久しぶりのよれよれロングデイ

派遣ナース、新人ナースといつも勤務が一緒なので、大変な部屋もちは覚悟しているが、
先日は久しぶりに、1日中バタバタした。

8人受け持ちの4人退院、3人入院。
もちろん、毎日、全員の清拭、シーツ交換もある。
ペアになるケアアシスタント、新人。
知らないことも多く、フィリピン人だけど、なれた人だと聞かないことを
バンバン聞いてくるので回答、指示も大変だった。

一人はバリウム検査。オール介護、糖尿病。
絶食で点滴あり。
ストレッチャーで検査に向かうも、車椅子に座らせてくださいと帰ってくる。
寝たきり状態なので、無理だろうと、検査は突如キャンセル。

一人は103歳の老人、大分、元気になって、退院に向けてのアセスメントを
他部門から受けていた。

一人は透析患者。
いつも10時ごろに透析に行かないといけないのに、臨時の患者が入ってので
4時過ぎに移動。
便器のトイレ介助数回あり。

一人は退院10時予定。
早めに清拭、認知症なので、着替えさせるのも大変なので、介助に二人必要。
退院の薬はあったが、ケアラーさん用のチャートが不足だったので
薬剤師に催促。退院サマリーやら、手紙類の用意。
家族付き添いでトランスポートに乗るので、家族もやってくる。
薬の説明。
訪問看護ナースに便通のチェックをしてもらうよう電話連絡(これもつながるまで時間がかかる)
奇跡的に10時にトランスポートがやってきて、退院。

一人は認知症で、肩の骨折でサポートをしている。この方は、ケアアシスタントがオムツなど
チェックしてくれたので、あんまり手がかからず。

一人は老人ホームに2時に退院予定。
退院の処方もされていないので、Drに催促。
そして薬剤師に催促。
退院サマリーやらの書類の用意。
彼女は3時半ぐらいにトランスポートがやってきて、退院の薬も手に入って、スムーズに退院。

一人は自宅に2時に退院予定。
退院の処方もされていないので、Dr、薬剤師に催促。
ブリスターパックが用意されたが、まさかの1時半でDrの薬変更で
薬はまた薬局に返却。
5時の訪問ケアがまっているので、いちおうケアラーの電話をソーシャルワーカーに聞いておく。
トランスポートを3時半に変更。
薬はまにあうが、トランスポートが4時半にやってきた、彼らによると
家には5時半につくらしい。
ケアラーに遅くなることを伝える。
訪問看護ナースに、キャセター(おしっこの管)ケアを頼む電話をする。

一人は躁鬱もちの肩骨折で、肩のサポートをしている。
昨日、リハビリ病院に退院予定だったが、トランスポートが来た時点で拒否、昨日は行けなかった。
そして、本日は娘を呼んで、トランスポートに一緒にエスコートして移動してもらうことになった。
娘は9時に3時間かけてきたのである。
忙しいので、隣の病棟秘書がトランスポートを予約してくれた。
11時出発予定。
1じになってもトランスポートはこない。
主任が連絡するとあと30分ぐらいで来る、といわれる。
3時半ぐらいなっても来ない。
また連絡すると、なぜか予約されたのは明日だという。
主任交渉して、プライベートタクシー1時間以内にまわすっと言われる。
患者も、娘も情緒不安。
肩も痛いし、エキストラな痛み止めをくれだの、泣いたりだの。

4時過ぎの時点で、私がトランスポートに電話。これがなかなかつながらないので、イライラ。
つながって「プライベートタクシーこないんですけど!」っていったら、普通のトランスポートに変更に
なっていて、後10分ぐらいで来るという。

結局5時に来て、なんとか送り出した。

この退院騒ぎの4じから5時半の間に入院患者が順に3人やってきたのである。
これでもかなり忙しかったが、
患者さんたちが割りと落ち着いていたので、よかったが、
重症患者が来てたらどうなってたんだろう。
恐ろしい。
入院の手続き、持ち物のチェック、患者の状態のチェック、皮膚、床ずれチェック。

そして朝、昼、夕の薬の投薬もありまっせ~。
日本と違って、一人づつ処方箋を見ながら、薬を1つずつ出して用意していくんです。
朝なら投薬、内服介助だけで8時から9時半。
お昼は12時半から1時半。
夕方は5時半から6時過ぎまでかかります。
点滴、抗生剤の注射も合間に入ります。

