救急外来

トニオが違う空手協会に入会することになった。

その協会員の講師が、特別講師として1回だけやってきた。

トニオはりきりすぎて、どっかのカドであたまをぶつけ、ちょっと縫った方がいい?
微妙な切れ方をしていた。

その講師と軽くごはんを食べてから、救急外来へ。

結局、テープで貼り付けてくれたらしいけど、
見てもらえたのは朝の3時だったらしい。

5時間ぐらいは待たされたらしい。

さすがイギリス。

でもタダだからね。

[PR]
by noranorabrighton | 2018-09-18 00:39 | トニオ | Comments(0)
<< ボイラー交換 捕虜経験のある患者さん >>