助産師学生。

昨日は土曜日のロングデイ。

週末の退院はあんまりないのだけど、昨日は二人の退院と入院をうけた。
受け持ち9人。

病院の急がしさは色で表されるのだけど、本日はブラックです。(患者さんがおおくて、救急もあふれている
マックスの忙しさ)といわれていたけど、
先週はブラックの上をいく、オパール(辞書では乳白色ですが、こちらでは黒より濃い色としてもつかわれているらしい)
という状況だった。

22名の病棟も、23名になっていた。

週末の薬局とのやりとりが普通、スムーズにいかないけれど、昨日は奇跡的に退院の患者の薬もスムーズに受け取り、
退院の患者の薬の変更も、わがDrが週末勤務でスムーズにいったし、すごくついていた。

これがスムーズにいかないと、薬がまにあわず、タクシーで送ったり、気力と時間をかなりつかわないといけない。
ほんとラッキーだった。

昨日は臨時の派遣ケアアシスタントに、助産師学生の人がいた。
学生2年生、普段病院で実習しているのか、よく気が利く!
この患者は酸素濃度が低いから酸素あげましょうか?と異常があれば、すぐ聴いてすぐ対応してくれる。

日本の助産師はたしか、看護師の免許をとってから、助産師の学校に1年いくんだったかな?
こちらはいきなり助産師の大学に行って3年のコース。
その3年間はほとんどが現場での実習。
3年たったら、りっぱな助産師誕生!すごいわ。







[PR]
by noranorabrighton | 2018-03-11 19:29 | 職場 | Comments(0)
<< 風邪こじらせる 同僚の奥さん >>