12時間半労働でトータル30分の休憩しかとれず、
すべて上記の事がいろいろと同時進行。
そして、止まない電話の応答。
Dr、他部署のやり取り。

患者サイドにいるのがなかなか難しいです。
これがイギリスナースの現状。





# by noranorabrighton | 2018-10-13 18:50 | 職場 | Comments(0)

GCSEへ向けて No1

イギリスの中学校に行っている娘は、year9で、日本で言うと、中学2年だが、
year11になると、GCSEという中学卒業(もうちょっと高度)レベルのテストを受ける。

数学、理科、英語は必須でそれ以外は数個、自分の好きな科目を選べる。
特に必須の科目はパスしておかないと、
就職が難しくなる。

もちろんパスしておかないと、その先の学歴が選べない。

GCSEの2年後にAレベルを受けて、大学をどこにするかになる判断を受けるらしい。

自分が選べる好きな科目に、日本語も入れれる。
そして、早めに受けることもできるのだ。

えっちゃんは来年、2年早めだけど、日本語を受けることにした。
そして毎週土曜日2時15分から4時半までGCSEコースに通いだした。
私も仕事が休みな時は、授業のお手伝いに入る。

毎日、ちょとずつ勉強しないといけないし、大変。
自分からはしないので、これした?今したら?という声かけが必要。

学校からエントリーしてもらうので、先週校長先生にお手紙を書いた。
昨日メイルでお返事がきて、学校側からサポートしますという快いお返事を頂いた。
でも面接官のお金が各自で用意して、ほかのやり取りも、私がやる事が多くなるみたいなので
テストの5月までバタバタしそうです。

テストはライテイング、スピーキング、問題回答の3種。
小学校3-4年生レベル。

もちろんサムちゃんも受けまっせ。


# by noranorabrighton | 2018-10-13 18:04 | GCSE | Comments(0)

日本の旅2018夏 No23 香里園、枚方

高校時代の友人が、香里園に住んでいるので、遊びに行く。
枚方までバスで、それから京阪に乗り、香里園へ。
リクエストに答えていただいて、おそうめんを用意していてくれた。
f0019444_05494620.jpg
夏のおそうめん、久しぶりのおそうめんは、格別。
途中に彼女の息子君が、働いている金沢から帰って来た。
すっかり大人で、小さいころから知っているので、
たまげた。
しっかりしてるし、社会で一人前に働いているなんて、すごい!
えっちゃんも、いつか働き出して、自分のことは自分でできて、ちゃんと自立できるのだろうか、、、。
まだ、想像できない。

翌日も枚方へ。
看護学校グループとのお食事会。
2時間食べ放題のお野菜中心の、ヘルシーブッフェスタイルが、
枚方駅前のつたやビルの中に入っている。

この会の後、神戸に行かなくてはいけなかったので、えっちゃんも参加。
グループ中一人は、体調不良で不参加。
一人は孫が入院中で、そのお世話で不参加。
一人は熱発中での参加。
暑くて、体調崩している人、多し。

私とえっちゃん、毎日忙しくしていたが、体を壊さず、あんがい体力はあった様子。

いろいろと、すこしずつよそっていただいたが、えっちゃんは相変わらず、ポテト系。

学校友達の一人は、訪問看護を立ち上げて、オーナーもやっているし、子供3人いて、
もう孫も一人いる。
シングルマザーだけど、婚活サイトから時々、サイト上気が合えば、会ったりもするらしい。
すごいパワーや。

# by noranorabrighton | 2018-10-13 17:46 | 里帰り | Comments(0)

日本の旅2018夏 No22 日本の老人ホーム

母の姉、私のおばさんが老人ホームに入居したので、会いに行った。

彼女は元ナースで、昔は診療所に住み込みでずーっと働いていて
彼女のおばさんの介護をしながら、ずっと独り身だった。

身寄りは私の母、その妹と弟。
定年してから、ここ数年、母の家の近くに越してきて、母がいろいろとお世話をしている。

ずっと一人暮らしをしていたが、今年に入り、転倒、入院、
入院先の病院でインフルエンザを2回ひいてしまい、すっかり足腰が弱り、
車椅子生活になってしまった。

身寄りもないので、老人ホーム入居もスムーズにすすみ、
母の家の近くに新しくできた老人ホームにすんなり入ることができた。

そして、会いに行く。

一人一部屋。
f0019444_21522908.jpg
f0019444_21525272.jpg
f0019444_21531492.jpg
お部屋番号は、住所みたいに何丁目とか書いてある。

