日本の旅2018夏 No11 秋田

お昼前に秋田に到着。

暑いが、東京と比べては、過ごしやすい体感温度。

お昼前について、比内鶏がうりの親子丼のお店へ向かう。

おいしいのなんのって、お米、鶏、卵のおいしいのが集結。

こえた舌をもたないえっちゃんでもおいしいって、感激していた。

そして、秋田犬ステーションへ。
ここでは秋田犬の情報やら、触れ合えたりする場所。

そこでずいぶん前からご縁のある親子と、とうとう会えることになっていた。
実は初めの対面、といいつつ、顔もしらないのに
「ぎゃ~会えてうれしい~」とすぐにかけよる私たち。

彼女のおかげで、いろんな食材を知れたり、おやつの作り方の案などいただけたり、
大阪出身の私には、東北、秋田への知識がまったくなくて、
彼女をきっかけにだんだんと、東北への興味がはじまって、
どんどん秋田熱が深まっていったのでした。
同じ年の女の子をもつお母さんとしても、いつも元気をいただいておりました。

そんな彼女と会えるなんて~!秋田にこれるなんて!もう感激!

そして、秋田名物のババヘラアイスを食べに、歩きだしました。
ババアがヘラでアイスをとりだすので、ババヘラアイスっているしゃれたアイス。
お味はバナナとストロベリーのさっぱりした、なつかしい味。

えっちゃん、食べながら歩いてて、アイス落とすし。

ちょうど蓮の花も咲いておりました。

お城跡の公園でも、秋田犬がみれました。
本当に、秋田は秋田犬をおしていますね。

ちょっとお店でぶらぶらしたり、プリクラしたり、
スタバへ行ってお茶しながらベラベラ話して。
娘っこ同士仲良くしてたけど、彼女の娘っこが面倒みてくれてるっていう感満載。
日本のお嬢はえらいしっかりしている。

皆と別れてから、秋田名物の和菓子やさんで、買いしながら
歩いてホテルまで。

夜はバスで秋田駅に戻り、
稲庭うどんの老舗のお店へ。
実は稲庭うどん、すこしなめておりました。こしのあるおうどんになれてる私にしたら、
乾麺ってそんなにおいしいもんか?といつも思っていたのでした。

が、さすが老舗。
稲庭うどん、うまい!と
私はあついおうどん。
えっちゃんは冷たいざるうどん。
あついのはあつあつ、冷たいのは、キンキンに冷たくて、
つるつるいける。
乾麺もこんなおいしくなるんや、とびっくりしました。

そんなんで、秋田を満喫した1日となりました。

[PR]
# by noranorabrighton | 2018-09-18 18:57 | 里帰り | Comments(0)

日本の旅2018夏 No10 日本での食事

日本に帰った時は、旅行以外は実家で寝泊りさせてもらっているが、
今年から食事は完璧別になった。

両親の食事の時間が早いのと、父親が減塩低蛋白の腎臓食に気をつけているので、
それだけで気持ちの余裕がないようにみえた。

便利なもんで、コンビニ、フードコートでなんでも気軽に食べれるので、
日本は便利。

お米は時々拝借したが、おかずとかはスーパーのお惣菜売り場とか、
作らなくても、いろいろと調達できた。

冷凍食品のぎょうざとか買ってみたけれど、お水も油もいらない、そのままフライパンでというのが
すごい進化していてびっくり。

イギリスから小麦粉フリーのパンなどもって来ていて、
冷凍してそれを食べたり。

まあ、作らなくても、日本はいろいろあるので、今後も心配なさそう。


[PR]
# by noranorabrighton | 2018-09-18 18:32 | 里帰り | Comments(0)

ボイラー交換

17使用していたボイラー、とうとうおかしくなりだし、これからの寒い冬にむけて、
交換することにした。

今度はどのくらいもつのだろうか。

15年前後というわれているボイラー。
20年ぐらいはもってほしいけれど。

28万ぐらいなり~。
いつかの車買い替え用のへそくり使い込みました。


[PR]
# by noranorabrighton | 2018-09-18 18:20 | | Comments(0)

