2007年 02月 06日 ( 1 )

最後の夜勤

最後の夜勤が終わりました~。
人員削減、と私の勤務の翌日から、夜勤が3人から2人体制になるはずだったのに、
隣の病棟の病欠のせいで、私が隣の病棟に飛ばされました。

受け持ちは12人。
計画的な整形手術前後の患者さんの病棟です。
日曜日の夜勤ということで、すぐのOp后患者もいなかったので
落ち着いた夜を過しました。

基本的な業務はどこも似てるので、すぐにスタッフの一員として働ける体制ではあるのですが、
やはりうちのリハビリ病棟とは少し違うところもあります。
そのつど、聞いてこなしていきます。

こちらは初めての職場でも、とにかく自分で聞いて、やっていくのが普通です。
勝手にして~という態度です。
でもそれが普通なのです。
もちろん聞いたら、教えてくれます。

初めて病院で働いた日、
体勢も、時間業務も何もわかりません。
誰も指示してくれる人もいません。
みようみまねで、わけのわからんまま、器具、物品、医療用語もわからんまま
1日が過ぎていきました。
そして気がつけば、取り残され、次の勤務のスタッフがきていました。
時間がくれば、各自が、とにかくさっさと帰るのです。

計画的手術患者さんの病棟では、毎日入退院が激しく、
その日は9人入院予定。
朝7時には4人が家からそのまま病棟に来て、入院。
そしてそのまま、大きい手術に9時ごろから入ります。

もちろん、前もって、手術前の採血とか、いろんな検査とかを外来で終えてるのですが。

日本だったら、せめて前日には入院してるな~とか思ったんですが。
[PR]
by noranorabrighton | 2007-02-06 16:31 | 職場 | Comments(3)