すごく気に入っていて、おばのお顔もほがらか。

心配することはなんもないとのこと。
そしたら、私と娘にお小遣いをいただいたのだが、
私にだけあげて、私の妹にもあげないといけないんじゃないかと悩んで
その日の夜、一睡もできなかったとか。
かわいいおば、

# by noranorabrighton | 2018-10-10 21:51 | Comments(0)

日本の旅2018夏 No21 梅田で夕食

お友達の西しゃんと会うために、梅田へ。
阪急32番街。

昼もいいけれど、夜は夜景がきれい。
窓際にすわれたら、とてもラッキーだけど、なかなか難しい。
29-30階から見る、梅田の町。

ハンバーグ屋さんで、ハンバーグを頂く。
えっちゃんも完食。
日本のハンバーグ最高。
f0019444_21333987.jpg
f0019444_21340296.jpg
f0019444_21342741.jpg

# by noranorabrighton | 2018-10-10 21:32 | 里帰り | Comments(0)

日本の旅2018夏 No20 昔勤めていた病院へ

昔、勤めていた病院が、新しく立て直したということで、見学しにいった。

同期のちよちゃんが、一度は結婚でやめたが、また戻って働いていて
いまは主任として、その病院の中の、病棟の1つで働いている。
シングルマザーでもう長男は大学生、長女は高校生。働きながら一人で育てている。えらい。

わざわざお休みなのに、病院を案内してくれるという。

昔のぼろぼろの病院に比べると、広々ときれいな近代的な病院に変わっていた。

知ってる人はほとんどいなかったが、二人だけその当時から働いてる人に会うことができた。
びっくりしたのは、あんまり変っていなかった。

一人は私が25歳くらいの時に、たしか40歳だいの方で、
準看だったので、高看の学校に行きだした人。
実習時期が大変で歯茎もやせて、歯が抜けたって、うわさ話で聞いていた人だった。
あのときは、おばちゃんって思ってたけど、あの時のまんまだった。

もう一人は当時、小学校のお子さん二人おられた方。
当時はおばちゃんって思ってたけどきっと、30前半くらいだったのか。
今回あってもあの時の、おばちゃんのままだった。
おばあちゃんほど老けていない。
25年前が老けていたのか。

不思議な再会であった。

病棟の廊下で、仕事中の合間にお話してたわけだが、途中で老人の患者さんがストレッチャーで
横を通った。
患者さんは腕を胸の上でクロスしていたわけだが、
えっちゃんは、いつも英語しかでないのに、その時はなぜか日本語で「あの人死んでるの?」と言うのである。
びっくりした。
小声だからよかったものの、通った方には聞こえないぐらいだったが、、、
そんな事いったらあかん!!と
えっちゃんは、そんなん腕をクロスしてたら、そう思うやんって。

連れて行ってもらった友人とは、お茶をしながら昔話に花を咲かせました。
f0019444_04371364.jpg

# by noranorabrighton | 2018-10-10 04:32 | 里帰り | Comments(0)

日本の旅2018夏 No19 地元友達ファミリーとコストコ

近所の友達ファミリーがコストコに行くというので、連れて行ってもらった。

イギリスでは1回だけ、友人に連れて行ってもらったことがあったが、
中は、イギリスと同じ。
フードコートも同じような感じ。
f0019444_04101304.jpg
私はホッとドック。
えっちゃんは大きなピザを頂く。
f0019444_04103655.jpg
大家族にはよさそうな量。
でも、大きな冷蔵庫がないと、収納しにくそう。

えらい混んでました。
日本でもコストコ人気なんですね。


# by noranorabrighton | 2018-10-10 04:08 | 里帰り | Comments(0)

日本の旅2018夏 No18 妹と焼肉、そしてうさぎカフェ

妹の3人目の息子、カンちゃん小学校1年生とえっちゃんは大の仲良し。
日本滞在中、カンちゃんにいつも会いたがった。

妹とカンちゃんと焼肉に行った。
今回の焼肉、煙をよこから吸う、テーブルでの焼肉。
えっちゃんもおいしいお肉を満喫。
f0019444_03593226.jpg
そして、茨木にある、ウサギカフェに行ってみた。