救急外来

トニオが違う空手協会に入会することになった。

その協会員の講師が、特別講師として1回だけやってきた。

トニオはりきりすぎて、どっかのカドであたまをぶつけ、ちょっと縫った方がいい?
微妙な切れ方をしていた。

その講師と軽くごはんを食べてから、救急外来へ。

結局、テープで貼り付けてくれたらしいけど、
見てもらえたのは朝の3時だったらしい。

5時間ぐらいは待たされたらしい。

さすがイギリス。

でもタダだからね。

[PR]
# by noranorabrighton | 2018-09-18 00:39 | トニオ | Comments(0)

捕虜経験のある患者さん

先日、98歳の男性の患者さんの入院を受け持った。
礼儀正しく、言葉も丁寧なイギリスのジェントルマン。

「あなたはフィリピン人?」

「日本人ですよ。」と私。

「それは聞き捨てならないな、、、、、私は昔、シンガポールで日本の捕虜だったんだよ。」

「それは、それは、嫌なこと思い出させてしまってしまったかもしれませんが、
申し訳ないですね、、、」あややあややという感じで、きちんと伝わったか。

「もう昔のことだから、、」とさらっと流してくれたけれど。

昔の事だけれど、戦争の事実。
嫌なこといっぱいされたかもしれない、、、

私の方が動揺しながらも、せいいっぱいお世話。

ご縁があったのか、退院の時も私がお世話することになって、
笑顔でお見送りさせていただきました。
普段だったら、日本人と関わることはないだろうに、
なにかのご縁だったんでしょうな。



[PR]
# by noranorabrighton | 2018-09-18 00:33 | 職場 | Comments(0)

トニオ、バイト始める

メインが歯医者さん相手に、セミナーレクチャー講師として自営業をしているトニオ。
お金がない国営病院では、セミナーをどんどんカットされていて、
以前より、4分の1ぐらいまで仕事が減ってきた。

そろそろ資金繰りが難しくなってきたトニオ。

もちろん、空手の先生も週2回やってるし、本もだしているが、
そんなんではやっていけない。

もうひとつの夢は、カフェをいつかやりたいとか寝言のようなことをいっているが、
今まで、寝言のようにいっていたことは大体かなっている、不思議なおっさんなのだ。
だから、いつか実現するかもしれない。
とにかく将来のために、カフェで働きたいとかいって、
仕事を募集をみつけて、どんどん申し込みだした。

数件面接にいったりしてたが、
1つのカフェの面接員が、「私たちの店のうちの1つの、惣菜部門にあきがあって、
フレンドリーな人を探していたから、そっちにどうや」ということで
体験バイトをしてみたら、結構、人と話すのが楽しい場所だったらしく、
そこでパートのバイトを始めることにした。

1日5-6時間だけど、ずーとたちっぱなしなんて最近してないトニオ。
めちゃ疲れたとかなり満足そうだったが、「私なんて12時間走り回ってるねんで!」というと
そりゃすごいわっとやっと理解を得たしだい。

早速、働いているトニオを見にお店へ。
ユニフォームを着て働くトニオ。
笑える。

シフトがどうなるかわからんけれど、メインの仕事に差しさわったり、
休みが取れなさそうだったら、いつでもやめたらいいしって、
お気軽に働くトニオであった。



[PR]
# by noranorabrighton | 2018-09-14 20:47 | トニオ | Comments(0)

日本の旅2018夏 No9 乳頭温泉

乳頭温泉では、老舗の温泉宿があるけれど、えっちゃんといると食事が難しいので、
バイキングのある、休暇村の温泉宿に予約をとっておいた。
f0019444_23030712.jpg
f0019444_23011974.jpg
浴衣は自分の好きな柄を選べる。

