり。
土曜日は義理両親がえっちゃんと会いたがってたので、少し遊んでもらってる間に、トニオとカフェへ。
隣町に行ったけど、トニオの友人と出くわし3人でお茶。
日曜日は3人でイングリッシュブレックファーストを
ランチ時に食べに行ったりしてたら、すぐ1日が終わる。

[PR]
by noranorabrighton | 2016-04-11 22:57 | Comments(0)

連日勤務

えっちゃんの春休みにあわせて、連日勤務してから、長期休みに入ろうと計画。
3日勤務して、年休も入れ、11日間休み。

2日はロングをこなして、3日目は朝から3時半まで。

最近、新卒のナースが二人はいってきた。
一人は2代台前半で妖精みたいなきれいな女子。
一人は子持ちの30代後半から40代前半の女子。
皆がんばって働くが、逐一聞いてくるので、説明もなかなかうまくできないときもあり
自分の説明の仕方に、日々反省。

3日目には他の内科病棟に飛ばされた。
人手不足で。
初めての病棟だし、勝手もわからずオロオロしながらがんばる。

その病棟に、以前いた病棟でフィリピンでナースをしてたが、、ケアアシスタントで働いていた
彼がナースとして働いていた。
キャピキャピの彼で、北欧の彼と結婚して、ナースの切り替えがスムーズにいったとか。
注射の準備中に、「ちょと興味で女装してん~」と女装の写真を見せられる。
しかもアンサマーというエロい下着姿だった、、、、。刺激が強すぎ、鼻時ぶー。
「女装好きなん?」と聞くと、「そんなことないけど、面白いかな~と思って」と。
「旦那に女装について軽く聞いたら、ボーイと結婚してんから、いやや!~と
言われたから見せてない」という。
その間に、Drがちょろっと通ると「めちゃかわいい!!」と萌えていた。
ひさしぶりにキャピキャピしている人を見る。

まあそんな彼がいたので、あれこれ聞きまくったが、知らん人、知らん場所で働くのは
疲れたので、派遣で他部署に働くのは向いていないと実感した日。
しかも、終わってから2,3日はあれでよかったのか、間違ったことしてないかと
不安に襲われる日々。
安全のため、慣れたところで働くのが一番と肝に銘じました。

でも、いつ何時、人手不足で他部署にとばされるというのは、ありえる~。
つら~。
[PR]
by noranorabrighton | 2016-04-02 17:58 | 職場 | Comments(0)