マンションの一角にある、ウサギカフェ。
時間によっての料金制だったと思う。
f0019444_04003510.jpg
一匹ずつ仕切ってあり、その中に入って、なでなでしたりできる。
f0019444_04013294.jpg
f0019444_04015475.jpg
飲み物はお金は入れなくてもでる、自動販売機で飲み放題。

いろんなウサギの種類、チンチラもいる。

カップル、親子づれがいたが、

あとから、がタイの大きいサラリーマンがやってきた。
そして、仕切りにはいるなり、いきなりごろーんと横になりだし、
そのままウサギをなでなでしたりしている。

かなり引いた。病んでるなあ。

イオンに移動して、イオン内の無印カフェでお茶。
f0019444_04022583.jpg


# by noranorabrighton | 2018-10-10 03:57 | 里帰り | Comments(0)

サムちゃんとスタバやら

先週の金曜日、学校帰りに我が家に立ち寄ったサムちゃん。
日本大好き、独学で日本語をしゃべる、えっちゃんのクラスメイトのインド人。

私は、半日の仕事で疲れてたので、コーヒーが飲みたかったのもあり、サムちゃんとえっちゃんをスタバに誘ってみた。
で、3人で行くことになった。

サムちゃんが「私はかすみにするから、えっちゃんはあきなで頼もうよ。」と言っている。
こっちのスタバは自分の名前を店員さんに伝えるのだ。
彼女たちは、日本名で頼んだ。
f0019444_03575307.jpg
3人で座って、サムちゃん、おしゃべりがとまらない。
彼女はドバイ生まれのドバイ育ちで、去年イギリスにお父さんの仕事の関係でやってきた。

「将来はね、日本かアメリカのロスに住みたいの。そして弁護士になりたいから、
毎日遅くまで勉強してるの。今、勉強しっかりやっておくと、将来が選べるし、
あとがラクになるし。今、一生懸命勉強しておいたほうがいい。」
またそれをえっちゃんにも、言い聞かせている。
聞いてても、彼女のキャラか、いやみがなくて、好感ももてるくらい。
もっとえっちゃんに言ってください。

えっちゃんが、携帯とかみて、話の輪にはいってなかったら、
えっちゃんに、会話の輪に入るよううながしたり。
保護者みたい。

大学の話にもなり、その流れから、「日本の入試で、女性が不平等に採点されたのには、
Twitterでコメントしたわ。」って
私もインターネットでこのニュースは知ってたけれど、
そこまでリアクションもなく。

彼女は生まれながらのお世話好きなんかしら。いつもえっちゃんの世話を焼いてくれている。

そして日曜日、サムちゃんとえっちゃん二人で電車にのって、共通の友人に会いに行くことになったらしい。

えっちゃんはサムちゃんの言われたとおりの時間に、彼女の家に行くことだけ指示され、
あとはサムちゃんについていっただけ。

電車が動かなかったらしいので、電車のかわりを探し、バスで友人宅に行ったとのこと。
全部、サムちゃんが企画、計画、行動してくれた。
大人でも、イギリスの交通機関のややこしさで戸惑うのに、
ちゃんと友人宅に到着。

14歳なのに、すばらしい。将来どうなるんだろう。楽しみです。






# by noranorabrighton | 2018-10-10 03:44 | サムちゃん | Comments(0)

日本の旅2018夏 No17 大阪 梅田

四国に住んでいるお友達が、娘3歳を連れて実家の福井に帰っていた。
彼女の夫は大阪出身なので、義理両親宅に行く前に会えることになった。

小さい子がいるので、サクッと阪急地下街でパスタを食べてから、
JR梅田駅隣接のビル、ルクアだったっけ?
そこの空中庭園?みたいなことがあって、そこで小さい娘っこは、小川みたいなところで遊んだり
、えらい楽しそうに遊んでいた。
f0019444_03151917.jpg
f0019444_03153958.jpg
ここで待ったりできて、穴場、

夏で暑かったが、春、秋はコーヒーでも買ってきて、
のんびりできるんではないかい?
景色もいいし。

友達親子と別れてから、阪神百貨店の食料品地下街をパトロール。
f0019444_03161002.jpg
えっちゃんはぶどうのジェラート。
私は和菓子を買い食い。

# by noranorabrighton | 2018-10-10 03:13 | 里帰り | Comments(0)