温泉に入ってから、お食事。
f0019444_22553492.jpg
f0019444_22563346.jpg
f0019444_22573875.jpg
秋田名物のきりたんぽやら、川魚やら、汁物やら。
ここでしか食べれなさそうなものをチョイスして、私は頂く。
が、えっちゃんは相変わらず、揚げ物系。
f0019444_22595624.jpg
もう一度、温泉に入ってから就寝。
温泉はにごってるお湯だった。

お部屋では、日本のテレビを見ながら寝れるなんて、極楽。

お宿の趣向で、朝早くからのハイキング案内つきとかあったのですが、
ぐーたらな私たちは、参加せず。

朝ごはんも豪華なバイキング。
和食系メインで私は頂く。
f0019444_23043929.jpg

えっちゃんは、どこでもヨーグルトとかいつもの感じの朝食。

お昼の秋田着目指して、宿を出発。
f0019444_23061915.jpg
田沢湖駅までバスで移動、新幹線で秋田まで。
f0019444_23072875.jpg

[PR]
# by noranorabrighton | 2018-09-14 20:33 | 里帰り | Comments(0)

日本の旅2018夏 No8 仙台から乳頭温泉

10:42時の新幹線こまちで田沢湖へ向かう。

どこかで軽いジャケットを忘れたらしい、ホテルから駅までの間に見つけた
ユニクロで、軽い長袖の上着を購入。えっちゃんのも色違いで買わされる。

12時02分田沢湖着。

駅内のバス案内へ。
外国人に数名に囲まれ、困っている係りの方。
仲介に入り、バスの時間、乗り降り、一通り説明。
これで私もシステムがわかった。
まず一組目のお手伝いが終わる。

バスが1時間に1本くらいという、観光地だが不便な交通事情。

私たちは温泉地に行くだけだが、時間をかけて観光そしたくない。

二番手の外国人のお手伝いだったが、彼女は数時間で秋田に帰らなくてはならない。

短い時間で観光という、私たちの日程と合い、
田沢湖まで一緒にタクシーでいって、一緒に短時間、観光しようと提案した。
彼女の喜んで、合意。


一緒に観光することになる。

タクシーで田沢湖へ。
タクシーでは、秋田犬のポストカードを頂く。
f0019444_22471422.jpg
タクシートータル2700円ぐらいだから、20分ぐらいだったかな。

ちょうど田沢湖クルーズの船の時間にまにあう。

休憩所にみたいなところで、トイレへ。

これまた外国人(高齢)の行列。
えらいならんでいるではないか。
実は大きなトイレに洋式が、1つか2つでそれにならんでるらしかった。
さっさと和式へ。

高速の船に乗り、田沢湖を1週。
神社やら、たつ子像やら、景色やら、40分ぐらいだったろうか
あっという間。
f0019444_22484638.jpg
f0019444_22500694.jpg
f0019444_22503959.jpg
田沢湖は日本で一番深い湖。
世界で2番目に深い湖。

水もすんでてきれい。
f0019444_22520026.jpg
お魚にえさをあげたりして、ちょっと買い食いしたりしてから
バスで田沢湖駅へ。

アリスンさんというイギリス人の彼女は、娘が秋田大学に通っているということで、
彼女に会いにやってきたらしい。
短い出会いだったけれど、いい思い出。

田沢湖駅から乳頭温泉行きのバスにのり、乳頭温泉の旅館へ向かった。



[PR]
# by noranorabrighton | 2018-09-10 16:27 | 里帰り | Comments(0)

2018年アプレーゾー

今年もやってきました。アプレーゾー。
年に1回の上司との、面談です。
今回は最近新しくなった、主任さんと。

1年どんなことを学んだか。
これからどんなことを学んだか。等評価するために
何枚もある書類をちゃんと書いてからの面談です。

去年からは、結構学生さんを持ったような感。
学生さんのアセスメントも結構したし。

今後の1年も続けて、学生指導にあたるということで。
新人も3人ぐらい入るらしく、またお世話よろしくねっていうことでした。

あとは退院のマニュアルつくりを提案、私が作っていくことになりました。

そして苦手なコンピューター系に関しては、勉強できるコースを探すということで
勉強する方針になってます。

ずっと勉強ですなあ。

健康面では更年期をなんとか乗り切りたいという話では
彼女も更年期世代。わかるわ~と共感しあいました。
よく考えると、我が病棟、メインのナースがほとんど更年期世代なので
私的には居心地がいいのかも。
お互い支えあってという感じです。

[PR]
# by noranorabrighton | 2018-09-08 18:10 | 職場 | Comments(0)

日本の旅2018夏 No7 東北旅-東京から仙台 No1

念願の東北旅、実現できたのでした!!

まずは新大阪発7:17分のひかりに乗り、東京へ。
f0019444_17492177.jpg
f0019444_17495665.jpg
コンビニで朝食を買い込み、新幹線に乗り込んで、すぐに頂き、
時差ぼけもあり、着くまで爆眠。
10時10分品川に到着。

朝から、暑いのなんのって。
電車の人ごみ、ヒーヒーいいながら、まずは渋谷へ。
f0019444_17512537.jpg
f0019444_17515816.jpg
ハチ公の像を見に。
写真を撮るのに、外国人の列に並んで、私たちも写真をとる。
そして、渋谷スクランブル交差点。
暑い、暑い。

そして、予約しているモンスターカフェへ。
キャリーパミュパミュをプロデュースしている人が、プロデュースしたカフェだとか、
えらい外国人のユーチューブにでていて、えっちゃんが行きたいというので。
f0019444_17523874.jpg
f0019444_17531040.jpg
f0019444_17533769.jpg
f0019444_17542015.jpg
カラフルなお店で、キャリーパミュパミュみたいなおねえさんが案内してくれる。
入場料もとられるうえに、日曜日はセットメニューを頼まないといけない。
えっちゃんはパスタ。私は混ぜそば。
麺は黄色、赤、青とカラフル。
すごくお腹がすいていたので、ふつうにおいしく頂いた。完食。

短い歌とダンスのショーがあったりして、簡単な振りを一緒に踊るという趣向。
親子づれ、外国人が多かった。

しかし二人で6千円ぐらいで、カフェにしてはお高く、二度と行く事はないでしょう。

そして、原宿の竹下通りへ。
ここではカラフルな大きい、綿菓子を食べたいという。
ここでは、友人のかなさんと合流。
f0019444_17545338.jpg
f0019444_17552588.jpg
綿菓子はちいさいのを選んで600円。

日曜日だし、混んでるし、暑いので、綿菓子を購入してすぐカフェへ。
暑くてたまらんので、カキ氷を頼んでみる。
f0019444_17561131.jpg

4時30分の新幹線、こまちで仙台へ。
f0019444_17575204.jpg
f0019444_17581390.jpg
ホテルはドーミーイン。ここも大浴場がついているのです。
のんびり御湯につかって、極楽。
f0019444_17570356.jpg
夜は地元のものとかありそうな、居酒屋へ。
早い時間だったし、日本は中学生でも入れると確認もしてから、席へ。
日本のシステムがもうわからんのです。
f0019444_17585193.jpg
カウンターだったけれど、炭火焼される食材を見ながら、いろいろ頼んだり。
えっちゃんは横手やきそばだったかな?メインで食べたのは。
彼女は、食にたいしてはイギリス人。あんまり新しいものにチャレンジしません。

えっちゃんと居酒屋でごはんを一緒に食べてるなんて~とか
えらい大人になって~とか心の中でうふうふ、テンションが上がっていたのでした。

[PR]
# by noranorabrighton | 2018-09-08 17:47 | 里帰り | Comments(0)